blog@sutougen

シンプルな暮らしと愛用しているモノについて書くブログ

きょうから新しい会社に出社しています。

関連:8年過ごしたテレビ業界から離脱するのでその理由などを : blog@sutougen

通勤経路が違うだけで結構気分が違うものですね。初日のきょうは入社手続きやオリエンテーション的なことしかしていないのですが、ずいぶん新鮮な気持ちになっています。

IMG_20161129_192650-EFFECTS

転職をすると、仕事を覚えるより先にやらなきゃいけないことが山ほどある。

  • 通勤定期の更新
  • 通勤経路や所要時間の確認
  • 給与振り込み用銀行口座の用意
  • クレジットカードや家賃引き落とし設定の変更
  • 保険や年金に関する手続き

などなど、手間のかかる作業がたくさん。

ほかにも、個人的に会社近くに図書館があるかどうかも気になる。幸い、転職先の会社と駅の間に赤坂図書館があるので仕事の前後、または昼休みに寄って本を借りることが出来そうです。

会社近くに郵便局があるのも地味に便利。フリマアプリで売った服を持っていったり、結婚式用のDVD発送なんかをするので。

それと、会社がウェブ動画の配信に力を入れていることもあり、スマホはかなり通信容量の大きなプランへの変更が必要になりそうです。自社コンテンツを外で見るのにかなり通信してしまうので。

ということで入社前は格安SIMを使った7GB前後のプランを検討していましたが、上司によるとそれでは足りない可能性が高いとのこと。3大キャリアのギガモンスター的プランにしなきゃならないのかなー。Y!mobileの契約解除手数料もかかるしなぁ。どうしよ。

と、こんなふうに煩わしさはあるのですが、それ以上に刺激の心地よさを実感しています。

とりあえず、転職初日は無難に過ぎていったのでありました。

それでは。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる  

2015年の春にNexus5を購入してからY!mobileユーザーの私。

関連:au→ワイモバイルにMNPして初月の料金と使用状況 : blog@sutougen

毎月3GBまで使え、10分以内の通話は無料というプランで料金は3980円。それまで使っていたauから大幅に通信費を節約しながら、使い心地はほとんど変わらず不満ナシ。今振り返ってみても良い選択を出来たと思っています。

さて。

そのY!mobileの2年契約が次の春で満了し、更新月を迎えます。このままY!mobileを契約を更新すべきなのか、それとも他のサービスに移るべきなのか考えてみたいと思います。

2016-11-27 Ymobile-2

1.このままY!mobileを使い続けるパターン



Y!mobileを使い続けるメリットといえばなんといっても通話が無料なこと(1回あたり10分以内、月に300回までという制限あり)

仕事でスマホを使う以上どうしても通話をゼロにすることはできず、通話無料には結構助けられています。

またY!mobileはこれまでは、2年契約満了後は基本料金が1000円高くなってしまっていました。それが先日から改善され、3年目以降でも2年目までと同じ料金で使えるようになっています。

関連:スマホプランをご契約のお客さまは3年目以降も同じ料金でご利用いただけるようになりました。|Y!mobile(ワイモバイル)

このあたりはY!mobileを使い続ける理由になりますね。

さらに個人的には家のネット回線をSoftBank光にしたことで基本料金500円引き、妻のスマホをY!mobileにしたことで(妻のスマホ料金から)500円引きと、合計1000円の値引きを受けています。

おかげで我が家は【自分のスマホ+妻スマホ+家のネット回線】の合計でも1万円ちょっとで使えています。

なのでもしもY!mobileから移行する場合は今以上に安くなるか、もしくはそれくらいの価値を感じられるプランでないとメリットがないということになりますね。

一方で、Y!mobileを続けていくデメリットも少しですがあります。

まず1つは自分がすでにSIMフリー端末を所持していること。そのため、MVNOに移行した場合は端末料金がかからず、新規の事務手数料と毎月の通信費だけの支払いで済む。仮に今のY!mobileと同じ通信容量3GBで電話つきのプランにした場合、MVNOであれば基本料金1500円くらいで使えてしまうことになります。

このくらいであれば合計1000円の値引きがなくなってもMVNOにした方がじゅうぶん安いです。

そしてデメリットの2つめは、Y!mobileが2年契約である点。

端末にしても料金プランにしても、日々新しいものが続々追加される業界です。乗り換えた方がお得だったり価値が高かったりということもあるでしょう。そんな中で2年使う前提の契約はちょっとフットワークが悪いなぁと感じています。

例えば今ではMVNOであれば通信容量が細かく分かれているのが当たり前ですが、Y!mobileのプランは1GB、3GB、7GBだけ。自分がこれからウェブ動画業界に転職することもあり、現在の3GBよりも通信容量の多いプランへの変更も検討しているのですが、MAX7GBでいいのかどうか。MVNOなら10GBや、それ以上のプランが登場してますよね。

実際に使ってみないことにはわかりませんが、今の自分にどのプランが最適なのか。2年よりも短いスパンで試せればいいなと思ってます。

2.MVNOに移行するパターン



そんな理由から、MVNOへの移行も検討しています。正直、会社ごとの料金はそこまで差がついてないように思えるので、選ぶならLINEモバイルかなぁ。SNSの通信容量がカウントされないですし、サービス改善のペースも早そうなので。

ではLINEモバイルにしたとして。

検討中の7GB、通話つきプランの場合の料金は2880円。Y!mobileの場合は5980円で、我が家の環境による値引き分1000円を差し引くと実質4980円となります。

その差は2100円。

2100円分通話しない限り、LINEモバイルの方が安くなりました。

うーん…2000円というと、だいたい通話50分くらいの計算ですよね。さすがにそんなに電話するかなぁという感じです。楽天でんわを使えばさらにその倍になるわけですし。

また多くのMVNOでは契約が1年単位という点もメリットですね。


というわけで現状だとMVNOへの移行に気持ちが傾いています。いま使っているNexus5がダメになっても安くて良い端末は増えているので、端末代はそこまで大きな負担にもならないでしょうし。

※ちなみに今選ぶならhonor 8 、Zenfone 3、iPhone SEあたりですかね

と、こんな感じのプランを描いていますがどうでしょうか?

スマホ界隈に詳しい方のご意見、ぜひお待ちしております。それでは。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる  

『貯金感覚で投資出来れば』と人生初の投信信託購入から早2ヶ月。最初の意志に反して、毎日のように価格をチェックしてしまっています。

関連:今日から俺 投信の人になる : blog@sutougen

さらに最近は価格が上がりまくっていて、貯金どころか、本音を言えばもう全部解約してとりあえず運用益というものを得てみたいという思いに駆られています。

2016-11-25 トランプ

だって、こんなふうになったら初心者なら動揺するじゃないですか。

今は積立してまもないからこの額だけど、仮にこの10倍の90万投資してたら5万7000円の利益だし、900万なら運用益だけで57万7000円ってことになる。

もちろん逆だってありえるわけで。

実際、トランプが次期大統領に決まったときなんかはすっごい下げ幅だったし。

そんなことを考えると、ちょっとでもプラスに振れているうちに利益を手にしたいなんて思ってしまいます。

ちなみに現時点で保有する投資信託の運用成績は以下の通り。

2016-11-25 トランプ2

さて来月はどうなることやら。

こういうことに心乱されないようになりたいものです。投資中級者への道のりはまだまだ遠い。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

先日ブログにも書きましたが、今月いっぱいで転職をすることになっています。

関連:8年過ごしたテレビ業界から離脱するのでその理由などを : blog@sutougen

というわけで職場では現在、お世話になった人への挨拶まっただ中。8年もいたので結構な数の人と話をしています。

『転職します』と伝えたときの反応は面白くて、人それぞれ言うことが違う。この反応って、その人の仕事に対する意識を映しているように思います。

2016-11-24 仕事

『家族がいるのに大丈夫?』な人



自分(31歳)より年上に多いのが『家族がいるのに大丈夫?』『奥さんとちゃんと話した?』と言ってくれる人。

大丈夫です。

今月30日まで今の職場で働き12月1日からは新しい会社でお世話になるので、給料が途切れることはありません。家族とも相談しているし、会社とは事前に条件についても話をしています。そのへんは転職する自分自身が一番不安に思っているので慎重にやっています。

こう言ってくるのはたいてい転職をしたことがなく、ずっと同じ会社で働いてきた人。転職なんて考えたこともない、もしくは相当な理由がないと転職なんてすることがないと思っている。積極的なスキルアップよりも淡々と働く。そんな人たち。

自分にとって次は会社としては4社目で、転職をそこまで大きなものと考えいません。というより、会社を変え続けていくたびに、転職に対する心理的ハードルは下がり続けています。転職を決めるからには、給料や勤務体系などに何かしらメリットがあるわけですし。

そういうメリットを考えもせず転職する人に対し『大丈夫?』と聞くのは、転職をネガティブにとらえている証拠だと思います。

『俺も転職しようかな』詐欺の人



ほかに多いのは、身近で転職する人が出るたびに『俺も転職しようかなー』と言っている人。一見、転職推進派のようにも思えますが、そういう人で本当に転職したというのはあまり聞いたことがありません。

こういう人の特徴は、やたらと細かく条件を聞いてきたり『オレも某会社から誘われている』とか言うこと。そのくせ、やれ給料が安いだの勤務がキツイだのと、今の会社に対するグチも結構言う。

それならさっさと転職しちゃえばいいのに。

こういう人は本質的には上の『転職して大丈夫?』な人と変わらない。転職のデメリットを過剰に意識している。

なので1回でも転職を経験すれば、だいぶ意見も変わってくるんじゃないかと思います。

『へぇーそうなんだ』くらいの反応の人



転職を好意的に受け止めている人からは意外とこれくらいの反応が多かったです。あっさりめというか。

転職しますと伝えても、今度は何やるの?じゃあそのうち飲もうよ。くらいの感じ。

こういう人は転職や独立をすることで生活を良くなる可能性があることを身を持って知っています。

一生ひとつの会社で働くのではなく、居場所を変え仕事を変え、新しいスキルや知識を積極的に吸収してどんどんレベルアップしていきたいタイプ。

自分自身が転職をしたときの思考を振り返れば、相手はきっとネガティブな感情だけで転職を決めたわけじゃない。そう思ってくれている(と勝手に思っている)



いろいろ書きましたが、素直に『がんばって!』と応援されると本当にうれしいし、いろんなところから送別会やりましょうと言われて感動しています。こういう人間関係はこれからも大事にしていきたいなと思っています。

それでは。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる  

先日は長女の4歳の誕生日でした。

インフルエンザにかかったり交通事故で軽傷を負ったり(笑)しつつも、ここまで無事育ってくれてうれしい限りです。

祖父祖母を招いた誕生日会もお開きになろうかという夕方、娘が『このままおばあちゃんちに泊まりに行く』と言い出した。

2016-11-21 HBD

祖母宅は東京にあり、我が家からは電車で1時間弱。

お正月や夏休みは家族で遊びに行き、何度も泊まったりはしていた。

帰省する度に成長する孫かわいさに祖父祖母も甘やかし尽くしたので、娘としてもおばあちゃんちには好印象しなかったはず。

祖母宅から帰るときになると決まって『もっとおばあちゃんにいたい』と言ってました。

それでもそんなとき『じゃあこのまま1人で泊まって明日うちに帰ってくる?』と提案すると決して首を縦に振ることはありませんでした。

そんな娘が。

我が家から帰る祖母にひとりついていき、祖母宅に泊まってくると言ったのです。


娘よ、いったいどうした。

ママがいなくても寝れるのか?

一度祖母宅に行ったら途中で帰りたくなっても、明日の昼までは帰ってこれないよ?

そんなことをいろいろ娘に聞いてみたが、答えが変わることはなかった。

初めてのお泊りへ



そんなこんなで、急遽祖母宅に泊まりにいくことが決定。

妻はせかせかお泊りの準備を始め、着替えを娘のリュックに詰め始めた。

祖父祖母は若干の不安を感じつつも、孫が初めて自分の家に1人で行きたいと言ってくれたことにご満悦の様子だ。

ぼくはそれをなんだか他人事のように眺めているだけ。

たぶん娘は、4歳になったことでだいぶ気が大きくなっているんじゃないだろうか。もう1人前ですよ、おばあちゃんと電車に乗って泊まりに行けるんだよと。

そんな娘の気持ちを父親が止めることはない。

ぼくたち夫婦は、祖父祖母と手をつないで歩く後ろ姿を見送った。


そして、祖母宅に着いてからと寝る前、娘から報告の電話があった。娘と電話でしゃべるって変な感じだ。声を聞く限り、こちらの不安なんてまったく外れたようだし。

娘にとってきっとこれは冒険みたいなものなんじゃないだろうか。子供はこうやって大きくなっていくんだなー。

その日の夜、娘のいない家はまるで別の場所なんじゃないかというほど静かだった。誕生日会と急な泊まりの準備で疲れたぼくら夫婦は、夕食を久々にインスタントラーメンで済ませた。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる  

今月いっぱいで約8年勤めてきたテレビ番組制作の職を辞することになりました。

長く働いてきた業界で愛着もありますし、育ててもらった恩も感じています。それでも今、自分がいるべき場所はここじゃない。そんなふうにここ最近はずっとモヤモヤしていました。

31歳妻子ありの身分ですが、どうしてこの決断に至ったのか今日は書き残しておきたいと思います。

写真 2014-07-21 17 04 23

まず、テレビ番組制作の中で自分が担ってきたのはディレクターという職。ざっくりいうとVTRを作る人間です。

番組のプロデューサーや総合演出といった偉い人に企画を通し、どんなロケをするかを考える。出演者や取材先とのスケジュールを組んだらカメラマンやCGデザイナー、編集オペレーターを動かしてVTRを制作。偉い人のチェックを受け修正指示があれば修正し、出来たVTRをテレビ局に納品。

番組やジャンルによっても違うでしょうが、テレビのディレクターはだいたいこんな流れで働いています。


古い企業体質



電通問題でも話題になりましたが、マスコミ業界の企業体質は基本古めです。長時間労働や、年長者をたてるという空気は当然のように存在します。

ぼくもADのころこんなことがありました。

ある特番を担当したとき、いろんなディレクターから仕事を振られすぎて1ヶ月間休むことが出来なかった。そのうち半分くらいは会社で寝泊まりしていたように思います。

その月末、労務担当のプロデューサーのもとに出勤表を提出しに行くと、返ってきた言葉はねぎらいでも心配でもなく、『なんで休んでないんだ!そんな管理も出来ないヤツいらねーよ』。

あれ?それこそ上の仕事じゃないの?

それってぼくを働かせた現場のディレクターとかに言うんじゃないの?

さすがにそのときは本気で会社を辞めようと思いました。(結局辞めませんでしたが…)

こうした状況は少しずつ改善されてきてはいますが、今年夏の時点のたのっちさんのブログでもこんな感じですから、なかなか難しいんだと思います。
自分が新人時代は1ヶ月家に帰れなかった、それくらい「誰でも一度は通る道」だから普通だった。それが何か?
っていう恐ろしいコメントです。どう考えても労基法違反だし、過労死ラインを軽々と超えています。
昔は『それでもテレビをやりたい』『日本を面白くしたい』という熱がある人が多かったと聞きます。

でも今はもう、誰もが憧れるテレビ業界じゃない。

そこをテレビ局が意識しないと、今後有能な若い人材を採用したりつなぎ留めておくのは難しいんだと思います。

ほかにも『いまだにVTRチェックしてもらうためだけにDVD作って偉い人にバイク便』とか『連絡事項しかなく議事録読めばすむだけの会議に全員出席』みたいのもありますね。

このあたりが気になる若者たちはきっとテレビは合わないはず。

写真 2014-04-08 1 27 01
深夜の撮影中に女子大生から『いつも見てます!がんばってください』ともらったお茶。こういうのが一番うれしい。

社員との待遇に格差



テレビ業界というと一般的には良い給料をもらっているイメージがあるかと思います。実際、テレビ局(日本テレビとかフジテレビのこと)の社員は日本の上場企業の中でもトップクラスの高給取り。

2位のフジ・メディア・ホールディングスは1506万円。傘下にフジテレビジョンを持つ純粋持ち株会社だ。続く3位はTBSホールディングスで1499万円。

以下、上位を見ていくと、朝日放送(4位・1479万円)や日本テレビホールディングス(5位・1454万円)といったテレビや、総合商社の伊藤忠商事(9位・1384万円)、三菱商事(10位・1355万円)など、“高給”の代名詞的存在の社名が並ぶ。

しかし問題は、制作の現場で働く人の多くがテレビ局の社員ではないこと。ADやディレクターなど、テレビを作っている人のほとんどは制作会社などから派遣されるスタッフで、社員はどちらかというとそれを管理する側。数を比べると社員以外が圧倒的多数なんです。

そういう人たちは、そんなに羨ましがられるほどの給料をもらっているわけではありません。

たしかにテレビ局からスタッフの所属会社にはそれなりの給料が支払われています。しかし、所属会社もそれをそっくりそのままスタッフに渡したんじゃ何のために会社やってるのかわからない。だからテレビ局からもらった給料から何割か抜く。

当然と言えば当然なんですが、こうした仕組みによってテレビ番組スタッフの給料は少なくっています。自分がこの業界に長く身をおいて観察するかぎり、テレビで良い給料をもらうのは…
  • テレビ局の社員
  • 番組をいくつもかけもちしてバリバリ働くフリーランス
  • バブル期から同じ番組(or 局)にいて高い給料を見直されずにいる人
あたりですね。

フリーランスで働く実力と人脈と体力さえあれば、(減っているとはいえ)予算のあるテレビはいまだに夢のある業界とも言えるでしょうね。

IMG_20151013_030007
撮影で訪れたイギリス・ロンドン。テレビは予算があるので旅行好きな人はぜひ!会社のお金で旅が出来ます。

長く1つの場所にいすぎた


ここまで、いまの自分とテレビが合っていない点を書きました。しかし、当然のように業界にハマる人もいますし、学びが多いのも事実です。

例えば、とんでもない人と時間をかけて行う番組制作。

テレビの制作風景を見るとほぼすべての人が『こんなにスタッフいるんですか!?』と驚きます。中には個人で突出した能力を持つ人もいれば、膨大なノウハウを持つ番組もある。今でも若い人がテレビで働く価値は絶対ある。

また既出の画像にも書きましたが、地方や海外への出張をたくさん経験できます。番組にもよりますが、ぼくは年に2回のペースで海外ロケに行ってました。VTRを作るプレッシャーはあるものの、会社のおかげで異国に行けるのは旅好きにはたまらないでしょう。

こんな感じでまだまだいいところもたくさんあるのですが、とにかく長くひとつのことをやりすぎました。

映像制作に必要なスキルはかなり学べましたが、だんだんと新しいコトにふれる機会が減ってきたと感じるのです。

さすがにこのままじゃヤバイ。

それなら先細りする業界でズルズルいくよりも、今の実績を評価してくれるところがあるうちに転職して新たなスキルや知識を身につけたい。それが今回テレビを離れる理由のひとつです。

じゃあ今後、何をしていくかということなんですが、次の職場では主にウェブ動画を作ります。生配信とかそのあたり。自分自身、スマホやネットで動画コンテンツを見る機会が増えてきましたし、今後この流れは社会全体で加速していく。

であれば、その流れに身をおいて、吸収できるものは吸収していきたい。そんな思いです。

これまで、そしてこれから


今までの自身のキャリアを振り返ってみると、新卒で証券会社→テレビ番組制作→ウェブ動画制作と流れてきました。

新卒で入った金融業界は『自分とは合わない』と思い転職。

テレビからウェブのところでは『動画を作るのが好きなのはわかった。次は似た業界をもっと別の角度から学びたい』という感じです。

会社としては次が4社目。31歳でこの転職回数はどうなんだろう。きっともうお硬いところでは雇ってもらえないだろうな。

幼い2人の子どもはぐんぐん成長していますが、ぼくも負けずに成長していきたいと思うきょうこのごろです。


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

『料金は安いんだけどネットじゃ悪い評判ばかりが目につく』SoftBank光。

このエントリは、我が家で実際にSoftBank光を導入してその使い心地をシェアしようというものです。

関連1:悪名高いSoftBank光に申し込んだので開通までを実況していくよ : blog@sutougen

関連2:【SoftBank光導入レポ】開通工事前日までに必要機材が届いた : blog@sutougen

今回はその最終回。

ついに開通工事が終わり、実際に通信することが出来たので結果をお知らせします。

IMG_20161101_135753

結論:SoftBank光はまったく問題なし


結論から言いますと、SoftBank光での通信はまったくもって問題なし。工事のあと、接続も一発で出来ましたし、パソコンもスマホも普通につながりました。

まぁ一企業が大々的にやっているサービスですから、こうして普通に使えるのは当然と言えば当然ではあるのですが、それでも不安になる評判の悪さがありましたし…普通に使うことができて我が家もホッとはしています。

速度については、しっかりした値を計測しているわけではありませんが光回線ならではのスピードは出ていると思います。つい先日まで使っていたauひかりと感覚としてはほぼ同等。

Youtubeやhuluなどの動画視聴もスムーズですし、ぼくが仕事で使う動画のアップロードもストレスのない速度で出来ています。

この通信スピードは住んでいる地域や建物の環境にもるから当たりハズレはあるでしょう。

我が家の場合はこのまま今後も問題なく使えるのであれば、毎月の料金も安くなるしメリットの多い乗り換えだったなと思えます。


たったひとつだけ不満をあげるとすれば…


そんなSoftBank光ですが、ここまでまったく不満がなかったといえばウソになります。今回の乗り換え過程では不満がたった1つだけありました。

それは『工事に来た業者がとても微妙だった』ということ。

これについては、正直SoftBank光であろうとなかろうと業者は同じだった可能性はあります。電気工事を請け負う業者が少ない地域では、SoftBankでもauでもNTTでも。

ですからなかなかSoftBank光を非難しにくいのはわかっているのですが…

あまりにも業者がだらしない!(笑)

工事当日は運が悪いことに雨。作業着の裾をズルズルと引きずったおじさんさんがそのまま家に入ってきました。仕事柄、作業着が汚れることは仕方ないんでしょうが、裾のだらしなさは別の話。人の家にあがるのにその格好はどうなの…とちょっと思いました。

一緒にいた妻も『あのおじさん、歯もなかったし生理的にムリ…』とのことでした。

工事は20分もかからずに終わりましたが、なかなか嫌な時間でした。妻は業者が帰ってからすぐに床の拭き掃除をしてました。

こういうときはこちらも養生するなり、なにか対策をしておくべきだったと反省しています。


ということで我が家のSoftBank光導入レポでした。

(当然ですが)SoftBank光が普通に使える家もあるということがおわかりいただければ幸いです。現在のネット料金に不満のある方や、ソフトバンク・Y!mobileのスマホをお使いの方は検討する価値が大いにあると思います。

それでは。 

家のネット回線としてSoftBank光を申し込みました。

前回のブログ:悪名高いSoftBank光に申し込んだので開通までを実況していくよ : blog@sutougen

現状、申込みが終わり開通工事を待っている状況です。

開通を前にソフトバンクから契約確認書類やら機材やらが続々と届いていますが、ここまではネットで見かけるようなネガティブなことは起こっていません。

ネット接続用機器が届いた


IMG_20161027_084408

IMG_20161027_084416

工事直前、ネットに接続するための機器類が届きました。

IMG_20161027_084501

中には接続ガイダンスDVD。

個人的にこれはまったく不要。若い人にとってはDVDプレーヤーにディスク入れて、映像を見ながらセットアップとかめんどくさいと思う。

IMG_20161027_084523

光BBユニットにはSoftBankロゴ。

ほかに電源ケーブルとかが入っていました。まぁ、ここに特別なことはないですね。


契約確認書類も届く



IMG_20161027_090033

そしてこちらが契約確認書類。

Y!mobileのスマホを使っているのでスマホ料金から月額540円の値引きが入っているのがわかります。これはかなりお得ですね。

基本料金は4104円。通常はこれに工事費と契約事務手数料を分割回数で割った金額がかかってきます。

仮に24分割とした場合は月額1215円。これに基本料金の4104円を足すと5319円ですね。

私が今まで契約していたauひかりは月額5940円だったので、 月々621円安くなる計算。スマホからの値引き540円を合わせれば1161円も節約に。たしかに安い。


細々とした計算になってしまいましたが、とにかく料金的にはこんな感じです。

これで回線のクオリティに差に大差がなければかなりいいのですが…

回線開通工事は、いよいよ明日(10月28日)です。

では。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

きょう、デニムパンツを1本購入しました。

選んだのはSancaというブランドのデニムパンツ。HPすらないブランドですが、Made in Japanにこだわったプロダクツを展開するグッドブランドです。

しばらくはこのパンツを穿き込んでいこうと思います。

IMG_20161010_213100


Sanca 15.5oz デニムパンツ


このSancaのデニムパンツの魅力を一言で言うならアメカジすぎないところでしょうか。

この手のデニムパンツはたいてい昔のLevi'sのパンツを目指して作られているんですが、Sancaのパンツはちょっと違う。

昔のアメリカ古着的な魅力と日本の技術力の高さを融合。さらに、デザイナーが思うオシャレ感をプラス。そんなイメージなんですね。

この感じ、モノを見ないからには理解しにくいと思いますので早速ディティールを。

IMG_20161010_212635

フロントは月桂樹ボタンを使ったボタンフライ。

IMG_20161010_212013

生地は15.5ozとかなり厚めでゴツゴツしたものが使われています。

IMG_20161010_212028

サイドシームは赤耳仕様。これが古着らしさを醸す独特な色落ちにつながる。

IMG_20161010_215040

と、このあたりが古き良きアメリカンヴィンテージのディティール。デニムパンツ好きのツボをしっかり抑えつつ、ここかららしくないポイントを紹介してみます。

IMG_20161010_213100
 
まず白い牛革パッチ。

多くのブランドはLevi'sのツーホースを意識したパッチを採用していますが、Sancaはだいぶシンプルです。

フロントポケットのスレーキもかなり遊びが入ってます。

IMG_20161010_212044

ゴールドラッシュの舞台、カリフォルニア周辺の地図とイラストが描かれています。

さらに…

IMG_20161010_212054

古いミシンがモチーフの品質保証スタンプ。これはカッコイイ。

IMG_20161010_212407

シルエットもスタンダードな5ポケットストレートデニムとはかなり違っていて、ご覧の通り腰回りにかなり余裕がある作りになっています。ゆったりした腰回りから足下にかけてキュッとしまっていくテーパードシルエットですね。このページなんかを見てもらえればよりわかりやすいかと。

このあたりはデニム好きの中でも好みが分かれるところ。完全復刻派には絶対認められないだろうなぁ…

とにかく、これからしばらくはこいつを穿き込んでみたいと思います。新興ブランドだけにまだ色落ちレポートもほとんど見ないので、悩んでいる人の参考になるかもしれません。(とはいえ、変化が出るのは最低でも半年後とかですが…)

気長にお付き合いいただけたらうれしいです。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる  

我が家はネット通信用に光回線を利用しています。使っているのは、auひかりというサービスで、携帯電話のauが提供しているもの。

この度、このauひかりからソフトバンクの光通信サービスであるSoftBank光に乗り換えることにしました。

乗り換えの一番の理由はその料金の高さで、毎月5940円。通信品質自体は何も問題はなく、快適そのものなんですが…

というわけでau光よりも安い光通信サービスを探してたどり着いたのが今回のSoftBank光。マンションタイプなら最安で月々3800円から使えるというんです。

うむ。これは安い。

ただSoftBank光に変えるにあたり不安な点が1つ。

それは『ネット上の評判が悪すぎること』です。ググるといろいろ出てくるし、Twitterにもめちゃめちゃ書かれてる…

ソフトバンク光の評判・口コミは悪いけど契約した方がいい理由 | サクッと光

【おうち割は無駄?】ソフトバンク光の評判が悪い理由:口コミや体験談のまとめ - なまけるのに飽きるまで-格安SIM・スマホを使い倒す

とはいえ回線自体はフレッツ光を利用するわけで、それなりのスピードは維持できるはず。

優先すべきは料金は安さで、多少のサポートの悪さは我慢。そもそも光回線のサポートなんて年に1回使うかもわからないし。

と総合的に考えたうえで、乗り換えた方が自分にはメリットが多そうだと判断しました。

さらに、今回の申し込みから開通まで実際にどういう手順を踏んだかを記録・開示することは今後SoftBank光にしたいと思っている方への情報にもなるかもしれません。

そういうわけでブログに残しておきます。初回のきょうは申し込みから工事日の決定まで書きます。

IMARIH20160806095919_TP_V


家電量販店で契約


まずはSoftBank光を契約できる場所から。ざっと調べてところでこのあたりでしょうか。

  • SoftBankショップ
  • Y!mobileショップ
  • 家電量販店
  • インターネットHP

この中から今回ぼくが契約をしたのは家電量販店ですが、これは個人の好みで選んでいいと思います。店舗ごとにキャッシュバックキャンペーンをやってたりするでしょうし。

ぼくの場合、そもそも最初はSoftBankショップに行ったのですが、なんとなく対応に熱がなかったので値段確認までで中断させてもらいました。

続いて、ぼくがスマホも契約しているY!mobileのショップに行きました。

しかしこの日は運悪く2人の店員 vs 大量の高齢者という図式になっており、いつ自分の順番が回ってくる見当もつかない状況だったので店の前をスルー。

Y!mobileは料金が安いのでわりと高齢のスマホユーザーにも支持されていると思うのですが、トレードオフで店舗での高齢者対応に時間を取られるというデメリットがある気がします。

まぁ若いワイモバユーザーに限っては、あまり実店舗を必要としないでしょうからそこまで大きなデメリットにはなりえませんが、どうしても店舗での手続きが必要なときなんかは要注意ですね。

続いて訪れた大手家電量販店はスタッフの方の対応もよく、いろいろと話が出来たので無事に契約させてもらいました。

こういう諸々の手順がめんどくさいって人はインターネット契約でいいと思います。


光おトク割はY!mobileの店舗に行く必要あり


ここで1つ注意しなくてはいけないのが、光おトク割を申し込むならキャリアの実店舗に行く必要がある点。

光おトク割りとは、SoftBank光を契約しているユーザーがソフトバンクかY!mobileのスマホを使っている場合、スマホ料金が値引きされるというサービスです。
※細かいところはY!mobileとソフトバンクで違うので要確認です。

かなりお得なのでソフトバンク・Y!mobileユーザーは必ず申し込んだ方がいいサービスなのですが、家電量販店などで契約をした場合はキャリアのショップに行って割引契約だけする必要があるそうです。

手続きは回線工事前でも後でもどちらでもいいとのことでした。


工事日はすぐに決まった


肝心の工事日ですが、これは契約するときに第1〜第3希望まで日程を出します。さらに『その3日が無理なら何曜日が希望ですか?』ということも伝えます。土日の工事は3000円くらい追加料金がかかるとのこと。

ちなみに、この日の時点で選べた最短の日程は10月17日(月)で約1週間後ということになりますね。特別遅いというわけではありませんが、wimaxなんかと違い即日開通!とはいかないのでこのへんも注意が必要です。

ということでぼくは17日、18日、19日の3日間を連続でチョイスしました。

そしてここから工事日の決定までは異常に早かった。契約を終えて家電量販のカウンターを立つかどうかのタイミングで工事予定日がスマホに送られてきました。きょうが日曜日にも関わらず、です。

『なんだやるじゃないかSoftBank光』と思いながらその日程を見ると…

Screenshot_20161009-165215

希望日が盛大に無視されている!w

まぁこれには向こうの都合もあるだろうし、今回はそんなに急いでないので文句はありません。工事さえスムーズに進んでくれればそれでよしです。

というわけでSoftBank光は、こんな感じで申し込みから工事日までが決まりました。

書き忘れましたが工事費用の24000円は初回引き落とし日の一括か分割を選べました。分割だと最大60回かな?くらいまでいけるそうです。

この工事費を入れてもまだau光よりは安いですし、ぼくが使うY!mobileスマホから500円値引きされるのも大きいので料金的には間違いなくお得になります。

あとは工事と実際の使用感…ということになります。どうなることやら。

続きは工事の終わる10月28日以降に書ければ!

 =================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

せっせ せっせと投信の人になる。


投資信託を購入しました


ということで、31歳にして初めて金融商品を購入してみました。

選んだのは投資信託のニッセイ日経225インデックスファンド
ニッセイ外国株式インデックスファンド
の2つです。

2016-10-01 toushi

これを毎月、それぞれ1万5000円ずつ積み立てていきます。


『とにかく楽な投資をするならインデックス投信一択』らしい


初めての資産運用に選んだ2つの投資信託ですが、どちらもインデックスファンドというものになります。

インデックスファンドとは、株価指数などに連動することを目指して運用される投資信託のことです。例えば、代表的な指数は皆さんも一度は耳にした事のある“日経平均株価”。

インデックスファンドと対になるのは、運用のプロであるファンドマネージャーが銘柄選定・資産配分決定などを行うアクティブファンドです。
で、なぜインデックスにしたのかというと答えは1つで『とにかく楽に資産運用ができるから』

投資というと、日々の値動きをチェックし売り時と買い時を見極めて〜みたいなイメージがあるのですが、これはどうやったって自分には向いてない。

損していたらへこんで生活に支障をきたすし、そもそも仕事をしながらも毎日のように値動きをチェックできる時間があるかもわからない。

そんな人にピッタリらしいのが、インデックスファンド。

また『購入手数料や信託報酬が安く、積立に向く』点もインデックスファンドならでは。最初から大きくお金を突っ込みたくない小心者な自分に合っていました。


というわけで、今回の投資は資産運用というよりは貯金感覚。

もちろん損をするよりは増えた方がうれしいですがあまり頻繁に値段は追わず、まとまったお金が必要になったらその都度解約して使っていこうと思っています。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

俳優の哀川翔さんがつい先日、9月23日に本を出版されたようです。

タイトルは『ブレずに生きれば道は拓ける! 一翔両断!!』

その名の通り仕事や遊び、 家族感などについて翔さん独自の考え方が綴られています。

IMG_20160930_172313

『どの項目も翔さんらしくヤンチャだなー』と思って読めましたし、定番のカブトムシエピソードもありました(笑)

中でもビックリしたのがタイトルにも書いた、これ。

人間、1週間何も喋らなかったら、どうなると思う?やったことないでしょ?俺、やったことあるんだよ。
すごい。さすが翔さん。凡人は疑問に思うだけで終わるところを、体を張って試してみる。芸能人の鑑です。

※ちなみに文体はこんな感じで、文章が翔さんの喋り言葉で入ってきます

そもそも、これをやろうとしたきっかけは喉に出来たポリープ。

医者に『手術するなら術後1週間は喋っちゃダメ』と言われたことから、手術した場合のシミュレーションとして1週間しゃべらない生活をしてみたんだとか。


で、結果は…


気になる結果ですが、やっぱり一言も喋らないと生活のあらゆるシーンで不都合が出てきたそうです。

例えば電話。

通常は声だけでコミュニケーションを取る道具なだけあり、まず電話がハードルになっています。翔さんはこれを『電話口を指でトントンやる』って方法で解決を試みています。

そして。

実験を始めた翔さん本人も驚いていたのが、実際に1週間喋らない生活を終えた直後のこと。

ところが、いざ喋ろうとしたら、うまく喋れない。あれ?って。あっ、あっ、って声を出そうするんだけど、スムーズに言葉が出てこないんだ。べぇ!と思ったよ……。
そう、言葉がうまく出てこなくなってしまった。

翔さんいわく『言語中枢の、言葉を話す機能を司る部分(前言語野)が機能してない感じ?』だそうですが、これっていったいどんな感覚なんだろうか…

普通は大人になってから1週間も言葉を発しない生活なんて出来ないから、想像がつかない。

もちろん今は普通に喋って俳優業をされているし、この状態はすぐに終わるんでしょうけど。

とはいえ、こういうことを『気になったから』っていう判断基準だけでやれてしまうのはさすが芸能人だなぁと思わされました。


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

2013年の2月にKindle Paperwhiteを買って以来、ほとんどの本を電子書籍で読んできました。

電子書籍は紙の本に比べて安いし物理的な場所もとらない。売り切れもないし、購入した瞬間にダウンロードして読み始められる。

そんな快適さから、ぼくは電子書籍ライフをエンジョイしていた。

しかし最近『この本は紙でも読みたいなぁ』と思うことがまた少しずつ増えてきた。
 
2016-09-14 book1

電子書籍を読み始めた当初は、冒頭に書いたように、『早い・軽い・安い』という点が大いに好きでした。

『なにこれ良いことづくめじゃないか』と。

気になった本やセール価格になっている本はとりあえずでダウンロード。その結果、確実に電子書籍を使い始める前よりもたくさんの本を読むようになった。

でも人間というのはおかしなもので、最近、紙の本をパラパラめくりたくなるときが増えてきた。

『よし、読むぞ』って感じじゃなくて、一度読んで気になったページやらお気に入りの言葉をサッと見返したい。

そんな気分のときに電子書籍、特にKindle paperwhiteの動きはマッチしてなくて、やっぱり紙の本がピッタリ。この気持ちがわかってもらえるだろうか。


気に入った本を本棚に残しておきたい



というわけで紙回帰している我が家の本事情なんですが、むやみやたらに紙の本を増やすのもどうかと思っています。

なので当面は『電子書籍で一度読んで気に入った本の紙版』を買い進めていくことにしてみました。

なんでわざわざ1回読んだ本を?と思われるかもしれないけど、今は1度読んで感銘を受けた本こそ紙で残したい。そんな気分です。

モノが少ない暮らしを愛してはいますが、好きな本が並ぶ本棚もまた良し。

ネットで注文した本がポストに届けれられるまでの時間も悪くない。いや、悪くないというかちょっとワクワクしてさえいる。たかだか本の1冊に。

こんなこと、今さらぼくのブログに書かれるまでもないとは思うんだけども。


ちなみに


画像にある本は全部嫁のものです。すみません。村上春樹って、なんだかハードル高くないですか?

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

社会人になれば誰しも、気の進まないことってありますよね。

自分にとって勉強や読書がまさにその典型。

別に誰から強制されるわけでもないんだけど『これをやっておけば、この先きっといいことがあるぞ』なんて思いながら、いそいそと読書やら勉強に励むんです。

ここでの問題は、その成果の出方。勉強による成長を実感できるレベルになるまでに、結構時間がかかってしまうことが多いんです。

誰もが最初はがんばれる。

それでも続けていればいつかはやる気が落ちてきて、最悪その勉強をやめてしまうことも。

そんなとき、ぼくは思い切ってモノに頼るようにしています。

IMG_20160902_151808
 
もともとはほぼ日手帳につけたいと思って買ったものだけど、この文庫本カバーをつけられるサイズの手帳は来年版だ。だからそれまではこのカバーを文庫本につける、本来の使い方をしています。

大した値段のものではないけど気に入っていることはたしかで、確実に『このカバーを使いたいがために本を読む』という行動につながっている。

この文庫本カバーを使い込むと、デニムはいったいどういう変化をするんだろう?

そんな興味が、思いがけず読書をするためのモチベーションになってくれています。

こんなことって、当然人それぞれあるんでしょうね。

例えばマラソンランナーの場合。 

「好きでマラソンを始めたけど、なんだか最近タイムの上がり幅が小さくてやる気が出ない…」

そんなとき、新しいシューズを買ったことで走ることへのモチベーションが復活。再びタイムを縮め始めた…なんてこともあるでしょう。

『モノに頼るなんてけしからん!邪道だ!根性でやりきれ!』的なご指摘をする人もいるかもしれないけど、みんながみんなそんなマッチョな精神力は持ってない。

こういう、ちょっとよこしまな気持ちを受け入れて日々を楽しみたいと思う今日このごろです。

最後に


そういえば今までブックカバーって使ったことなかったけど、これはなかなかいいですね。ちょっと恥ずかしいドストレート系自己啓発書を電車で読んでもまわりの視線が気にならない。オススメです。

2016-09-13 mono




=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

そろそろ2017年の手帳が店頭に並ぶ時期ですね。

2016年はほぼ日手帳weeksという、コンパクトで少し細長い手帳を使っていたぼくですが、2017年は再びオリジナルの文庫本サイズを使ってみようかと思っています。

そう決めた理由は大きく2つありまして。

1つが単純にweeksとオリジナルのサイズの違いによる使い心地の差。

そしてもう1つが『使ってみたいカバーがあった』ことです。

IMG_20160902_151200

IMG_20160902_151146

無印良品 デニムブックカバー 文庫本サイズ 600円


無印良品で見つけたデニム生地の文庫本カバー。文庫本サイズであるほぼ日手帳のオリジナルにぴったりのカバーです。

今年までは付属というか、もともとラインナップされているカバーしか使ってこなかったほぼ日手帳ですが、実はちょっとした不満がありました。

それは汚れが目立つこと。

色鮮やかで魅力的なカバーの多いほぼ日手帳でしたが、どうしても使い続けると手帳のカドに黒ずみが目立ってきてしまう。洗濯しても完ぺきには取れず。それだけがほぼ日オリジナルカバーの唯一の不満点でした。

image

こんな感じで。

『じゃあ来年は地味なカラーを選ぶしかないかなー』なんて思っていた矢先、文庫本カバーであればほぼ日手帳に流用出来ることを思いつき、無印良品にあったこのデニムブックカバーを買ったというワケです。

デニムであれば汚れが気にならないし、汚れたら気兼ねなく丸洗いできる。さらに使い続けていったときの色落ちも楽しみで、いいことづくめだと思ったんですよね。

IMG_20160902_151218

ちなみにこのブックカバーには裏地が付いていて、装着が楽なところもポイントです。

IMG_20160902_151700

IMG_20160902_151739

表紙と背表紙を引っ掛けるだけでオーケーです。

IMG_20160902_151602

IMG_20160902_151808

うん、オシャレ。

手帳用ではないので、手帳カバーのようなペン挿しはついていませんが、個人的にはなくても問題なし。むしろ見た目がスッキリして好感が持てました。

とりあえず今年はこの文庫本カバーに合わないサイズの手帳を使っているので、昔の手帳やら文庫本を入れては電車で読んでいます。早く来年にならないかなー。

今後はこのデニムブックカバーの変化の様子もレポートしていければと思います。

ちなみにAmazonには岡山産デニムを使ったMade in Japanのカバーもありますね。無印のものより若干高いですが、色落ちはこっちの方が期待できそうです。ご興味ある方はぜひ。


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

「当時小学生だった香取は、小銭をポケットにそのまま入れていたんです。それを見た木村が“財布ぐらい持てよ”とプレゼントしたのがその革財布です。

25年以上も使い続ければ当然ボロボロになりますが、フチが擦り切れ糸がほつれても、香取はその度に修理して使い続けていました。修理代は、高い時で2万円もしていたそうです」

こんなになるまで使われればサイフとしても本望でしょうね。

さて。

かくいうぼくもわりと物持ちがいい方で、サイフに関しては大学時代からずっと同じものを使っています。

それがこのWILD SWANSという国産レザー製品メーカーの財布。

IMG_20160821_164058

何の変哲もない2つ折りの革財布ですが、シンプルゆえに使いやすく愛用してきました。

WILD SWANSが作る製品はめちゃめちゃレザーの質が良くて、値段はたしか4万円前後。大学生の自分にとってはなかなかの買い物でしたが、振り返ってみると100%買って良かったと言えます。

IMG_20160821_164039

中を開くとカード入れ・札入れ・小銭入れとシンプルながらもじゅうぶんな構成。

オイルの染みこんだ革はなんとも言えないツヤをまとっています。形もパンツのバックポケットにずっと入れていたためか、いびつに変化してますね。

IMG_20160821_164133

使用年数なりのキズがありますが、これもアジ。

IMG_20160821_164215

小銭入れのボタンまわりには青サビ。今はあえてこれを取らずに使っていて、時々眺めたりしています。

IMG_20160821_164241
 
IMG_20160821_164317

角やよく曲がる部分にはシワや切れ、削れがあります。

こんな状態ですがこの財布、購入から10年でまだ一度もリペアに出していません。それくらい頑丈なんです。

こうして毎日持ち歩くレベルのアイテムは『良いものを長く』が鉄則だと気づかせてくれたのがこの財布。SMAP香取くんの25年に比べればまだまだですが、これからも大事に使っていこうと思っています。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

VANSのERA(エラ)というスニーカーをよく履いています。

たまにほかの靴を履くときもありますが、8割はこれ。その日のファッションに合わせられるように色違いで何足か揃えています。

こんな感じでメインを一足決めておくと、靴にまつわる様々な悩みから解放されて便利です。

2016-08-02 vans

靴選びは失敗したときのデメリットが大きすぎる


あらゆるものがネット通販で購入できる時代でありながら、靴はいまだに実店舗で買う人が多いものです。それも、洋服以上に時間をかけて。

一足の靴に決めるまでのプロセスは『店舗まで行く』『上下3サイズくらい試着する』『レジで決済をする』。

大したことないようですが、靴はだいたい洋服よりも試着にかかる時間は長いですし、運が悪ければ『サイズがないので取り寄せますか?』と言われてしまうことだってあります。

さらには、そうやって買った靴が100%自分の足にフィットするとも限らない。

どんな靴でも靴ずれの可能性はあるし、なんとなくファッションに合わず出番が回ってこないなんてこともあるでしょう。これではお金ももったいない。

このように靴選びは失敗したときのデメリットが大きすぎるんです。

学生時代〜20代前半であれば色んなスニーカーを試したくもなりましたが、30歳を超えた今、ぼくはこのデメリットの方こそ避けたい。

そんな守備的な考えから、ぼくは同じ靴を繰り返しネット購入するようにしています。


メインの一足として優秀なVANS ERA


このメインの一足にぼくはVANSのERAを選んでいますが、それにいくつか理由があります。

まずは、ファッションを選ばないこと。

メインの一足にする以上、日常的に履くことになるわけですが、そんな靴がファッションを選んでいてはお話になりません。ERAならどんなファッションにでも違和感なく合わせられます。色のバリエーションも十分にあるのでどんな人でも履きこなせるでしょう。

次に大事なのは定番商品であることです。

ABCマートの定番商品であるVANSのERA。これを置いてないABCマートの実店舗は見たことがありません。ネットで買えるのはもちろんのこと、もしも急に靴がダメになってしまったときにABCマートのような全国チェーンの実店舗で購入できることは安心感につながります。

店舗でも必ず取り扱いのある定番商品はメインの一足にするのに相応しいです。

ほかに安さも大切な要素ですね。ERAなら5000円前後で買えます。ぼくの場合、ERAの寿命はだいたい半年ですから、スニーカー代は年に1万円くらいという計算です。

さすがに、いくら足にフィットするからといってもNEW BALANCEの2万超えのスニーカーを毎回買う余裕はありません。笑


ERA以外でメインの一足に良さそうなスニーカーなら、コンバースのオールスターとかですかね。あれもかなり安定感があります。

あ、それと毎日履くならハイカットよりもローカットがオススメです。靴を脱ぎ履きするときいちいち紐を結ぶのはめちゃめちゃめんどくさいですよ。

それではきょうはここで。

 =================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

東京の観光地・お台場にあるアクアシティお台場にきょう、あのタコベルがオープンします。

タコベルとはアメリカを中心にチェーン展開するタコスのお店で、去年渋谷店がオープンしたときに長い行列が出来たことが話題になりました。

そんなタコベルお台場できょうから約1ヶ月、ちょっとお得なオープン記念キャンペーンが行われます。

この条件が結構ユルいので夏休みに台場に来る人は絶対に利用した方がいいと思われます。

IMG_20160728_140106

これがオープン直前のお台場店の様子。なかなか派手な外観です。

IMG_20160728_140818

ツインビーを髣髴とさせるタコベルサインもありつつ…

IMG_20160728_140044

これがオープン記念キャンペーンのお知らせです。なんかいろいろ書いてあります。

では詳細を見てみましょう。

IMG_20160728_140052

  • お勤め先の名刺に「お台場」と入っている方 → チーズロールアップ1コ無料
  • シネマメディアージュ映画チケットをご提示 → チーズロールアップ1コ無料
  • カップルで手をつないでご注文 → ソフトクリーム1コ無料
  • ご家族で手をつないでご注文 → ナチョチップ  or メキシカンフライ1コ無料
どうでしょうこの、ほとんどの人がなんらかのサービスを受けられる感。

台場の名刺だけちょっとハードル高いかもしれませんが、それ以外は楽勝ですよね。

台場に来るのはほとんどが観光カップルか家族連れだし、メディアージュで映画を見る人も多いでしょう。ケンカして手をつなぐのをためらっているカップルも注文前だけは手をつなぐべき。

IMG_20160728_140805

ちなみにサービスで付くチーズロールアップは、お台場店ではひとつ150円のようです。ソフトクリームやメキシカンフライも同等の値段でしょうね。お得です。

ちなみにこれはきょう7月29日から8月31日の平日限定でキャンペーンなのでご注意ください。

ここまでタコスの画像がひとつもないので、先日アメリカで食べたフィッシュタコの画像を紹介して締めさせていただきます。タコベルのタコスじゃないけど。

IMG_20160719_120646

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

スマホゲームのポケモンGOが話題です。

2016年7月21日時点で日本ではまだリリースがないことから、私たち日本人は世界中から配信されてくる『ポケモンGOの影響でこんなことまで起きてます』情報を聞くしかない状況です。

そんなタイミングでアメリカに行くチャンスがあったので、本当にアメリカ人がポケモンGOにハマっているのか見てみることにしました。

IMG_20160719_110051


アメリカ西海岸 ロサンゼルスへ


というわけでやってきたのアメリカ西海岸のロサンゼルス。

青い空と砂浜、スケボー・サーフィン・自転車とアメリカっぽさのオンパレードな街ですね。

そんなロサンゼルスを歩いてみると…

IMG_20160716_190746

早速いた。写真奥のスマホを見ている集団。

画面をチラッと覗き込んで見たけどガッツリポケモンを捕まえているところでした。

続いて、レストランやおみやげ店が連なる桟橋、サンタモニカピアに行くことにします。

IMG_20160716_180521

写真真ん中、カリフォルニア女子が1人でポケモンGO。

よくみるとその両サイドも歩きスマホしてるからきっとこの人たちもポケモンGOをしてますね。

どうやらこのあたり、アイテムがもらえるポケストップがたくさんあるのでプレイヤーが特に多いみたいです。それとポケモンが出現しやすくなるエサ的なものをプレイヤーが使うので、人が人を呼ぶ状態になっているんだそうです。

その後も…

IMG_20160716_180524

フェンス際に腰掛けてポケモンGO。

IMG_20160716_180604

ベンチに座りポケモンGO。

IMG_20160716_180611

こっちのベンチもポケモンGO。

IMG_20160716_180617

タンクトップのイケメン様もポケモンGO。なんなんだこれ、はやりすぎだ。

子供やオタクだけじゃなく、一見スマホゲームをやらなそうな大人までもがポケモンGO。大げさではなく、歩きながらスマホ見てる人ほぼポケモンGOでした。

IMG_20160716_180625

ことあるごとにイェーイ!と歓声をあげる人。

本当は奥の店で買い物した人がソフトクリームを食べながら休むところではなかろうかと思いますが、このあたりのベンチというベンチはポケモンGOプレイヤーに占拠されてました。

不思議なところに人が集まっている


ロサンゼルスではここサンタモニカ以外の場所でもたくさんのポケモンGOプレイヤー見かけました。

わかりやすいところだとロサンゼルスカウンティ美術館、通称『LACMA(ラクマ)』。


写真撮り忘れましたが、このオブジェのある入口周辺にプレイヤーが集まってました。歩きスマホしながら入り口までやってきては、うろうろしてまた去っていく。まさに異様な光景。

ポケモンGOについては歩きスマホや夜中の出歩きなどネガティブな面もたくさん報道されていますが、アメリカで実際にプレイしてみたらやっぱり面白かったです。

ポケモンが出現したときは興奮するし、画面をスワイプしてモンスターボールを投げる感覚もワクワク感ある。チーム組んでやるとかしだすとより楽しそうだし。

Ingressは挫折した自分ではありますが、ポケモンGOには惹かれちゃいますね。

リリースが待ち遠しい。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

2015-09-25 ほぼ日手帳weeks

ほぼ日手帳が好きで、学生のときから愛用してきました。

そんなほぼ日手帳の中でも、今年は小さく持ち運びに便利なweeksというタイプを初めて使っています。

使い始めはその軽快さからとても重宝したweeksですが、1年の半分が経過した今、その使用感はどうなのか?改めて自分なりにまとめてみます。


スペースが狭いからこそ得られる"書いてる感"に満足


2016-07-08 weeks4

オリジナルと違いって筆記スペースの小さいweeks。そのおかげが、手帳をペラペラめくって前のページを見るときは『お?結構書いてるじゃん』と思えます。

実際は1日に3行分くらいしか文字を書けないから、書いている量は本当にわずか。

それでもスペースが埋まっていることによって満足感を得ることが出来るんですね。その結果、もっと手帳を使う気になれるし、なんとなく気分がのってくる。

ぼくにとってこれは軽さ以上のメリットでした。


フリーページは半分も使わず


2016-07-08 weeks3

70ページあるweeksのフリーページ。ここは週間見開きで足りなきゃ使ってねってところです。

このフリーページ、半年でどれだけ使ったのかというと…

2016-07-08 weeks2

2016年7月8日時点で使ったのは22ページまで。半分はおろか、3分の1も使わずという結果でした。
 
ぼくの使い方だと週間見開きでじゅうぶんなことが多かったので、あまりフリーページに書くことがなかったのが正直なところです。

とはいえ、少しだけ「早々にフリーページなくなったらどうしよう?」って思いもあり、気を使っていたのも事実。だからこそ下半期は思いきって使っていく予定です。


明るめカラーの手帳は汚れが目立ってくる


2016-07-08 weeks1

唯一不満なのがこのカバーの汚れ。こればっかりは自分が明るいカラーを選んだのでしょうがないですね。

ほぼ日手帳ではカバーを保護するためのビニールカバーが売られてはいますが、カバーにカバーをかけるっていうのは個人的には微妙だと思っていて。

だからそのまま使っていたのですが、ぼくが選んだ黄色いどせいさんデザインだとどうしても角の方、黒い汚れが目立ってしまいますね。

自分は気にならなくてもまわりから「あの手帳、汚な!」って思われることもあるでしょうし、来年のカバー選びは考えものです。

汚れだけ考えれば黒かネイビーの単色がいいんでしょうけど、ほぼ日手帳ならではのポップさも捨てがたく…

うーん。ここは迷いどころです。


ペンホルダーのない不便さには慣れる

2015-11-06 ほぼ日weeks7

オリジナルにあってweeksにないもののひとつがペンホルダー。

これがないので手帳にペンを一緒にまとめておくことができません。手帳につけるペンクリップの購入も検討していたんですけど、どうやら書くときにクリップが邪魔になるという意見もあり、ここまで半年は導入を見送っていました。

じゃあどうやってペンを持ち運んだかですが、シャツの日は基本胸ポケット。Tシャツで出かけたときはズボンの前ポケットにペンを入れていました。

正直、邪魔っちゃ邪魔ですが、もう慣れました。

2016年後半もこのままクリップなしで使っていこうと思っています。


だいたいこんなところでしょうか。
 
全体的な感想としてはじゅうぶん満足できています。

本当にごくごくたまにスペースのなさがストレスになることもありますが、そこは軽快感とのトレードオフ。いつでも持ち歩けて、さっと出して気軽に書けることがweeksの良さ。

これでいいんだと思います。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

※このエントリは2013年10月に書かれたものを加筆修正したものです。

パソコンがしっかり入って、かつ旅行なんかにも使える大容量のリュックが欲しい。

そんな需要に応えてくれるのがTHE NORTH FACEのBCフューズボックス。
 
きょうはこのバッグの使い心地をお伝えします。

IMG_3515


収納力バツグンの四角いリュック


まず特徴的なのはその見た目。四角いんです。

最近では持っている人も多く見かけるのでそんなに変に見えませんが、発売されたばかりのころはかなり違和感がありました。

収納容量は30L。

ですがこの四角いデザインのおかげか、バッグの上の方までスペースを使うことができ、スペック以上に入る感じがします。

それと素材が防水のポリエステルなので雨でも安心。せっかくパソコンが持ち運べても中に水が入ってきたら本末転倒ですからね。ぼくは1年間使ってますが中身が濡れたことは1回もありません。

IMG_3516


過不足のない収納スペース


ズドンとした作りのBCフューズボックスではありますが、日常使いにちょうど収納スペースが備えられています。

上の写真はバッグの外側からアクセスできる大きなサブポケットです。

平べったい形になっていて、ノートやメモ帳などの薄くてよく取り出すものを入れておくのがいいでしょう。

IMG_3527

バッグのサイドにも小さなポケットが。ぼくはここに家のカギを入れています。

それではメインのジッパーをあけていきましょう。

IMG_3520

パカ。

真ん中にあるのが大きな収納スペースで、クッション1枚を隔ててPCスリーブがあります。PCスリーブのサイズは大きめ。ぼくが使っているMacbook Proの15インチがすっぽり入ります。

また、フタの裏にはメッシュのポケットもついています。ここは中身が見やすいので、ガジェットのケーブル類を入れたりできます。

IMG_3523

BCフューズボックスには、取り外しできる細かい小物入れも付属。これはペンやメモ帳、パスポートなんかがハマりそう。

IMG_3524

タブレット端末を入れてもいいですね。画像はKindle Paperwhiteです。

メッシュポケットと合わせてこれだけでペンケースや小物入れ代わりになってしまいます。

IMG_3526

画像が暗くてすみません。これはバッグの中にはある小さな仕切りです。これが意外と便利なんです。
 
画像のように水筒を入れたり、雨が降りそうな日には折りたたみ傘を。

カメラを扱う人は三脚を入れるのもいいですね。

もちろん、水筒なんかは縦に収納しなくても問題ないんですが、パッキングの都合を考えると縦に固定できた方がいいことが多い。


1週間程度の旅行なら余裕です


実際にお試し済みですが、1週間程度の旅行ならこのリュックひとつで余裕です。

P1000182

写真はアメリカ・シアトルのユースホステルにて。1週間滞在しました。

ちなみにこのときの持ち物は…
  • MacBook Pro 15"
  • Kindle Paperwhite
  • パスポート
  • サイフ
  • 地球の歩き方(旅行ガイドブック)
  • サンダル 
  • デジカメ
  • 着替え3日分
  • 歯磨き、洗顔セット
  • バスタオル
  • 小さめのタオル

こんな感じ。

これだけ入ればだいたいの旅行に対応できるんじゃないでしょうか?

もちろん機内への持ち込みも可能です。


イマイチなのはバッグ自体の重さと厚み


大きくて収納もしっかりしていて、一見いいとこばかりのこのバッグ。

当然ですが使ってみてわかる微妙な点もあります。

たとえば、電車の通勤ラッシュが苦手です。四角いフォルムのためにどうしても場所を取り、まわりのお客さんの迷惑になります。

なのでラッシュ時は背中に背負わず、お腹の前で抱えるようにする必要があります。

またバッグ本体の自重が約1kgもあるため、重いです。

これは防水素材を使っているのも原因だと思いますが、軽さ重視の人には向かないかもしれません。


ということでこのバッグは普段から持ち歩くものが多くて『大きさこそが正義だ!』と言い切れる人にオススメです。

最近だと高校生が部活の荷物をどさっとこれに入れて持ち歩いているのをよく見かけます。背中が多少重くなろうが、両手があいていれば快適です。

価格は1万円ちょいですが、日常使いから旅行まで幅広くカバー出来るのでコスパはなかなか。持っていれば自然と出番の多いバッグになっていくんだと思います。派手めの単色から迷彩、ロゴの目立たないブラックなどカラバリも豊富です!




=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

シンプルライフを志して以来、たくさんの服を手放してきました。

関連:【処分に踏み切れない服の捨て方】旅行のついでに現地に捨てる : blog@sutougen

そんな自分のクローゼットにあって、なかなか処分できずにいるものがあります。

写真 2013-10-21 7 36 55

それがこのLevi'sのデニムジャケット。1970年代製造の70505というヴィンテージ。

大学生のころに買ったから、もうかれこれ10年近くは着ていることになります。1着あれば春秋コーディネートに重宝するのでオススメだし、なによりヴィンテージならではの色落ちがとても良い。

きっとこのエントリにたどり着く人は70505の購入を検討している人だと思うので、きょうはコイツの良さを語らせてもらいたい。

その前にまずはLevi's デニムジャケットの簡単な歴史


古着好きの間で通称「4th(フォース)」と呼ばれるこのジャケット。

どうしてこう呼ばれるかというと、Levi'sがこの商品を発売するまでに3つの型のデニムジャケットを販売してきたから。1st、2nd、3rd、そしてこの4thというわけですね。

レプリカで紹介しますが、このボックスタイプのジャケットが1st。

特徴は左胸だけについたポケット。

オリジナルが製造されていたのは1930年代後半〜1950年代前半まで。オリジナルを古着屋で探そうものなら数十万はするお宝です。

続いて2nd。


着丈が短くなり、ポケットも両側に。オリジナルは1950年代前半からおよそ10年ほどしか生産されていません。

1stよりも新しいモデルですが、生産期間が短い=玉数が少ないので、こちらも古着屋でオリジナルを探すとボロボロでも数万円する高級品です。

そしてこれが3rdタイプ。


オリジナルは1960年代から製造されています。

ひと目でファッショナブルになったのがわかるデザインで、古着好きじゃなくても現代のコーディネートに取り入れやすいのが特徴。

このモデルをベースにデニムジャケットを作るブランドも多く、街で見かけたことがあるって人もいるのではないでしょうか。

冒頭にのせたぼくの4thモデルとは外見上の違いはあまりありません。しいて言えば3rdの方が着丈が短いことでしょうか。

と、Levi'sが作ってきたデニムジャケットの歴史を簡単に振り返ったところで、マイ4thモデルをば。


Levi's 70505(1970s〜)



写真 2013-10-21 7 36 55

着丈と身幅のちょうどいいバランスと胸元のV字ステッチ。これぞデニムジャケットというべきシルエットです。

そしてこの70505のいいところは、上で紹介した3モデルに比べてオリジナルが安く手に入ること。

製造された年代が1970年代〜と比較的新しいヴィンテージのため、着古されていないものがまだまだ多く、ファッションアイテムとしての価値のわりには値段が高くありません。今、状態が良いものを探しても2〜3万円くらいで購入できます。

それでもやっぱりヴィンテージ。着込んだときの色落ちも一級品です。そのあたりのバランスの良さがこのモデルの魅力です。

写真 2013-10-21 7 37 14

赤タブのeは小文字です。

余談ですが古いLevi'sの服はこのeが大文字のEになっていて、古着好きはビッグEと呼んでいます。eとEの違いだけでウン万円も差がでます。

写真 2013-10-21 7 37 48

おなじみのタグ。注目はMADE IN USAの表記です。

アメリカを代表するブランド、Levi'sですら現在はアメリカ国内に工場を持っていません。時代の流れとともに生産拠点を中米やアジアに移してしまっています。

なのでアメリカ製というのは結構貴重です。いずれなくなります。

ディティールをもう少し。これはフロント。

写真 2013-10-21 7 40 54


写真 2013-10-21 7 38 02

この感じ好き。1970年代以降に作られた生地ならではのキレイなブルー。

ちなみに縫い糸にもちょっとしたウンチクがあって、このオレンジの糸は比較的丈夫。これよりもっと古い年代のヴィンテージは黄色い綿の糸になります。

黄色い糸、雰囲気はいいのですがいかんせん劣化しやすく切れやすい。糸がホツレてると他人からボロを着てると思わてしまうので注意が必要。

そういう意味でもこの70505は初心者やライトな古着ファンにちょうどいいと思う。

写真 2013-10-21 7 38 25
 
太すぎず、でも細からずなアーム。

インナーに薄手のパーカーを着ることもできます。

写真 2013-10-21 7 38 33

続いて腰回り。

写真 2013-10-21 7 39 10

生地の目にそってサーっと落ちる色。ビューティフル。


以上、これが10年近く来たLevi's 70505の色落ちでした。

デニムジャケットはジーンズに比べるとどうしても着用する機会が少なくなりがち。なので色落ちが進むスピードは遅くなってしまうのですが、色が落ちてからの体への馴染み感はジーンズと同じ。

見た目もいいので、ハンガーにかければ部屋のインテリア・アートとしても活躍してくれることでしょう。

まぁ、これをインテリアと思えるのは相当な古着好きだろうけど。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる