フィルムカメラで撮るブログ

フィルムカメラ好きの日記です

SNSをやっているとまだたくさんのフィルムユーザーがいるかのように錯覚する。フィルムの作例は毎日流れてくるし、『こんなフィルムカメラ買いました!』という報告も日常茶飯事です。

しかし、それはほんの一部での話。カメラと言えばデジタルが当たり前で、街中でフィルムカメラを構えてる人なんてまず見かけない。流通するフィルムの種類も減る一方だ。

富士フイルムのNATURA1600もそうした流れに飲み込まれたフィルムの1つ。生産はすでに終了、出荷は今年(2018年)の3月で最後とのこと。

参考:写真フィルム 一部製品の販売終了のご案内

今回はそんなフィルムを試してみた話です。

0M4A9862

このNATURA1600は富士フイルムが2004年に発売したネガフィルム。ホワイトとグリーンを基調にした優しいパッケージはNATURAという名前にピッタリですね。

最大の特徴とはやはりその感度性能。ISO感度が1600なので暗い場所でもフラッシュなしで撮影が可能。また、ラチチュードが広くISO400までの設定で撮影できてしまうとのこと。

実際、ISO400で撮ると粒状感が抑えられていい感じに写るみたいです。



それにしてもISO400〜1600対応ってすごいな。これなら露出なんて超ざっくりでいいじゃない。ということで今回はNATURAに甘えて、あんまり細かく露出を計らずに撮影してみました。

カメラはライカM3。ツァイスのプラナー50mm F2を使っています。

4Z0A0028
Leica M3 / Carl Zeiss Planar 50mm F2 ZM / FUJICOLOR NATURA1600

まずは外から。快晴の日中ですが普通に写ってます。パッと見た印象では粒状感もISO400のX-TRAやウルトラマックスとそんなに変わりないように思います。

ISO1600と聞くと屋内や夜間を撮るイメージが強いんだけど全然そんなことなかった。

4Z0A0030

これも。普通に写ってる。

写真は肌に赤みが出ている気がする。でもこれはNATURAに限った話じゃなくて、業務用のISO100なんかもこんなふうに感じていた。もしかしたら富士フイルムの色彩設計がこういう方向性なのかもしれない。

4Z0A0031

カラフルな被写体も。これはすごくフィルムっぽく写りました。

改めてみるとクレープ屋って、なんというか『映え』な感じですね。これだけの種類のレシピを覚える店員さんはすごいなぁ。

そしてここからは屋内に。

4Z0A0029

原宿駅のコンコースで。だいぶ暗いけど写るには写ってる。もちろんフラッシュなしです。

これを見るともっと明る撮れたんじゃないかって思いました。

4Z0A0037

懐かしの黒ひげ危機一髪。たしかF2.8くらいで撮りました。

スナップ中心だとあまりシビアなピント合わせをしないのでだいぶ腕がなまってます。すごいピンボケだ。。。

4Z0A0014-3

これはキレイに写った例。長女とカフェラテタイムです。

この日は奥さんが次女と外出していたので久々に家で2人きり。子供も5歳ともなるとほとんど手がかからなくて、1人で絵を書いたり読書をするようになります。写真好きの父はこうしてキッチンからしれっと思い出を残したりしています。

4Z0A0025

おやつを食べてから昼寝をすることにしたんだけど...

4Z0A0026

なぜそこで?

暑いから床が気持ちいいのかなー。このあとタイミングを見てベッドに移した。

そういえばこのカットの白壁なんかは結構粒状感が目立ちますね。とはいえデジタルでこれだと嫌だけどフィルムならいっか、とも思える。


写真はここまで



というわけで初めてのNATURAでの撮影はここまで。NATURAの感度性能は評判の通りでした。屋内屋外、そして時間帯を問わず普通に撮れてしまいました。それでいて写りもISO400のフィルムと遜色ないんだからファンが多いわけですね。

このNATURAもいよいよ店頭で見かけなくなってきました。自分が定点観測しているエリアでいうと渋谷のキタムラでも在庫がなくなっています。ほんのちょっと前までは出ていたのに。

次第にヤフオクやメルカリだけでしか手に入らず...となっていくのでしょうね。興味のある方は早めに試しておきましょ。今ならまだ1本1000円程度で購入できます!

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

カメラに対する物欲は留まるところを知らない。気になるカメラやレンズは日に日に増えるばかりだ。

しかし、その一方で『カメラは今の手持ちがあれば十分だよなー』と思う自分もいます。

IMG_4871

現在メインで稼働しているフィルムカメラはこの3台。ニコンのFMにオリンパスのTRIP35、それにライカのM3。

スタンダードな一眼レフにレンジファインダー、それにコンパクトとその時々の気分に任せて買い足してきましたが、こうしてみるとタイプの違うカメラが揃いました。

交換レンズの焦点距離はすべて35mm〜50mm。一見守備範囲が狭いように見えるけど、通常のスナップや家族を撮るには問題なし。これで撮れない距離や構図はきっぱり諦めるようにしています。


Nikon FM

0M4A9804

FH010002
Nikon FM / Ai Nikkor 50mm F1.8 / FUJICOLOR X-TRA 400

FMは初めて買ったフィルムカメラで思い入れが特に強い。見た目も使い心地も信頼性に溢れていて、少しくらいヘビーに扱っても壊れない頑丈さがある。

『1台だけ手元に残せるとしたら?』と聞かれたらチョイスするのはきっとこのFMだ。長らくFマウントを継続してきたニコンは交換レンズが豊富だし、ある程度の焦点距離を揃えるにしても安く済みますしね。




OLYMPUS TRIP35

0M4A9834

FH000016
OLYMPUS TRIP35 / D.Zuiko 40mm F2.8 /  FUJICOLOR C200

TRIP35を使うのはとにかく楽をしたいとき。重い物を持ち歩きたくないとか、子供の相手をしながら撮影するときとか。写りももちろん良いんだけど、ぼくの場合TRIPは写りで選ぶという感じじゃないかな。簡単に撮れるからTRIP。

この写真を撮ったときもそう。自転車で橋に差し掛かったらちょうど夕焼けがいい感じで。すぐさまカバンに放り込んでいたTRIPを取り出して撮影したんですよね。

写真で見るとそんなに夕焼け感がないのが悔しい。。。もっと陽が落ちないと夕焼けっぽい写真にはならいないんだっていうのも学びでした。




Leica M3

0M4A9836

FH000015
Leica M3 / Summicron 50mm F2 / Lomography CN800

ライカM3は手持ちのカメラの中で群を抜いて値段が高い(笑)。なんだかんだあるけどまずはそこです。そのぶん気を使いますし、小雨の中で構えたりするのはいまだにちょっと抵抗があります。

それでもライカのデザインやシャッター音、ダブルストロークのフィーリングなどは他のカメラでは味わえないもの。これが10数万円で手に入るなら全然アリだよなって思えます。

現時点で出動回数が最も多いカメラですし、通したフィルムの数もM3が一番。一眼レフに比べ被写体に寄れないなど不便があることは事実ですが、使っていてとにかく楽しいカメラ。それがライカ。

似たような一眼レフを何台も買うなら、お試しでライカもいいんじゃないですかね?高いけど売ってもそれなりの値段になるから実質数万円です。




この3台がぼくの“スタメン”


もちろんこれ以外にもカメラは持っているのですが、それらはもらいものだったりして使用頻度はだいぶ差がある。なのでこの3台がぼくのスタメンカメラです。

個人的なカメラ需要・撮影需要はこの3台でじゅうぶん満たされていて、突発的な物欲に侵されない限りは今後もこの3台メインでいいかなと思っています。(この突発的な物欲が怖いのですが...中判もまだ持ってないし)

こうした組み合わせはカメラ好きの数だけあるんでしょうね。

使うのはドイツのカメラばかりって人もいるでしょうし、逆にカメラはニコン!みたいな人もいるでしょう。1台ですべてまかなう人もいれば5台くらいをうまくローテションしている人もいるはず。

スタメンカメラの組み合わせってなんだかファッション誌のカバンの中身企画みたいですよね。その人の性格や主義が伝わってくると言いますか。ぜひいろんな方のカメラ編成をのぞいてみたい。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

FH000003
Nikon FM / Ai Nikkor 50mm F1.8S / Fujicolor X-TRA400

いったい彼女は何をしているんだろう。何か手に付いたのかな。お皿はあるけど乗っている物が写ってないからどんな瞬間かよくわからない。

かろうじてわかるのは、これが2017年に撮った写真だということ。月の表示が消えているけど日付は何月かの30日だ。

ソファのクッションが1つないのは、きっと洗濯しているから。次女がジュースをこぼしたときがあった気がする。あれ以来、我が家では飲み物を持ってソファに座ることは禁止されている。

奥の壁には子供用の日本地図。たしかそのとなりには50音の表が貼ってあった。長女が覚えたから剥がしたんだけど、これから次女に必要なる。奥さんはあの表をどこにやったのだろう。

まったくもって特別じゃないこの写真。だけどわかることは思いのほか多い。やっぱりFMにデータバックを付けたのは正解だった。



こんなブログを書きたくなったのは、安達祐実オフィシャルギャラリーの影響。今月号のアサヒカメラで紹介されていました。

IMG_5734




安達祐実さんの夫でフォトグラファーの桑島智輝さんが撮るその写真は、自分がフィルムカメラを始めたときに良いと感じた雰囲気そのものでした。

写真を撮ってブログを書くたびに、少しずつ他人受けを気にすることが増えた気がします。もちろんそれは大事なことではあるし、だからこそスキルアップに繋がるとも言えるでしょう。

でも少なくともぼくは『写真表現の高みを目指す』みたいな人間ではないわけで。むしろ家族や友達との日常をフィルムで残せればもう十分、くらいに思ってます。

だけどなんだろう。

フィルムカメラってやればやるほど『フィルムはアジがあっていいんですよね』って気軽に言いにくくなりませんか?

『アジがあるからフィルム』だなんて素人の言うことで、大事なのは構図だ露出だと、自分で自分を縛っちゃう。好きで撮ってるのか使命感なのかわからなくなるあの感じです。

今回アサヒカメラで桑島さんの写真を見て見事にこの状態から解放されました。プロってすごいや。先述の安達祐実オフィシャルギャラリーもめっちゃいいんでぜひ見てみてください。

よーし。この夏は初心を思い出してもっともっと写真を楽しむぞ。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

vol.13まで毎週更新していたこのシリーズも、今月ついにその記録が途切れました。

理由はいろいろあるのですが、大きいのはゲーム・オブ・スローンズにハマったこととサッカーW杯が始まったことです。梅雨で写真も撮れておらずブログ全体の更新ペースが落ちてしまっています。イカンイカン。

こんなときは素晴らしいフィルムブログを見てモチベーションを補給だ!

filmnews14

直せないカメラ

『機械式カメラは修理さえすればずっと使える』とよく聞きます。しかし実際はもう直せないカメラも出てきているという話ですね。

言われてみればそうだよなぁ。アレモコレモさんのRolleiflex Standardなんて83年前のカメラと書かれてますもんね。今まで使えてた方がすごい。

こうした古いカメラを修理できる職人さんだってどんどん高齢化しているだろうし。

実は今の仕事を辞めたらカメラ修理を勉強しようと考えたりもするのですが、仕事となれば大変なことも多そうだ。このあたりは同年代で職人の道を目指している人がいたらぜひ話を聞いてみたいところです。




ツイッターに投稿した約束をしっかり守りましたよ、というお話です。誰にしたでもない約束ですが、こうして楽しむマインドは見習わねばですね。

記憶カメラさんとしては久々のスタンダードな一眼レフ。SMC Takumarはどんな写りをするのか。イチ読者として楽しみにしてます。

ちゃっかりM42マウントレンズの増殖フラグが立ってますね(笑)



トイカメラとおさんぽ♪at 葛西臨海公園レポート。

ぼくがフィルムカメラを始めたときにイメージしていた写真ってこんな感じです。すごく良い雰囲気でトイカメラらしい力の抜け方が最高ですね。

カメラ歴を重ねるとつい高い機材に目がいってしまいがちですが、そういうのをいったん忘れて楽しもうよと。そんなメッセージを勝手に感じました。



フィルムカメラを続けるということ

この悩みにすごく共感しました。

カメラを趣味にすると無理してでも写真を撮らなきゃいけないって思うことが時々あります。天気が悪かったり撮りたいものがないときにでも、です。

そういう状態で撮った写真に限ってイマイチだったりしてモチベーションが下がる負のループ。。。

ここから抜け出す方法として、新しい機材を買うとかフォトウォークに参加するとかがあるんでしょうね。

かくいう自分も雨のせいで若干モチベが下がり気味。今は好きな人たちのブログを見て栄養補給の真っ最中です。近々フォトウォークやカメラ好きの集いでも企画してみようかしら。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

2018年も半分が過ぎようとしています。

ここ数日は梅雨らしく雨がでなかなか写真を撮ることが出来ず、写真フォルダを眺める日が増えています。

そのときにふと『2018年のベストショットを選んでみよう』と思い立ちました。

せっかく写真をたくさん撮っているわけですし、この機会に自分はどんな写真が好きかを振り返っておくことはそれなりに大事な気がする。それに『ベストショット』って企画なら写真1枚でブログ記事になってしまうし。

そんなわけできょうは、2018年の上半期に撮った中で一番好きな写真をのせてみる。


2018年 上半期のベストショットはコレ



FH000016-2
OLYMPUS TRIP35 / D.Zuiko 40mm F2.8 / FUJICOLOR C200


これは4月に家族で近所を散歩をしたときの1枚。4月はバタバタしていてあまり家族で出かけられなかったんですよね。この日はみんなの休みがピタッと合って『きょうを逃したら今年はお花見せずに終わっちゃう!』と、慌てて近くの川に繰り出しました。

ベストショットがピンボケかよ!はおっしゃる通りで、完全にこっちのスキルの問題です。

でも、この写真はそれを差し引いても楽しそう。この時期、この年にしか撮れない写真ってことでベストフォトにしてみました。

(とはいえ、ピンが合ってたらもっと良かったのに...とは思っています)



ブログを書くために調べてみたらこの半年で30本以上のフィルムを使っていました。枚数にすると1000枚近くになるでしょうか。こうして数字にすると結構ですよね。

その中には気合いを入れて撮ったものもあれば、そうでないものもありました。

でも、どの写真にしても『そこでシャッターを切った理由や想い』みたいなものは必ずある。写真を見直していると、それが程よく思い出されてずいぶん気持ちよくなってしまいました。

我ながら良い趣味に浸っているんじゃないかな。



▼この写真と同じカメラ(オリンパス TRIP35)で撮った写真はこちらの記事にも。ピントがあえばもっとしっかり写ります!!





=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

↑このページのトップヘ