blog@sutougen

フィルムカメラについて書くブログ。Nikon FM / OLYMPUS TRIP 35を使っています

IMG_4043

増えてきたネガを整理するためにネガアルバムなるものを買いました。

IMG_4044

中身は非常にシンプルで、ネガを入れておくスリーブとちょっとしたメモ書きができるインデックスのみ。たぶんネガは『現像した店舗の袋に入れっぱなし』という人も多いと思うのでこうしてまとめられると便利ですね。足りなくなってきたらスリーブだけを買い足すこともできるようです。

これでフィルムカメラのデータはネガ・現像時のCD・クラウドと3段階のバックアップ状態。ちょっと整いすぎな感もある。処分するとしたら…CDなのかなぁ。

こんな感じで我が家には時代と逆行してフィルム関連グッズが増えているのでありました。それでは。


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

こう書くとちょっと誤解を生みそうなので説明していこうかな。

デジタルカメラで育ってきた自分にとって、カメラはどんなものでも撮れてしまうものだった。遠いものでもズームできるし、暗い場所でも補正が効く。写真もSDカードに保存するから撮影枚数はほぼ無限だ。

対してフィルムカメラ。撮影枚数や露出の制限は当たり前だけどデジタルの比じゃない。ちょっと暗い室内でも苦労するレベルだ。デジタルとフィルム。カメラ本体のサイズは似ていても出来ることの数はまったく違う。

でも、そういう時代だったからこそ、メーカーは機能を特化することでカメラに作り手の思いを乗せてきたんだと思う。『今回のカメラはこう使って、こういう写真を撮ってくださいよ』みたいな。

これは、先日購入したTRIP35を使っていて強く感じたこと。

FH000008
OLYMPUS TRIP 35 , D.Zuiko 2.8 / 40 , Lomo color nega400

コンパクトなサイズとオート撮影でとにかく撮影が進む進む。フォーカスもゾーンフォーカスだからピント合わせは『こんなもんでいっか』。適当だからこそピントを合わせに時間がかからない。単焦点40mmという画角も50mm以上に街中のスナップ向きだろう。シャッター音もささやかで、撮る人、撮られる人の双方にとって気軽だ。

実はこのへん、撮影のときはあんまり意識せずにいたのだけど、現像上がりを見たときにいつもとは違う写真ばかりでめちゃくちゃ驚いた。

FH000007
OLYMPUS TRIP 35 , D.Zuiko 2.8 / 40 , Lomo color nega400

散歩中でも通勤中でも、いいなと思った瞬間にすぐにシャッターを切れる。

こんなふうに昔のカメラは、出来ることが少ないからこそ作り手の思いが伝わりやすい。デジタルは出来ることが多いが故に何を撮らせたくと作ったカメラかを感じにくい。間違ってたらごめんなさい。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

あ、これはデジタル一眼をメインに売っているお店ではなく、中古のフィルムカメラを雑多に置いてるお店のことね。

IMG_3972



こないだ新宿でOLYMPUSのTRIP 35を買ったときの話なんだけど、そのとき寄ったお店が面白かった。

まず驚くのが、ざっくりすぎる陳列。1つの商品がそこかしこに散らばっていて非常に探しづらい。よく言えば宝探し感覚。


高さ5段ほどのショーケース、探していたOLYMPUSの棚を横に見ていくとTRIP、TRIP、PEN、OM-1、PEN、TRIP、コニカ(なんで?)。一段下も、そのまた下も同じような感じ。まさにカオスだ。


そんな中で、お目当のカメラの在庫と値段をチェック。ここにあったTRIPはどれもほぼ同じ値段で外観も似たようなものだった。となれば、あとは実際に触ってみないと判断できない。

ということで店員さん(もちろんおじさん)にカメラを出してもらうのだが、そこからがまた面白い。商品に対する店員さんの姿勢がまるで他人事なのだ。


初めてのTRIPに興奮しているぼくを尻目に『あーこれはオートが効かないなぁ』『あれ、こっちはファインダーが…』『お、こりゃいいや』とボソボソ。

ちょっと待てwwwあなたもそれ初めて見るの?

普通なら『こっちの個体は最近入った良品です。一方こっちはここがダメだけどその分安くて…』みたいな説明が入るところじゃない。だけど、ここの店員さんのしゃべりは明らかにぼくと同じ、そのカメラに対してのファーストリアクションそのもの。口八丁手八丁でカメラを売るのが仕事なのにこの姿勢だ。

これが神経質な人であれば『自分の店のことなのにけしからん』『やる気あんのか』ってなってしまうことだろう。その気持ちは大いにわかるし、ことカメラ以外で言えばぼくもそういうお客さんかもしれない。

しかしだ。

結局ぼくはその店でカメラを買った。極端に言えば、その正直さこそがカメラを買った理由である。『ファインダーもキレイだし、中身もすべて生きてる。あとはほら、レンズキャップとフィルターもついてるよ。これだけ1000円するからこれがいいんじゃない?』という説明に納得してしまったのだ。

ものすごい上から目線だし、『これがいいんじゃない?』の言い方も吐き捨てるような感じだった。でも、それが妙に信頼できるというか。フィルムカメラというマイナーな道を行く者同士、そこに嘘はないと思えたのだ。

新宿には中古フィルムカメラを扱うお店がかなりあるのだけど、どのお店にもこうした傾向があると感じた。まぁフィルムカメラのお店にくる時点でお客さんには相当な熱量があるはずだから、これでもいいんだろうな。

こうしてぼくは新しいフィルムカメラを手に入れた。せっかくのコンパクトなので、平日からガシガシ持ち出したいと思っている。


================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

↑このページのトップヘ