区役所や市役所の人は日々精一杯がんばってるはず。非効率的なシステムに対し、若い公務員もきっと憤っている。『いくら上司に言っても変わらない』と。

そう思っていないとやりきれないようなことが、最近自分のまわりでいくつかあった。



駐輪場を契約するだけなのにすごく時間がかかる



我が家は駅から歩いて10分ほど。今まではPodcastやらRadikoを聞きながらのんびり歩いていたのですが、昨年末の転職を機に忙しさが倍増。10分歩くんだったらお金かけても駅前の駐輪場を月極契約してしまおうとなった。

ところが。

この手続きに時間がかかるのなんの。順序としてはこう。
  1. 駐輪場の事務所が開いている時間に申込用紙を記入しにいく
  2. 2週間後、自宅に利用カード(IC)が届く
  3. そのカードを持って月末までに駐輪場の精算機で月極料金を支払う
  4. 支払いが終わったら翌月から駐輪場が利用できる
こんな感じ。

これって当たり前なんですかね?駐輪場の月極契約なんて久しくしていなかったので、地元がどうだったかはもう忘れてしまったけど、とにかくめんどくさい。

webで申し込んで翌日から利用開始!とならないものだろうか。

保育園入園が決まるのが2月



これは今奥さんがギャーギャー言っている問題。4月に認可保育園に入園するための抽選結果が出るのが2月だという。

これって結構期間短くないですか?

入れたらいいけど入園できない場合はどうするんだろうか。

認可保育園に入れなかった人は、4月までの1ヶ月ちょっとの間に入れる認証保育園を探すか、会社に時短勤務の延長 or 退職を相談しなければなりません。

そもそも募集の時点でうちの地域の認証保育園の空き人数は各年齢1〜2人という狭き門。そんな中、奥さんは入園の書類を揃えて数駅離れた役所まで紙の書類を提出しに行っていた。

それから2月までの間は、入れるかもわからない保育園の説明会にいくつも足を運ぶわけです。

こんなのどう考えても不便でしょう。

日本死ねとまでは思わないけど、もうちょっとうまくいかないんでしょうか。

役所で働く人たちは精一杯がんばっているのはわかりますが今回はそこをいったん無視して、100%自分の都合だけを述べさせていただきました。

失礼しました。