今年に入り突如としてカメラ熱に侵されています。

 子供と近所の公園に行くにも一眼レフを持っていくし、カメラの展示会CP+にも今年始めて足を運んできました。


で、こうしてカメラを頻繁に使うようになると気になってくるのが写真の質。

ぼくが今使っているのはcanonのEOS kiss x7iという一眼レフ入門機。2013年に購入し、主に家族で旅行するときに使ってきました。

このx7iに特別不満があるわけではないのですが、写真の世界を知れば知る程に『上位の機種で撮ればもっと良い写真が撮れるかもしれない』ということがわかってくるんですよね。

もちろん一番大事なのは撮影する人間の腕であることは事実。

しかし、その未熟な腕をカメラがカバーしてくれるとしたらこんなにありがたいことはない。できるなら子供の写真もより高いクオリティで残していきたいし、自分自身一応映像ディレクターでもあるし…

さらに都合の良いことに、最近x7iで撮った写真をよくSNSにあげているんですが、それを見てくれていた前職の後輩女子から『ストウさんが使ってるカメラってなんですか?』とLINEが来た。

やりとりをしているうちにいまぼくが使っているx7iを彼女に譲ることになったんです。偶然ですが新しい一眼レフを買う元手が転がり込んできたんです。これはもう新しい一眼レフを買うしかないでしょう。


2機種まで絞ったところで決められなくなった…



そんなわけで現在カメラ情報を収集中なのですが、ある2機種まで当たりをつけたところでどうにも選びきれなくなってしまいました。

その狙っているカメラというのがCanonのEOS 6Dと5D markⅢという2つのカメラ。どちらも発売はちょっと古いんですが、フルサイズの一眼レフ。APS-Cだったx7iのワンランクを上を行くカメラです。

6Dはフルサイズの一眼レフとしては小型軽量で、価格も新品で14万円前後と手頃。しかも中古なら11万くらいで手に入ってしまう。

一方の5D markⅢは、プロカメラマンや映像制作の現場でも使われるほどのクオリティを備えたカメラ。ぼくも会社ではこの5Dを使うことがあります。

新品では20万超えと手が出ない5Dですが、中古であれば17〜18万で売られていて6Dの新品との価格差はわずか数万円。もしかしたら5Dを選んだ場合の方が後々後悔は少ないのかなと。そう思っています。 

映像ディレクターという仕事上、正直もしも仕事で持ち出すなら5Dの方がカッコがつくというのもある。

…いや待てよ。

6Dにはもうすぐ2代目が発売されるという噂があるんだった。もしそうなれば、今売られている初代6Dの価格は必然的にぐっと下がる。であれば、いったん一眼レフの購入自体をストップし、6Dの型落ちモデルを今よりさらに安い価格で買い、それを使い込んでからもっと良いカメラを狙うという将来設計も出来るのはないか?

そうだ、どこかで『カメラはボディよりもレンズ』という話を聞いたことがある。写真の映りはボディではなくレンズが決めるから、本体よりもボディにお金をかけなさいと。それなら6Dの中古が最良の選択肢ってことなのか?

こんなことが頭の中を堂々巡りしていてどうにもこうにも一歩が踏み出せない。自分に合うのはいったいどんなカメラなんだろう。カメラを選び終えても、次はレンズ選びの葛藤が待ち構えている。

一眼レフ道はとても険しいとわかってきた。 

 =================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ!  follow us in feedly
LINEで読者になる