年間100冊の本を読むことを目標にした2017年。1月と2月で11冊の本を読みました。

で、3月に読めた本は5冊。『どうやら自分の読書スピードじゃ月5冊くらいが限界かも…』とは思いつつ、ここで弱気になってもしょうがない。今月も読んだ本もどれも面白かったので、1冊ずつメモしていきます。

12.熱狂の王 ドナルド・トランプ


IMG_0979

ピュリッツァー賞授賞ジャーナリストのマイケル・ダントニオ氏が書いたトランプ本。トランプ大統領の幼少期から現在までを、周辺へのインタビューなどを通して徹底的に追ってものですが、書かれているのは261ページに渡って『いかにトランプ大統領がめちゃくちゃで嫌われているか』でした。

トランプ大統領といえば、メディアでも報じられる通り周囲への接し方などは非常に不快なものがありますが、その反面自分が欲しいものを何としてでも手に入れる意思の強さと手腕は見習うべきものがあります。

これを読むとちょっとだけトランプ大統領へのリスペクト度が高まるんじゃないでしょうか。


13.教団X


IMG_1184

本好きの間ではかなりの人気を誇っていた教団Xもようやく読めました。

ボリュームがありなかなか読み進めるのが大変でしたが、後半一気にストーリーが加速してのめり込んでしまいました。本の表紙通りの中身だなと思いました。



14.巨流アマゾンを遡れ


IMG_1271

『謎の独立国家ソマリランド』で知った高野秀行さんのアマゾン紀行文。旅好きなら素直に楽しめる本ですね。

そういえば本の中で高野さんの友人が強盗にあったエピソードが紹介されていますが、石田ゆうすけさんの自転車世界一周本でもたしかチリかペルーで強盗にあって銃を突きつけられたことがあったはず。

改めて南米の治安の悪さを感じてぞっとした。


15.鬼速PDCA


IMG_1272

kindleセールで安くなっていたのでポチ。

そういえば最近は文学が多くてこういうビジネス本を読んでなかった。仕事のやり方の参考になるし、単純に仕事をするうえでモチベーションをあげるガソリンみたいな役目も果たしてくれる。

なのでこういう仕事術的な本もたまに定期的に読むのがいいんだろうなぁ。

内容としては『目標・仮説を立てて、実行して検証して〜』っていうPDCAの基本を深く深く掘り下げた筆者のPDCAの回し方を紹介しているものです。

余談ですが筆者の会社ではこの本に書かれているのと同様のことを社員にもやらせているそうです。こういうのは個人だけじゃなく会社やグループ全体にノウハウ共有してやるとより大きな成果が出そうですね。



16.金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ


IMG_1273

元ライブドア永江さんのブログエントリまとめ本です。

マーケティングについての本ではなりますが、顧客視点を徹底する永江さんの考え方はすべてのビジネスマンに通じる部分があります。実際、自分は動画制作を仕事にしていますがそれでもかなり参考にできることがあり、読んで非常に良かったと思える本でした。

そういえば永江さんはぼくと同じ調布市民であるということで、勝手に親近感も感じています。



ということで3月終了時点の読了冊数は16。このペースでいくと年間64冊と大きく目標からショートしてしまいそうです。

もちろん読めばいいってわけではありませんが、 一応目標として決めたのでがんばってペースあげていこうと思います。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる