きのう、我が家に母がやってきた。

母の出身地である山形県の親戚から丸ナスの漬物が届いたので、それを食べさせたくてわざわざ直接もってきたのだという。

IMG_3090

東京出身のぼくですが、両親はともに山形の生まれ。だから、実家ではこうした田舎っぽいものがよく食卓に並びました。

中でも丸ナスの漬物は『夏といえばこれ』みたいな食べ物で、子供のころはそれこそ空気を吸うかのように食べていた記憶がある。

それを覚えていたのかいないのか、母はこの漬物を渡すためだけにうちに来た。(実際、うちでの滞在時間はたった15分)

同じ東京に住んでいるとはいえ、我が家と実家とは電車で1時間ほど。しかもぎっしりとナスが入った瓶×2はそれなりの重さ。60歳の女性にとってはなかなかの負担だろうに…

こういうの、本当に感謝しかない。ラッパーじゃないけど、マジ親に感謝。

『こういうことができる親になりたい』って思える親のもとに生まれたのは素直に幸せ。次はこの恩を自分が子供に返す番なんでしょうね。

そんなことを考えていたら魔女の宅急便のニシンとかぼちゃのパイのシーンを思い出した。あの映画も久々に見たいなぁ。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる