blog@sutougen

東京に住む32歳会社員。ミニマルライフ・一眼レフ・デニム・ほぼ日手帳・インデックス投資についてよく書くブログです

2015年03月

前回までのあらすじ

・スマホ通信料金を少しでも安くしたいと思い
・バカ高いauを解約してワイモバイルにmnpした
・使い終わったiPhone 5s 32GBはゲオで売り、残金に充当予定

というわけで今日、ゲオにiPhone 5sを売ってきました。2日前に見積もり出してもらったときのエントリがこれ。

参照:いま、キズありiPhone 5sを買い取りしてもらったときの価格は? : blog@sutougen

2015-03-28 iphone5s

その時点での買取金額は9900円。
au版iPhone 5sはMVNOのsimも使えないし、これから安くなる一方だろうからこれくらいでもいいかなーなんて考えてました。一応ウェブや秋葉原でもっといい値段で買い取ってくれる店を探そうとも思いましたがめんどくさくて断念。発送の手間とか店をハシゴする手間をかけたくない。

というわけで見積もりを出してもらってから2日後のきょう、3月30日にゲオに行ってきました。
その結果・・・

BlogPaint




っ!!

2015-03-31 ゲオ買い取り 2


なんと!7000円も上がってるじゃないですか!
まさかのサプライズです。

たしかに見積もりでは『あくまでこの金額は現時点のもので、明日以降売られても同じ金額になるかわかりません』的なことは言われた。でもそれって『今なら高く買取るけど明日からはもっと安くなっちゃいますからね。ぐへへ』みたいな流れが一般的。結果まさかこっち方向にいくとは・・・ゲオ恐るべし。4/19までやってる買い取り10%アップキャンペーンも効いてますね。

とりあえずこの買い取りとワイモバイルのキャッシュバックで今回auを解約するにあたって出た赤字はすべてチャラ。うれしい誤算で踊るように自転車こいで家に帰ってきました。
これで毎月の通信料は4300円に。どんどん安くなっていきますね。


=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

ZenfoneだMVNOだなんだと悩んだスマホ料金圧縮作戦もきょう終結。

とりあえず今使っているau版iPhone 5sからワイモバイル版nexus5にmnpしてきました。その理由をいくつか書いていきます。

2015-03-30 nexus5

先に今のぼくの通信手段を説明しておきますと・・・
  • 端末はau版iPhone 5s
  • auスマートバリュー適用で毎月のスマホ料金は5700円。もっと安くしたい
  • 端末の支払いは約17000円残ってる
  • 11年以上使っているため、解約料は更新月じゃなくても3000円で済む

解約するだけ約20000円かかる状態です。これにmnp手数料2000円と、キャリアにしろMVNOにしろかかる、新しくスマホを使うための事務手数料3000円を足した25000円っていうのが今回スマホを変えるのにかかる赤字総額になります。
今使ってるiPhone 5sを10000円で買い取ってもらったとして赤字はとりあえず15000円にまで減ります。

関連:いま、キズありiPhone 5sを買い取りしてもらったときの価格は? : blog@sutougen

移行先はY!mobile


肝心の移行先ですが、ワイモバイル版nexus5か楽天モバイル版Zenfone 5かで悩んでたんですね。どちらを選んでもこのままiPhoneを使い続けるより長期的にみて安くなるのは確実なんです。

とはいえ移り変わりの早いスマホ業界、次にどんな機種・プランが出てくるのかがわかりません。だからなるべく早く赤字分を取り戻し、月々の支払いで得する状態にもっていきたいんです。

そこでポイントになったのがワイモバ版Nexus5の『本体一括0円+キャッシュバック』というお得極まりないキャンペーン。本体が完全無料で手に入り、さらにキャッシュバックまでもらえちゃうというもので、毎年3月とかはこういう案件が豊富に出回るようです。


こんな感じで。

楽天モバイルのZenfoneの場合、いくら安いといってもスマホの本体代金が26400円かかります。Zenfoneより性能のいいNexus5が無料になるなら悪くない。しかもワイモバイルにMNPして安くなるのはドコモかauを使っているユーザーのみ。MVNOからワイモバイルに戻ろうとしても特典はつかない。そこは今auを使っているメリットだったりもします。

結局上記のツイート同様、10000円キャッシュバックの店でNexus5を購入しました。
これで先ほどのスマホ解約に関わる赤字は15000円からさらに減って5000円に。これならあっという間に赤字を取り戻し、月々の通信料をiPhone時代よりも安くできます。

あとはこれをいつまで使うか


今後さらに通信料を安くしていく方法としてMVNOへの移行があげられます。0円のnexus5はsimフリー端末なので、あとはsimを差し替えるだけでMVNOを使うことができます。仮にワイモバイルの縛り期間である2年を待たず、10000円の解約料を払ったとしても端末残金などなくスッキリMVNOを使うことができます。

MVNOの料金は競争が進んで今後さらに安くなるだろうし、そうなれば10000円の解約料もすぐにペイできそう。Nexus5は発売されたのがもう2年も前の機種なのだけど、半年前に登場したiPhone 6と同等(かそれ以上)のスペックなので、ゲームなどをしない自分の用途であれば長く使えるんじゃかっていうのもある。

キャリアのiPhoneの場合どれだけ長く使っても毎月の料金は同じだったけど、simフリー端末は本体を長く使えば使うほど実質料金が下がっていくような感じ。とりあえずはこのnexus5を大事に使っていくのが最適解かと思っています。


次回:『結局Y!mobileにMNPして月額料金はいくらになった?』


*追記
詳しい人からアドバイスいただけまして・・・とりあえずこの選択が失敗じゃなさそうで一安心しました。ありがとうございます。



=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly



はい。9900円でした。

これはきょう(2015年3月28日)ゲオで見積もりだけをしてもらった金額。状態としては、何度か地面に落としたiPhoneで『角にキズあり』『付属品ナシ』でこの値段でした。金額的には可もなく不可もないくらいでしょうか。 


・通信料を安く抑えたい

そもそもぼくが今契約しているau版iPhone 5sを手放そうとしている理由はたったひとつ。そう、通信料金の高さゆえです。ぼくの現在の料金はauスマートバリュー適用で現在5700円。これをなんとか安くしたいと考えています。

参照:au iPhoneを2GBプランに変更してせめてもの反抗とする : blog@sutougen

今のところ候補はワイモバイルのNexus5か、楽天モバイルのZenfone5。

Nexus5を選ぶメリットは、10分以内の電話が月300回まで無料なことと、今ならキャッシュバックがついてて早めにiPhoneの残高を相殺できそうなところ。デメリットは2年縛りとMVNOよりやや高いこと。

一方の楽天モバイル版Zenfone5のメリットはとにかく安いこと。

端末代金26400円、通信料金が1600円ほど。電話さえ乱用しなければかなり安い。ワイモバイルよりさらに一回り安い感じです。デメリットはNexus5に比べれば端末スペックが低いこととくらいかな。あとカメラがイマイチっていう評判も少し気にはなる。 うーん。

1400円しか安くならないけど端末もいい感じのワイモバイルNexus5か、とにかく安さのZenfoneか。これが29歳会社員のいま一番の悩みです。スマホに詳しい黒いうさぎさん的な人とかならどうするんだろう。


次回:『結局Y!mobileのNexus 5にMNPしました』

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ!  follow us in feedly  

副業を本格的に初めて半年。今月は過去最高の収入になりそうです。

参照:給料やボーナスに一喜一憂しないためにも副業しようぜ : blog@sutougen

これまで副業のメリットをいろいろ書いてきましたが、またひとつ副業のいいところを。それは浪費をしなくなることです。

2015-03-27 副業のメリット

お金を稼げば、その大切さに気づく

会社から給料をもらっているだけのときにはあまり意識しなかったんですが、副業を始めてお金を稼ぐことの大変さを実感しました。ぼくの場合の副業というのはブログだったり、動画編集だったりするんですが、そのどれも決して楽して儲けるというものではなかったからです。

自分がリンクを貼った商品が売れても報酬はその数パーセント。ココナラなどのクラウドソーシングサイトで動画編集の依頼を受けても3割はサイトに持っていかれる。そんな中で自分なりにいろいろ考えて、時間をかけて行動してお金を稼げるようになっていく。ケチになるわけではないですが、そうして稼いだお金だからこそ自分にとって有益なことに使いたいと思うようになったんです。

例えば飲み会や好きなファッションについて、果たして払ったお金だけの価値があったのか?最近ではそんなことを考えます。どうでもいい飲み会や価値に見合わない服に自分が稼いだお金を使うのはもったいないなぁと思います。


稼ぐことと使わないことでお金が増える

このように副業でお金を稼げるようになると、副業前よりお金を使わなくなるんです。その結果として貯金が増えました。そもそもお金を増やすための基本は『収入を増やす』『支出を減らす』かです。副業をすることでその2つを同時に手に入れることができます。

がんばって稼ぐ→お金増える→がんばったお金だからくだらないことに使わない→お金さらに増えるっていうループができました。もちろんただお金を使わないというわけではなくて、逆に本当に自分がいいと思っった本やイベント、集まりなんかには積極的にお金を使えるようになりました。


どうしても副業っていうと雑誌で見るような『週末だけで月収30万円!』みたいな、誰でも簡単にお金が稼げるイメージがありますが、そんなラクなことはありません。だから最初に気合い入れてやって続かないっていう人も多いです。それでも少しずつでもコツコツとやっていけば得られる学びがきっとあります。お金はそのあと。まずはふだん自分がやらなかったことに挑戦して勉強した結果、さらにお金が増えるっていう意識で取り組むのがいいんだと思います。

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

動画編集をナリワイとする者として、これから動画編集をちゃんとやりたいって人にひとつアドバイスするとしたら『マルチディスプレイは超快適だからさっさと導入しろ』ってことですかね。980円のケーブルで出来ます。

参照:ムービーで余興やサプライズするために読んでもらいたい記事まとめ : blog@sutougen

参照:テラスハウス風余興ムービーのタイトルを簡単に作ってみる : blog@sutougen

2015-03-24 マルチディスプレイ2



大画面でやる動画編集は快適

なぜ動画編集をマルチディスプレイでやるかっていうと、とにかく作業領域が広くて快適だからです。動画編集っていうのは大画面と最も相性のいい作業とすら思えます。
大画面で編集することによりいちいち動画編集ソフトと原稿を打つワープロソフトを切り替える必要がなくなって、編集のときにかかるストレスはかなり減ります。あと編集している映像のプレビュー画面も大きくなるし、素材を並べるタイムラインの横幅も広くなってたくさんの素材を俯瞰することができます。

このあたりのメリットは実際に編集をしたこと人にしかわかってもらえないかと思うけど、こうした細々としたストレスがなくなると編集スピードやクオリティがグンとあがる(気がする)。やっぱりこういう仕事は何事も自分がいかに気持ちよく作業できるかでかなり結果が変わると感じています。

2015-03-24_マルチディスプレイ1

高い外部モニターよりまずは980円のケーブルでお試し

大画面、マルチディスプレイ化をするときに必要になるのが、メインパソコン以外のディスプレイ。こういう場合まず第一候補になるのが外付けの外部ディスプレイだと思います。ぼくも最初はこれを検討していたのですが、Amazonで良さそうなもの探すとどうしても15000円くらいにかかっちゃうんですね。

まぁずっと外部ディスプレイを使い続けるっていう人とかお金持ちにはいいかもしれないけど、もしもお試し程度で考えているんだったらそこまでのお金を払う必要はありません。上であげたケーブルを使えば、自分のMacとテレビをケーブル1本でつなぐことができます。これは本当に素晴らしいんです。値段も980円と激安。Amazonでも相当売れているようでたくさんのレビューがついています。ネガティブレビューもありますが、ぼくが使っているものは何も問題ありません。

あと『テレビを外部ディスプレイにする』っていうのも地味に重要。こうすることで外部ディスプレイにスペースを取られることがなくなります。ただでさえ狭い机の上に大きなディスプレイを追加するよりも、自宅にある資源を有効活用してスペースを確保しましょう。
ちなみにうちのテレビはPanasonicのVIERA、パソコンはMacbook proですが不具合なく接続できています。


一度大画面で動画編集しちゃうともう13インチとかの画面じゃ満足できなくなりますよ!

↑このページのトップヘ