blog@sutougen

フィルムカメラについて書くブログ。Nikon FM / OLYMPUS TRIP 35を使っています

2015年05月

どんどんモノは捨てるタイプなんですが、さすがに今日これを捨てるときには涙が出そうになったぜ。

2015-05-31 converse1

関連:日々、なにかを捨てていくという暮らし : blog@sutougen

このコンバースのオールスターを買ったのはだいたい10年前、ぼくが大学生のとき。八王子の古着屋で見つけた。古着屋にあったスニーカーではあるけど、作られてからまだ誰にも履かれていない新古品、古着界隈ではデッドストックと呼ばれるモノだった。

とはいえ普通の人からすればただ新品のオールスターをABCマートじゃなく古着屋で買っただけってことになる。なんでわざわざ古着屋でデッドストックを買ったのか?

その理由はこのオールスターがアメリカ製だったから。
古着やビンテージ品を愛する人からすればアメリカ製であること、タグにMADE IN USAと表記されることはある意味ブランドのようなもので、市場で流通している古着のほとんどがアメリカ製かそうでないかでずいぶん価値が変わってくる。

コンバースに限らずリーバイスとかチャンピオンなど、古くに創業したアメリカンブランドは当然のようにアメリカに工場を置き、製品を作り続けてきた。しかしアメリカが豊かになると工場で働く人たちの人件費は高騰。多くのブランドが工場をアジアや中米などに移し生産するようになった。

そして時代の流れとともにMADE IN USAは姿を消していった。

だから古着界隈でアメリカ製っていうのは、すごく単純に言えばより古いモノを表す記号。ブランドによりアメリカ製じゃなくなった年も違うので、生産国を見ればその服が作られた年代を推測することもできる。
一方、デザイン的観点からいえばタグに『MADE IN CHINA』って書いてあるより『MADE IN USA』とある方がサマになる。そんなところだ。

あとよく『アメリカ製のころのコンバースは細身でカッコイイ』とか言われるけど、ほとんどの人にはその違いがわからないだろう。というか、それを言ってる当人でさえ生産国の違う2つのコンバースを前にアメリカ製の部分を隠されたら、どっちがアメリカ製かを当てることはできないのではないだろうか?

と、このスニーカーを見ているといろいろ語りなくなるんだけど、まぁ確かなのはこれを気に入って長く履いてきたってこと。もともとMADE IN USAの表記があったヒール部分も削れてしまい、どこ製なのかはもうわからない。

2015-05-31 converse3

かろうじて、インソールのロゴの下にMADE IN USAの面影が残っている。
この表記があるかどうかで、このスニーカーの価値はまったく変わるのだ。今、このコンバース・オールスターのデッドストックには、ABCマートで売っているものの3倍以上の値段がついている。

2015-05-31 converse2

スニーカーでもここまで履けばもうじゅうぶんでしょう。これじゃさすがに人前に履いていけない。

最後に感謝を込めてこのスニーカーの写真を撮り、またこんなふうに愛せるモノと出会えることをお願いしてお別れ。ありがとうコンバース!

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

2015-05-29 jinsメガネ3

JINSのメガネを使っています。デザインもよく値段も10000円しないのでお気に入りです。

ただ、唯一の不満は掛け心地。

これが値段相応で、正直に言うとイマイチでした。緩すぎたりキツかったりでなかなかしっくりこないんです。それを店舗で調整してもらったりセルフ微調整したりすることで使ってきました。

しかし、それから2ヶ月。なんだかメガネがまたちょっと緩くなってきました。

下を向いたときや夕方、顔面がオイリーになったときによくずり落ちるてくるようになった。

『鼻パッドや先ツルはこないだ調整したのになぜ…』
 
あとはどこをどうすればこの症状が直るのかちょっと悩みましたが、メガネのある一点をチェックしたら拍子抜けするほど簡単に掛け心地が復活しましたのでお知らせします。

2015-05-29 jinsメガネ4

メガネは使っていればネジがゆるんでくる



その一点が、ヒンジと呼ばれる可動部分

このヒンジ、メガネの購入直後はかなりきっちりネジが締まってます。それがメガネをしばらく使ううちに緩んできてしまうんですね。

でも大丈夫。ここはネジをドライバーで締め直すだけで簡単に掛け心地が戻ります。

では早速調整してみましょう。

ドライバーで締めるだけ



といってもやることは単純。

緩んだネジを締め直すだけなのでドライバーがあればOKです。今回は家にあったこのドライバーを使ってやりました。

2015-05-29 jinsメガネ1

このドライバーは精密ドライバーというもので、実は以前Macbook Proの裏蓋をあけるのに使ったもの。これがメガネのネジにピッタリでした。

2015-05-29 jinsメガネ6

※たしかにMacbookのネジと比べると似たようなサイズ

ここで注意しなきゃいけないのはあんまりきつく締め過ぎないことと、ネジ山のサイズに合うドライバーを使うこと。これはメガネに限らすほとんどのネジでそうですね。

2015-05-29 jinsメガネ5

グイッ。これだけです。

たったこれだけでメガネの掛け心地が完全に復活し、ずり落ちないジャストフィットメガネに戻ってくれました。ネジを締めるなんて些細な作業ですが、これが掛け心地にめちゃくちゃ大きく影響してくるんですね。勉強になりました。

というわけでメガネをかけている人は調整用のドライバーは必須です。調整のためにわざわざ購入した店舗に持ち込むのもめんどうですしね。




==================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

先日台湾に行ってきました。

関連:台湾はメシを食いに行くだけでも価値があるユートピア : blog@sutougen

うまいメシを食いビールを飲み、いい気分で夜道を歩いているとどこからともなく声をかけられた。

IMG_20150518_210708

『オニーサンオニーサン』

2015-05-28 台湾1

来ましたキャッチのおばさまたちが。こっちはほろ酔いだがここで弱みを見せてはいけない。毅然とした態度でお断りしようとしたとき、おばさまが渡してきたカードを見て思わず笑ってしまった。

2015-05-28 台湾2

なんなんだこの日本語は。
見出しが『綺麗マサヅーャソター』って。オカシイダロウ!

サービス内容も『ツイナ(チャイニーズマッサージ)』って。これ本当はチャイナか?
2のスペシャルマッサージも(れかい かれい)って。『わかい きれい』なのか?

『お客様のお部屋まで伺います』なんて完璧に書ける人がいるくらいなんだから、ほかの部分もその人に監修してもらったら良かったのに。なんだかなぁ。

で、これはまた別の人からもらったカード。

2015-05-28 台湾3
かわい いろいろ
おっぱいパブみせある
スナクみせある のみ放題
にほんごok 女の子おおい
なんだこの拙い日本語は。本当に『にほんごok』なのかが怪しくなるレベルだ。


・・・いや待てよ。これはもしかして・・・
これはあのドラゴンボールのミスター・ポポのしゃべりにそっくりではないか?

ミスター・ポポといえば、神様の付き人でドラゴンボールの名脇役のひとり。ドラゴンボールは知らなくても『見たことある!』という人も多いのではないだろうか?

ミスター・ポポの画像検索結果

そのミスター・ポポのしゃべり方がちょうどこんな感じだったはずだ。
そこで試しに文章の頭に『ミスター・ポポ知ってる』をつけてみた。
ミスター・ポポ知ってる かわい いろいろ
ミスター・ポポ知ってる おっぱいパブみせある
ミスター・ポポ知ってる スナクみせある のみ放題
ミスター・ポポ知ってる にほんごok 女の子おおい
おぉ。
これはまさしくミスター・ポポ。まさにミスター・ポポからの手紙だ。

そんなことを考えてつい笑ってしまった。キャッチのおばさんはこの日本人をさぞ怪しんだことでしょう。実家にあるドラゴンボールを読み直したくなったのは言うまでもない。

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

羽田空港で1秒も並ばずに六厘舎のつけ麺を食べたのち、台湾に降り立ちました。台湾といえば親日だとか近いとか物価が安いとかいろいろ言われてますが、なんといってもメシが最高だった。正直本場の台湾料理を食べることだけを目当てに旅行してもいいレベル。

きょうは台湾フードのレベルの高さを少しでも伝えるべく、先日の台湾旅で食べたものの写真をのせていきます。
まずは、いかにもなおじさんたちが中華鍋をふるう大衆食堂。

2015-05-19 taiwan3

豚肉の炒めもの。ご飯との相性抜群。

2015-05-19 taiwan5

空芯菜。ニンニクの風味がやばすぎる。

2015-05-19 taiwan6

ハマグリのなんとか。プリップリ。

2015-05-19 taiwan8

カキ炒め。あんまり日本ではこういう食べ方しないけど、うまい。

2015-05-19 taiwan9

玉子とトマトの炒めもの。イタリアンな見た目とは裏腹にしっかり中華。これは食べたことない味。

2015-05-19 taiwan17

で、テーブルはこんな感じになる。これを何人かでつつく。みんな新しい料理が運ばれて来るたび『うまっ!』って顔を見合わせる。

2015-05-19 taiwan110

翌日。
5月とはいえ台北は日本の真夏のような暑さ。そこで食べたくなったのが・・・

IMG_20150518_164255

アイスモンスター的なかき氷屋。

IMG_20150518_163642
 
これでひとり500円くらい。ボリュームといい食感といい、かなり満足できる。

IMG_20150518_163712

そしてお待ちかねの夜。

IMG_20150518_210708

これまたぱっと見なんてことない大衆居酒屋へ。

IMG_20150518_190134

こちらも見た目からはあんまり期待していなかったのだが・・・

IMG_20150518_190502

うまっっっっっっ!
これ、切り干し大根を炒めたやつでした。切り干し大根といえば日本じゃ煮物メインだから新鮮だった。

IMG_20150518_190532

ちょっと食べちゃったけど、これも定番でうまし。

IMG_20150518_190715

ぷるぷるすぎる玉子。中にはエビが入ってた。外がプル、中がプリ。

IMG_20150518_190733

麻婆豆腐。これはイメージに反して全然辛くない。
うわー写真見てたらまた食いたくなってきた。

IMG_20150518_191011

ホルモンのカリカリ揚げ。これを奥に映ってる唐辛子入り醤油につけて食べる。これがあれば一晩中ビール飲み続けれられるぞ。

IMG_20150518_191119

いつのまにか店内は満席。これだけのものが台湾にいれば1日で楽しめる。やばすぎでしょう。
 
IMG_20150518_210511

ここから2日目。同行していた台湾人の勧めでまた大衆台湾料理へ。

IMG_20150519_132216

これはチャーシューと、そのまわりには高菜。『キングオブご飯に合う台湾料理』と名づけた。

IMG_20150519_125304

ホルモンをちょっと酸っぱい味付けで。細切り生姜と一緒に食べると美味。

IMG_20150519_125621

ベーコンと野菜の炒め。これもかなりパンチの効いた味わいでご飯に合う。

IMG_20150519_125924

店をあとしたぼくらはしばらく台北の街をふらふら。
のどが渇いたらこれまた台湾なタピオカミルクティー。

IMG_20150519_154320

やっぱ暑い国ではこのくらいの量が欲しくなる。

ちなみに2日目の夜も初日と同じ店でたらふく飲み食い。正直台北にいる限り、食事以外はさして日本と変わらない。だからこそ食のインパクトがでかいんだと思う。みなさんも台湾に行ったらハンバーガーなんて食わずぜひ地元のうまいメシをお試しあれ。

次回は『台湾を旅していたらミスター・ポポから手紙をもらった話』を書きます。

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly 

野口悠紀雄さんの本が好きでよく読んでいます。

関連:野口悠紀雄『超』整理法は2015年でも感動しまくる名著だった : blog@sutougen
関連:仕事はいかに『寝かせる時間を確保できるか』で決まると思う : blog@sutougen
関連:凡人は精神論では進化できない。環境を変えた方がいい : blog@sutougen

ちょっと古いですが、また良い著書を見つけたので書きます。今回は手帳の書き方がメインです。


・野口悠紀雄 「超」手帳方法

2015-05-25 メモ

・メモの重要性を再認識

この本では手帳の書き方全般について書かれているのですが、特に勉強になったのはメモの取り方についての部分でした。
メモが必要なのは、人間の短期記憶力が弱いからだ。行動を中断すると、すぐに消えてしまう。たとえば、電車を待つプラットフォームで考えていたことを、乗り込んだ途端に忘れてしまう。わずか1分前に考えていたことを思い出せないのだ。
たしかに。

ぼくも物事をすぐに忘れてしまいます。「なんかいいこと思いついたんだけどなー」っていうのはよくある。だから野口さんはどんな些細なことでもメモをするのだという。

またメモは、頭をすっきりさせて脳を思考に活かすという効果もある。
「書き出してしまえば頭がすっきりする」という効用もある。忘れないように努力すると、脳の一部がそれに占領される。そして、それがあるために自由な発想を展開できない。メモは、外部記憶装置の活用によって内部メモリーを100パーセント思考のために使うことを可能にする道具でもあるのだ。
つまり脳の使い方には思考と記憶があって、大事な思考の方になるべく脳の力が使われるようにしましょうと。そういうことです。

これってなんとなく経験している気ではいるんだけど、ちゃんと文字にして説明できる野口さんは本当にすごいなと思ってしまう。


・価値が高いのは自分のアイディア

このメモ、何気ないようだけども非常に価値のあるもの。
自分が考え出したアイディアのメモは、世界に一つしかないものだから、価値が高い。

(中略)

新聞や雑誌の切り抜きで実際に使うものは、私の経験では1割にも満たない。これに対して、メモしたことを利用する割合は、私の場合では、9割を超える。

(中略)

新聞や雑誌にあるのは万人向けの情報であるのに対して、メモは自分だけのための貴重な情報だからだ。それにも関わらず、「切り抜き魔」に比べると、「メモ魔」の数はずっと少ない。
そうそう。

本や新聞の情報をいくら保存したところで、たくさんの人目にさらされているものなので意味がない。大事なのはそれを見て「何を考えたか?」ということ。

野口さんは今の時代を『公開されているものであれば、ほとんどのものがインターネットから即座に入手できる』としている。だけど情報をもとにひねり出した自分のアイディアは自分だけのもの。だからこそそ貴重。そういうこと。

情報をたくさん知ってるだけのウンチク野郎にはなんの価値もなくて、それを自分がどう受け止めてどう活用するか?っていうことがまわりと自分を差別化していくカギになるんでしょうね。勉強になりました。

 =================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

↑このページのトップヘ