フィルムカメラで撮るブログ

フィルムカメラ好きの日記です

2015年07月

会社員としての本業以外に少しばかり副収入を稼いでいる。計算してみたらその額が今年の1〜7月までで、去年1年間の額を超えていた。非常にうれしかったのでブログに書き残す。

2015-07-26 副収入

会社員の副業といってもさまざまあるが、ぼくの場合まずひとつはブログに貼ったAdsenseやAmazonアソシエイト、各種アフィリエイト。もうひとつはココナラを経由して動画制作のクラウドソーシングをやっている。あとはたまに友人知人に頼まれて結婚式VTRを作ったり撮影をしたりしている。ちなみに動画制作はぼくの本業です。

関連:2014年のAmazon紹介料は84,446円でした : blog@sutougen
関連:【ココナラ】2014年の収益とココナラ関連記事まとめ : blog@sutougen

これらの収入の内訳を出すとこんな感じになる。

2015-07-26 副収入2

だいたいブログ経由と動画制作で同じくらい額になってますね。
ちなみにその他はミステリーショッパーとかLINE MALLでモノを売って得た収入です。この収入は不定期なので副業とは言いにくいかもしれない。

関連:LINE MALLでバカ売れを目指す出品方法がわかってきた : blog@sutougen
関連:ミステリーショッパー初体験でわかった案件選びの大前提 : blog@sutougen


まだまだお小遣いレベルなので『会社員でも手間をかけずに毎月10万円稼ぐ方法!』みたいなエントリは書けないんだけども、去年は1年かけて稼いだ額を半年で稼げるようになったっていうのは少し自信になりました。

せっかくいいペースなんで、なるべくこれを維持して副収入は去年の倍くらいまでいけたらいいなと思う。もしかしたらブログをがんばるよりもココナラの受注を増やす方が今のところは大きく稼げるのかもしれない。
では。

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

かれこれ2年半使っているPC用リュックがいい感じです。

incaseっていうブランドのバッグで、PCケースなんかも作っていてMacユーザーには有名な存在ですね。

2013年の1月に渋谷のBEAMSで購入して以来かなりの頻度で使っていて、2泊3日程度の旅行くらいまで使えるサイズです。

2015-07-24 incase1


ミニマルデザインだけど機能的なリュック



このバッグの何がいいって、それはやっぱり『超シンプルなデザインだけど中身は機能的』ってことでしょう。

2015-07-24 incase2

外側にはムダなものが付いていません。

これが登山用のアウトドアリュックとかだともっとゴテゴテしちゃうんですよね。あれはあれで好きですが…

中にはパソコンや文房具などを入れるための仕切りが多数ついてます。

2015-07-24 incase3

背中側にパソコンとタブレット入れ。クッションに加え、ガジェットの表面を傷つけないようにフサフサの起毛素材が使われています。

パソコンはぼくが使っているMacbook Pro 15インチサイズまで余裕で入ります。

タブレットケースには書類なんかを入れています。クリアファイルに入れなくてもバラけないので重宝します。

2015-07-24 incase4

一方、反対側にはたくさんの小さなポケットがあります(見にくくてすみません…)

2015-07-24 incase5

ペンを挿したり、モバイルバッテリーを入れたり、パスポートを入れたり、とにかくなんでも入ります。

よくバッグ in バッグとか売ってますがincaseのリュック使えば必要ありません。同じ機能がリュック自体に付いてますから。


最近はこういうincaseとかCote&Cielとか『見た目シンプル、中が機能的』系のバッグが受けてる気がしています。incaseの公式サイト見るとリュックなんかはほとんど売り切れだし。

Apple storeとかではまだ店頭で売ってるのかな?今のが使えなくなってもまた同じのが欲しい。それくらい使いやすいバッグだと思う。

ちなみにincaseが今後もし買えなかったとしたら候補はこのあたりでしょうか。NORTH FACEのシャトルデイパック。なかなかミニマムなデザインで好感です。

Cote&Cielはちょっと高いんでお金に余裕がある人にオススメです。では。


=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

なぜかこのブログで一番読まれているJINSのメガネ関連エントリ。

関連:メガネ : blog@sutougen

こうしたエントリを書こうと思ったきっかけは、JINSで買ったメガネの掛け心地がなかなかしっくりこなくて、それを自分で調整していく必要があったから。おかげでそのメガネは今ではかなりいい感じにフィットし、快適に使えている。

実はこれらのエントリに書かれているメガネ以外に、ぼくはもう1本JINSのメガネを持っている。そっちの方が先に買ったメガネなんだけど、それについては今まで何も書くことがなかった。というのも、買ったその日から掛け心地が最高で何不自由なく使えてきたからだ。同じJINSのメガネなのになぜこんなにも購入時から掛け心地が違ったのか?

理由は『ラバーモダンフレームか否か』だと思っている。

2015-07-20 ラバーモダン

ラバーモダンフレームならズリ落ちない


ラバーモダンフレームとは、画像のように耳にかける部分がラバーで出来ているタイプのフレームのこと。スポーツタイプのメガネなんかによく使われているし、JINSでもAir frameとかがこのラバーモダンになってる。

参考:商品検索 | JINS - Rubber Modern Airframe(メガネ・めがね)

で、このラバーモダン、スポーツメガネに採用されるだけあってフィット感が抜群。メガネの調整が多少甘くても全く問題ないし、汗をかいてもすべってずり落ちることがない。掛け心地を一番に重視するならこのラバーモダンタイプを選べばまず間違いないです。っていうかすべてのメガネがラバーモダンになればメガネ作りや調整における職人技みたいなものは不要になるとさえ思う。

じゃあなぜ、掛け心地が相当大事なメガネ選びでラバーモダンフレームばかりにならないのか?
やっぱりそこは(デザイン的に)ラバーが合わないメガネがあるからでしょう。例えばレトロ感のあるべっこうの丸メガネにラバーモダンじゃ雰囲気ぶち壊しですよね。どちらかと言うとぼくも見た目的にはラバーモダンじゃない方が好き。

あとちなみにですがラバーモダンのラバー部分は長く使ってると劣化してきます。さらに臭いが気になるようにもなる。ツイッターにも書いてる人多し。




なので個人的なオススメは『家用にラバータイプを持っておき、お出かけ用にラバーじゃないメガネを使う』です。

ラバータイプがあると外出中、普通のメガネのフィッティングが甘くて掛け心地が悪いときにすぐに掛け替えることができます。また、1日中顔に合わないメガネを使ったらさすがに家では楽なメガネを掛けたいとも思うでしょう。ぼくも外では普通のメガネ、家にいるときや休日なんかはラバーモダンフレームのメガネと使い分けています。

逆に『ラバーモダンメガネの見た目の方がスポーティで好き!』っていう人は文句なしにラバータイプ一択。それも1本持ちでOKです。ラバーが劣化してきてもJINSとかの店頭に持っていけばその場で交換してくれますしね。

メガネひとつのことでいろいろ書いてしまいましたが、メガネは掛け心地が悪いとかなりのストレスを受けてしまうのでね。メガネ選びは慎重に行った方がいいっす。ではでは。


=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

最近いろいろと捨てていますが、きょうはこれを。

2015-07-10 ボールペンケース

ボールペンのケースです。
これはウォーターマンっていうブランドのボールペンケースで、大学生時代にぼくがバイト先を卒業をするとき、先輩たちから記念としていただいたものです。ボールペン自体は今でも大事にしていますが、ケースに入れる機会はないので捨てることにしました。

2015-07-10 ボールペンケース2

捨てる前、ボールペンとケースを一緒にして写真を撮っておきました。これをEvernoteに保存すればもう思い出として残るのでOKです。

関連:日々、なにかを捨てていくという暮らし : blog@sutougen

こういういただきものはありがたい反面、自分にとって本当に必要かどうかシビアに判断するのが難しくもあります。ぼくの場合このボールペンは家で使っていますが、そうじゃないものは心の中でごめんなさいして捨てるという決断も時には必要かと思います。

余談ですがぼくは人にプレゼントするときは形に残るモノはあげないようにしています。ファッションアイテムなんかはセンスによって好みが分かれるので選びません。

あげるとしたらだいたい食べものや飲みもので、冷やしたり冷凍しなくても保存できて、そんなに場所も取らず、その人が日常生活の中で消費できるものがいいと思っています。例えばちょっと良いクラフトビールとかなら飲みたいときに冷やしてもらえばいいだけだから便利です。
カニとかはあげる方の自己満足で、もらった方としては保存する場所を占領されるし、気軽に食べれないしでそんなにいいことありません。

こういうことをリアルな場で言うと嫌な顔する人も多いのでブログに書いてみました。ではきょうはこのへんで。

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

気がつけば溜まっていたUSBケーブル類を整理しました。

2015-07-09 USB

USBケーブルは意識しないとどんどん溜まる

うちにはこんなにありました、USBケーブル類。このへんはデジタルデバイスを買う度に付いてくるんですが、正直同じ端子のケーブルは何本もいりません。なので捨てることにしました。

2015-07-09 USB1

改めて思うApple関連ケーブルの互換性のなさ。これはiPhone 4s用のケーブル。購入時についていた純正と、会社での予備として使っていたamazonベーシックの2本。このケーブルはもはや残しておいても使い道がないので捨てる。USBならまだ活かせたかもしれないのになぁ。


USBケーブル2本だけで十分

2015-07-09 USB2

よくよく考えたら現在ぼくが毎日のように使っているデバイスはNexus 5とKindle Paperwhiteの2つ。どちらもUSBで充電できる。ということでケーブル類はUSBタイプを2本だけ残してあとは捨てることにしました。

1本は家での充電用、もう1本は会社に置くためです。ミニマムにいくなら1本だけにして持ち歩くっていうやり方になると思うんですけど、ぼくの場合充電する場所は自宅と会社がほとんど。なのでその2ヶ所に置いておけば無難だろうということです。どちらかが断線したときの予備にもなりますしね。

こういうケーブル類って今は何を買っても付いてきます。意識して定期的に捨ててかないと知らぬ間に溜まっていくので休日なんかに見直してみるのがいいですね。

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

↑このページのトップヘ