フィルムカメラで撮るブログ

フィルムカメラ好きの日記です

2015年11月

駅弁屋 祭のサービスサンド。190円と抜群のコスパを誇る逸品です。

2015-11-11 東京駅

出張組に高級駅弁は不要



常にお客さんで賑わう東京駅構内の駅弁屋・祭。並んでいるのは全国各地の人気駅弁というだけあって、さすがにどれもうまそうなんですよ。

2015-11-11 東京駅2

しかしです。
売られている駅弁の値段があまりに高い。ひとつ1000円超えは当たり前で、海鮮系の豪華なやつなんて1500円くらいしますからね。こういうのとか。



弁当にそんなにお金かけてたらいくらお金があっても足りませんって。

ということでぼくが買うのはだいたいサンドイッチになるわけなんですが、ここのサービスサンドのコスパが異常なんです。

2015-11-11 東京駅

このボリュームで190円。コンビニのサンドイッチより安い。おいしいし食べごたえもあるので重宝しています。

「コンビニに寄り忘れた!」ってときもこのサービスサンドがあると思えば心強いですよ。


おいしい駅弁は旅行の楽しみに



ぼくは出張ではサンドイッチ、旅行のときは駅弁を選ぶようにしています。駅弁が高いってのはもちろんなんですが、なんか駅弁って観光感がすごく出ませんか?駅弁を食べると「よーし働くぞ!」っていう気持ちが乗ってこないというか。

そんなこともあり、祭のサービスサンドには結構お世話になっています。みなさんもぜひ次の出張のときに試してみてくださいな。

それでは。

駅弁屋 祭
【電話】03-3213-4352
【FAX】03-3213-5718
【営業時間】5:30~23:00 (全日)
【定休日】なし
【URL】http://www.nre.co.jp/shop/db/detail_00609/

注いだ飲み物の温度が変わらないその性能から超人気のサーモス真空断熱タンブラー。ぼくもこれでビールを飲んできましたが、大事なことを見落としていました。 もしかしたら、ビールを一番おいしく飲めるのはこのタンブラーじゃなかったのかもしれないと。

関連:会社には水筒やタンブラーじゃなくコップを持ってくと節約度は下がるけど便利にはなる : blog@sutougen

2015-11-10 ビール6

・冷たさキープがビールのすべてなのか

上の画像はぼくが家で使っているサーモスタンブラー。さっきも書いた通り、このタンブラーでビールを飲むと冷え冷え状態が長く続いてうまいのなんの。

しかし、次の画像を見てもらいたい。

2015-11-10 ビール3

これは秋に函館に行ったときに撮ったものですが、いったい何が言いたいかわかりますか?


そう、ビールは透明なグラスの方がうまく感じるんじゃないか?ってことです。


・透明な方がビール飲んでる!って気分になる

2015-11-10 ビール2
イギリスの空港で飲んだビール

もちろんビールは冷たい方がいいに決まってるんだけど、それがすべてじゃない。

グラスを通して見える黄金の輝き。シュワシュワ〜っとたつ泡。グラスに注がれたビールを見た瞬間、一気にテンションが上がるあの感覚。

そういうの全部ひっくるめてのビールなんじゃないかと。そう思いませんか?



・気づけば結構ビールの写真を撮っている

2015-11-10 ビール1

それを証明するかのように、ぼくの写真フォルダにはたくさんのビールフォトが保存されています。これはアメリカ西海岸のシアトルに行ったとき。イチローが在籍したシアトル・マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドのスタンドで飲んだビールです。

プラスチックのコップにも関わらずおいしそうだし、実際おいしかった。
これが銀色のタンブラーだったらどうですかね?この雰囲気が伝わりますかね?

2015-11-10 ビール4

夏に盛岡に行ったときに飲んだのは、ベアレンっていう盛岡の地ビール。
じゃじゃ麺の人気店・白龍(ぱいろん)で麺を待つ間にいただきました。うまかった。

2015-11-10 ビール7

羽田空港でもビールを飲んで出発待ち。

こうして見るとどの写真もちょっと飲んじゃってて、ビールを前にすると写真を撮る一瞬すらガマンできない人間なんだと気づいて悲しい。


・まとめ

最近はビールに限らず機能性とかコスパばっかり重視していましたが、ちょっと改めます。そういう科学的なことだけで判断できないものもやっぱりあるので。

「なんとなくこっちの方が好き」みたいな感覚も大事にしたいなと、しみじみ思いました。

ということで、いま自分がビールを飲むならこんなグラスを選びます。


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

職場最寄りのコンビニがローソンのため、毎日のように通っています。
最近のローソンジャンク麺の充実度は目を見張るものがありますね。

ローソンの台湾まぜそばがなかなかのクオリティ : blog@sutougen



出たばっかりの辛ねぎキムチの油そばもなかなかおいしかった。

2015-11-09 ローソン

・辛ねぎキムチの油そば 450円

具はこんな感じになっています。キムチと白髪ネギが入っていて韓国風でもある。
油は下に溜まっているようで、温めてから混ぜて絡めるタイプです。

2015-11-09 ローソン1

箸をぐいっと入れるとご覧のとおり。
油が麺に絡んで食欲をそそる輝きを生みます。

2015-11-09 ローソン2

思ったほど味は濃くないし、油っぽくもない。つるっと食べられます。表現が難しいですが、紙コップ1杯分の水があれば食べきれるくらいのアブラ感。わかりにくいか。

2015-11-09 ローソン3

チャーシューも小さめ。女性にも食べてもらいたいってことなんでしょうか。


・ごちそうさまでした。

最近のローソン、麺類開発に力が入っているのかほぼ外れなしです。どうぞお試しあれ。


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

30歳、会社員。

東京出身で大学は卒業まで実家から通学。バイト代のほとんどを洋服や旅行に費やしてきたせいで、銀行口座の残高はいつも給料日が頂点。

そんな生活を大学時代から10年近く続けてきたけど、今年は初めて「貯金した!」と言える1年になりました。目標だった年間100万円の貯金を達成できたからです。

こうして貯金できたのはいくつかの貯金法を実践したおかげ。きょうはそれについて書いてみます。

特別なテクニックはないけど、ぼくのような貯金初心者で『まずは年100万貯めたい!』という方には役立つものだと思います。


2018年3月30日 追記
家庭全体の貯金を見たら正確には150万円でした。お詫びして上方修正させていただきます。

IMG_20150613_131554

先取り貯金が最強


誘惑の多い社会生活において先取り貯金は最強の節約法です。貯金する額を決めて、毎月自動で貯金口座へ振り込まれるよう設定すればいいだけ。月に8万先取ればそれだけで年間96万は貯まる計算です。

「月8万とか簡単に言うな」という方のために、先取りするお金を確保するためにやったことをこれから書きます。


週の前半は食費を倹約


疲れがなく意識が高い週の前半はランチ代を倹約することにしています。同僚とランチにいけば1000円近くかかってしまうところが、デスクでひとりコンビニ飯にすれば500円以内でランチを済ませられる。

ただ、一週間通してこれをやるとストレスになるので、週の後半はこの制限をオフ。誘われるがままに外でランチしましょう。節約はガマンじゃなく工夫だと思ってます。


スマホをauからY!mobileにした


2015-08-29 nexus5

関連:au→ワイモバイルにMNPして初月の料金と使用状況 : blog@sutougen

これはよく言われる固定費の節約ってやつですね。無意識に使っているスマホだけど3大キャリアだと月に7000円近くかかりますから節約できたら効果は大。

Y!mobileのMプランを使えばスマホの通信料金は毎月5000円以下に。毎月7000円近く払っているときと比べて年間で24000円、2年で48000円を削れます。でかいです。

ちなみにY!mobileよりさらに安い格安SIMってのもありますが、そっちはそれなりのスマホ知識が必要なのでまずはY!mobileを使うといいと思います。


クレジットカードのポイントを貯める


関連:楽天カードだけを使い3ヶ月。こんなに楽天ポイントが貯まりました : blog@sutougen

クレジットカードを使えるものはなるべくクレカ払いにしています。ぼくは楽天カードを使ってますけど還元率1%なので結構ポイント貯まります。年に100万円クレジットカードを使えば1万円分のポイントが戻ってきます。

貯まったポイントは本やお酒を買ったり、楽天トラベルでホテルを取ったりしています。家族がいる人はレジャー代にあてると現金が減らなくてグッドです。


節約マスターのブログを見て意識を高く保つ


ここまで自分なりの節約法を書いてきましたが、常にこれをやり続けるにはそれなりの決意が必要です。そこで大きな助けになってくれるのが節約上級者のブログ。

オススメはももねいろノマド的節約術というブログです。

どちらもめちゃめちゃ多くの節約・貯金法が書かれているので、少しずつでも自分に取り入れてみるといいです。その中から自分に合うものを選んでいくイメージですかね。

余計な水道光熱費は削る


関連:エアコン自動つけっぱ運転だけで電気代は年間こんなに変わるよレポ : blog@sutougen

水道や電気などの公共料金にあなたは毎月いくら払っているか知っていますか?ぼくも数年前までここは無頓着だったのですが、試しにエアコンの使い方を意識して変えたら年間で1万円も電気代をセーブできました。

ただしこのへんは削れば削るほどストレスを感じやすいところでもあるので出来る範囲でやるのがオススメ。無理して『電気代は月に500円!』とかいう目標立てるのは結構しんどいと思います。

貯金本は1冊あればいいんじゃないかな


最後に。

本屋に行くとたくさんの貯金本が並んでいますが、買うのは1冊でいいと思います。だってどれも書いてある内容がだいたい同じじゃないですか?

それなら1冊の本をしっかり読み込んでちゃんと実践する方が大事かと。節約意識が下がったときなんかに読みなおすのも効果的。個人的には年収200万円からの貯金生活宣言が好きです。もちろん年収200万円じゃない人でも大丈夫です。


2018年3月30日 追記

と、ここまでがもとの記事の内容なんですが、冒頭に書いたようによく調べたら貯金は100万円ではなく150万円ありました。

大きいのが児童手当と奥さんの貯金分で、それを足したら年間150万円ということでした。児童手当は振り込まれてから手をつけなければどんどん積み上がっていきます。満額(1人につき200万円くらい?)貯まるまで手をつけない or 運用にまわすのが理想ですね。

逆に児童手当を毎月当てにしているようでは貯金は厳しいのかもしれませんね。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

来年2016年の手帳はほぼ日手帳weeksを使うことにすると書きました。
手帳を使いはじめるのが今から楽しみすぎて、weeksを眺めてはその使い方を考えています。

2016年のほぼ日手帳は初めてweeksを使うことにしました : blog@sutougen

ということで今日は、まだ使用前ではありますがざっと見たweeksについて思うところを書いてみます。

2015-11-06 ほぼ日weeks8

オリジナルと比べて縦に長いweeks


2015-11-06 ほぼ日weeks7

ほぼ日手帳オリジナルと比べて縦に長いweeks。ページ数も少なくコンパクトな作りが特徴です。

このコンパクトさから、持ち運びがしやすくなる→手帳を見る時間が増えるっていう好循環を予想しています。やっぱり手帳は頻繁に書いて見なおしてを繰り返してこそ本領を発揮するので。

ではここからは中身を見ていきます。

月間カレンダーはオリジナルとほぼ同じサイズかな


2015-11-06 ほぼ日weeks2

コンパクトなweeksですが、月間カレンダーは今まで使っていたオリジナルに近いサイズです。よって使い方もこれまで同じ。他人が絡む予定を中心に書こうと思います。

空欄には月のToDoや予定・目標なんかを書き込む予定です。このへんはオリジナルよりも余白が多くてむしろいいかもしれない。

年間インデックスは何に使うか超悩む


2015-11-06 ほぼ日weeks1

一方で年間インデックスの幅はかなり狭いので何を書くか悩んでいます。

一行日記や購入したものリストみたいなものは書けなそう。支出や体重を記録している方もいましたが、今のところそれは管理してないんだよなぁ。天気を書いてもしょうがないし・・・

毎日記録すべきコトで、かつ狭い欄に書ききれるのが条件。う〜んなんだろ。ここはまだ使い方が定まりません。

週間予定+メモページは使い勝手良さそう


2015-11-06 ほぼ日weeks3

この手帳のメインとなるレフト式の週間予定+メモページ。

左にはオーソドックスにその日の予定を書いていきます。ぼくの場合1日にあまり多くの(手帳に書くべき)予定は入らないので24時間軸は不要。これくらいでじゅうぶんかと。余ったらその日のタスクを書くのもよし。

右のメモページは特に使い方を決めずに書こうと思っています。日記的なこと、気づき、仕事のメモ、名言などとにかくなんでも書くページにします。写真には映っていませんが週間予定下部の余白には週のToDoや目標を書くのにちょうど良さそうでした。

充実のフリーメモスペース


2015-11-06 ほぼ日weeks4

weeksのもうひとつの特徴である、約70ページのフリーメモ。ここも書くものを定めず使おうと思います。週間予定のメモページが足りなくなったら目印つけてここに続きを書くとか、何かテーマを決めてまとめることがあればここを使うかな。

すでにフリーメモページの最後方は、出張チェックリストやよく使うコンピューターの設定やなんかをオリジナルから書き写しました。常に持ち歩くものだけに、自分だけの教科書ページとして使うと良さそうだということで。

足りないものはダウンロードシティから補充


BlogPaint

コンパクトさが売りのweeksですから、遊びページは少なめ。足りない分はほぼ日HPから自分でプリントアウトして使うダウンロードシティで拡張です。

BlogPaint

TODOリストとありますがこれには見たい映画と本をリストアップしています。買い物に悩まないよう気になったものをここに書き溜めておきます。

ほしいものリストはそのままほしいものリストとして使います。今欲しいと書いてあるのはブルーレイレコーダー、モンベルのジオラインっていうあったかインナー、Macbook proに増設する16GB分のメモリなんかがほしいと書かれています。

結局使い始めたら変わってくる


と、こんなふうにいろいろ考えても結局使い始めたら予定は変わってきます。事前に考えた方法がイマイチ機能しないかもしれないし。

でも、それでいいんです。

ダメならダメで違う方法を考えながらやっていきます。もしweeks自体合わないとなれば再来年オリジナルに戻ればいいだけですし。1年間で違う手帳を買うのはコスパ的にナシ・・・

このように手帳は使いはじめる前からいろいろ想像できて楽しいですね。年間目標や欲しいものリストもなるべく埋めたいし。もしweeksでこんな使い方知ってるよ!って方がいたらぜひTwitterで教えてください。他人の手帳話も大好きです。

それでは今日はこのへんで。

次回ほぼ日weeksを使って3日たった感想とその楽しさについて


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

↑このページのトップヘ