blog@sutougen

フィルムカメラについて書くブログ。Nikon FM / OLYMPUS TRIP 35を使っています

2016年10月

家のネット回線としてSoftBank光を申し込みました。

前回のブログ:悪名高いSoftBank光に申し込んだので開通までを実況していくよ : blog@sutougen

現状、申込みが終わり開通工事を待っている状況です。

開通を前にソフトバンクから契約確認書類やら機材やらが続々と届いていますが、ここまではネットで見かけるようなネガティブなことは起こっていません。

ネット接続用機器が届いた


IMG_20161027_084408

IMG_20161027_084416

工事直前、ネットに接続するための機器類が届きました。

IMG_20161027_084501

中には接続ガイダンスDVD。

個人的にこれはまったく不要。若い人にとってはDVDプレーヤーにディスク入れて、映像を見ながらセットアップとかめんどくさいと思う。

IMG_20161027_084523

光BBユニットにはSoftBankロゴ。

ほかに電源ケーブルとかが入っていました。まぁ、ここに特別なことはないですね。


契約確認書類も届く



IMG_20161027_090033

そしてこちらが契約確認書類。

Y!mobileのスマホを使っているのでスマホ料金から月額540円の値引きが入っているのがわかります。これはかなりお得ですね。

基本料金は4104円。通常はこれに工事費と契約事務手数料を分割回数で割った金額がかかってきます。

仮に24分割とした場合は月額1215円。これに基本料金の4104円を足すと5319円ですね。

私が今まで契約していたauひかりは月額5940円だったので、 月々621円安くなる計算。スマホからの値引き540円を合わせれば1161円も節約に。たしかに安い。


細々とした計算になってしまいましたが、とにかく料金的にはこんな感じです。

これで回線のクオリティに差に大差がなければかなりいいのですが…

回線開通工事は、いよいよ明日(10月28日)です。

では。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

きょう、デニムパンツを1本購入しました。

選んだのはSancaというブランドのデニムパンツ。HPすらないブランドですが、Made in Japanにこだわったプロダクツを展開するグッドブランドです。

しばらくはこのパンツを穿き込んでいこうと思います。

IMG_20161010_213100


Sanca 15.5oz デニムパンツ


このSancaのデニムパンツの魅力を一言で言うならアメカジすぎないところでしょうか。

この手のデニムパンツはたいてい昔のLevi'sのパンツを目指して作られているんですが、Sancaのパンツはちょっと違う。

昔のアメリカ古着的な魅力と日本の技術力の高さを融合。さらに、デザイナーが思うオシャレ感をプラス。そんなイメージなんですね。

この感じ、モノを見ないからには理解しにくいと思いますので早速ディティールを。

IMG_20161010_212635

フロントは月桂樹ボタンを使ったボタンフライ。

IMG_20161010_212013

生地は15.5ozとかなり厚めでゴツゴツしたものが使われています。

IMG_20161010_212028

サイドシームは赤耳仕様。これが古着らしさを醸す独特な色落ちにつながる。

IMG_20161010_215040

と、このあたりが古き良きアメリカンヴィンテージのディティール。デニムパンツ好きのツボをしっかり抑えつつ、ここかららしくないポイントを紹介してみます。

IMG_20161010_213100
 
まず白い牛革パッチ。

多くのブランドはLevi'sのツーホースを意識したパッチを採用していますが、Sancaはだいぶシンプルです。

フロントポケットのスレーキもかなり遊びが入ってます。

IMG_20161010_212044

ゴールドラッシュの舞台、カリフォルニア周辺の地図とイラストが描かれています。

さらに…

IMG_20161010_212054

古いミシンがモチーフの品質保証スタンプ。これはカッコイイ。

IMG_20161010_212407

シルエットもスタンダードな5ポケットストレートデニムとはかなり違っていて、ご覧の通り腰回りにかなり余裕がある作りになっています。ゆったりした腰回りから足下にかけてキュッとしまっていくテーパードシルエットですね。このページなんかを見てもらえればよりわかりやすいかと。

このあたりはデニム好きの中でも好みが分かれるところ。完全復刻派には絶対認められないだろうなぁ…

とにかく、これからしばらくはこいつを穿き込んでみたいと思います。新興ブランドだけにまだ色落ちレポートもほとんど見ないので、悩んでいる人の参考になるかもしれません。(とはいえ、変化が出るのは最低でも半年後とかですが…)

気長にお付き合いいただけたらうれしいです。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる  

我が家はネット通信用に光回線を利用しています。使っているのは、auひかりというサービスで、携帯電話のauが提供しているもの。

この度、このauひかりからソフトバンクの光通信サービスであるSoftBank光に乗り換えることにしました。

乗り換えの一番の理由はその料金の高さで、毎月5940円。通信品質自体は何も問題はなく、快適そのものなんですが…

というわけでau光よりも安い光通信サービスを探してたどり着いたのが今回のSoftBank光。マンションタイプなら最安で月々3800円から使えるというんです。

うむ。これは安い。

ただSoftBank光に変えるにあたり不安な点が1つ。

それは『ネット上の評判が悪すぎること』です。ググるといろいろ出てくるし、Twitterにもめちゃめちゃ書かれてる…

ソフトバンク光の評判・口コミは悪いけど契約した方がいい理由 | サクッと光

【おうち割は無駄?】ソフトバンク光の評判が悪い理由:口コミや体験談のまとめ - なまけるのに飽きるまで-格安SIM・スマホを使い倒す

とはいえ回線自体はフレッツ光を利用するわけで、それなりのスピードは維持できるはず。

優先すべきは料金は安さで、多少のサポートの悪さは我慢。そもそも光回線のサポートなんて年に1回使うかもわからないし。

と総合的に考えたうえで、乗り換えた方が自分にはメリットが多そうだと判断しました。

さらに、今回の申し込みから開通まで実際にどういう手順を踏んだかを記録・開示することは今後SoftBank光にしたいと思っている方への情報にもなるかもしれません。

そういうわけでブログに残しておきます。初回のきょうは申し込みから工事日の決定まで書きます。

IMARIH20160806095919_TP_V


家電量販店で契約


まずはSoftBank光を契約できる場所から。ざっと調べてところでこのあたりでしょうか。

  • SoftBankショップ
  • Y!mobileショップ
  • 家電量販店
  • インターネットHP

この中から今回ぼくが契約をしたのは家電量販店ですが、これは個人の好みで選んでいいと思います。店舗ごとにキャッシュバックキャンペーンをやってたりするでしょうし。

ぼくの場合、そもそも最初はSoftBankショップに行ったのですが、なんとなく対応に熱がなかったので値段確認までで中断させてもらいました。

続いて、ぼくがスマホも契約しているY!mobileのショップに行きました。

しかしこの日は運悪く2人の店員 vs 大量の高齢者という図式になっており、いつ自分の順番が回ってくる見当もつかない状況だったので店の前をスルー。

Y!mobileは料金が安いのでわりと高齢のスマホユーザーにも支持されていると思うのですが、トレードオフで店舗での高齢者対応に時間を取られるというデメリットがある気がします。

まぁ若いワイモバユーザーに限っては、あまり実店舗を必要としないでしょうからそこまで大きなデメリットにはなりえませんが、どうしても店舗での手続きが必要なときなんかは要注意ですね。

続いて訪れた大手家電量販店はスタッフの方の対応もよく、いろいろと話が出来たので無事に契約させてもらいました。

こういう諸々の手順がめんどくさいって人はインターネット契約でいいと思います。


光おトク割はY!mobileの店舗に行く必要あり


ここで1つ注意しなくてはいけないのが、光おトク割を申し込むならキャリアの実店舗に行く必要がある点。

光おトク割りとは、SoftBank光を契約しているユーザーがソフトバンクかY!mobileのスマホを使っている場合、スマホ料金が値引きされるというサービスです。
※細かいところはY!mobileとソフトバンクで違うので要確認です。

かなりお得なのでソフトバンク・Y!mobileユーザーは必ず申し込んだ方がいいサービスなのですが、家電量販店などで契約をした場合はキャリアのショップに行って割引契約だけする必要があるそうです。

手続きは回線工事前でも後でもどちらでもいいとのことでした。


工事日はすぐに決まった


肝心の工事日ですが、これは契約するときに第1〜第3希望まで日程を出します。さらに『その3日が無理なら何曜日が希望ですか?』ということも伝えます。土日の工事は3000円くらい追加料金がかかるとのこと。

ちなみに、この日の時点で選べた最短の日程は10月17日(月)で約1週間後ということになりますね。特別遅いというわけではありませんが、wimaxなんかと違い即日開通!とはいかないのでこのへんも注意が必要です。

ということでぼくは17日、18日、19日の3日間を連続でチョイスしました。

そしてここから工事日の決定までは異常に早かった。契約を終えて家電量販のカウンターを立つかどうかのタイミングで工事予定日がスマホに送られてきました。きょうが日曜日にも関わらず、です。

『なんだやるじゃないかSoftBank光』と思いながらその日程を見ると…

Screenshot_20161009-165215

希望日が盛大に無視されている!w

まぁこれには向こうの都合もあるだろうし、今回はそんなに急いでないので文句はありません。工事さえスムーズに進んでくれればそれでよしです。

というわけでSoftBank光は、こんな感じで申し込みから工事日までが決まりました。

書き忘れましたが工事費用の24000円は初回引き落とし日の一括か分割を選べました。分割だと最大60回かな?くらいまでいけるそうです。

この工事費を入れてもまだau光よりは安いですし、ぼくが使うY!mobileスマホから500円値引きされるのも大きいので料金的には間違いなくお得になります。

あとは工事と実際の使用感…ということになります。どうなることやら。

続きは工事の終わる10月28日以降に書ければ!

 =================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

せっせ せっせと投信の人になる。


投資信託を購入しました


ということで、31歳にして初めて金融商品を購入してみました。

選んだのは投資信託のニッセイ日経225インデックスファンド
ニッセイ外国株式インデックスファンド
の2つです。

2016-10-01 toushi

これを毎月、それぞれ1万5000円ずつ積み立てていきます。


『とにかく楽な投資をするならインデックス投信一択』らしい


初めての資産運用に選んだ2つの投資信託ですが、どちらもインデックスファンドというものになります。

インデックスファンドとは、株価指数などに連動することを目指して運用される投資信託のことです。例えば、代表的な指数は皆さんも一度は耳にした事のある“日経平均株価”。

インデックスファンドと対になるのは、運用のプロであるファンドマネージャーが銘柄選定・資産配分決定などを行うアクティブファンドです。
で、なぜインデックスにしたのかというと答えは1つで『とにかく楽に資産運用ができるから』

投資というと、日々の値動きをチェックし売り時と買い時を見極めて〜みたいなイメージがあるのですが、これはどうやったって自分には向いてない。

損していたらへこんで生活に支障をきたすし、そもそも仕事をしながらも毎日のように値動きをチェックできる時間があるかもわからない。

そんな人にピッタリらしいのが、インデックスファンド。

また『購入手数料や信託報酬が安く、積立に向く』点もインデックスファンドならでは。最初から大きくお金を突っ込みたくない小心者な自分に合っていました。


というわけで、今回の投資は資産運用というよりは貯金感覚。

もちろん損をするよりは増えた方がうれしいですがあまり頻繁に値段は追わず、まとまったお金が必要になったらその都度解約して使っていこうと思っています。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

↑このページのトップヘ