blog@sutougen

フィルムカメラについて書くブログ。Nikon FM / OLYMPUS TRIP 35を使っています

カテゴリ: 子育て会社員の家庭とお金の話

2016年から毎月、投資信託の積み立てをしてきました。

運用先はいわゆるインデックスといわれる投資信託2本。それぞれに毎月1万5000円ずつ、合計3万円を積立てきました。

そして今月、ついてに積み立て開始から1年が経過しましたー!

始めはマイナスになることもありましたが、幸い月を追うごとに基準額は上がり続け、ずっとプラスでやってこれました。

購入金額は1年で36万円。さて、これがいったいいくらになったのか?

きょうはリアルに1年間投信積み立てを行った結果と、今後の方針について書き残しておきたいと思います。

積み立てから1年…36万円はいくらになった?


43

49


早速結果から言いますと投資した36万円は、評価額で37万6771円となりましたー!1万6771円、4.65%のプラスです!

いやー。こんなに簡単に増えるんですねぇ、お金って(笑)

素人みたいな感想でごめんなさい。この投資信託は人生初めての資産運用だったので、本音を言うとそんな感じなんです。

だって、今回の運用にあたってぼくはほとんど何もしてないんですから。

投資信託はネット証券で購入したので金融機関の窓口には行ってませんし、積み立ても自動設定にしたのでチャートを見ながら「今だ!」みたいなこともしていません。

やったことといえば、山崎元さんのこの本を読んで適当に手数料の安い投資信託を2本購入しただけ。


あとは随時運用成績をチェック。

そのスパンも始めこそ気になって毎日していましたが、しばらくしてからは記録用に月に1度見る程度に。見たときにしても『お、順調に上がってるなー』と思うだけ。

とにかく便利な時代になりましたね。(昔の資産運用については実体験ではないですが…)

情報は探せばいくらでもありますし、投資のためのインフラも整っている。インデックス投信の手数料は各社競って下げてきています。

銀行の定期預金金利は0.01%、定期組んでも0.05%とかですから、今回プラス4.65%を記録した投資信託がいかに優れているかを実感できました。

なので、断言できます。

余裕資金がある人は絶対に運用をした方がいいです。

資産運用の本を見るとよく書いてある『時間を味方につける』は本当で、特にインデックス投信は若いうちから長い時間かけて投資をした方が絶対に得できます。そうやって増やしたお金で、自分のやりたいことを実現していくべきです。

ぼくは大学卒業後、保険会社に就職した友達に勧められ生命保険に加入しました。

大した金額ではありませんでしたが、今になってみるとあんなに無駄なことはなかったと思います。独身だったので保険金で安心させたい人もいなかったし、そもそも20代で大病を患うリスクなんて微々たるもの。さらに、もし病気になっても最低限の公的サポートがある。

そういったことをきちんと勉強したり考えたりしておけば、生命保険にお金を使うことはありませんでした。20代なら、趣味や投資などもっとほかのことにお金を使うべきだったと思っています。

(ちなみに今は家族がいるのでライフネット生命で少額の生命保険に加入してます。言いたいのは、今の自分の生活に本当に必要かどうか考えようってことです)

積み立てた投資信託の今後


さて。今月まで積立ててきた投資信託ですが、ここでいったん解約しようと思います。理由は、ちょうど1年でキリがいいことと、相場が下降気味だからの2つです。

実は積み立てを始めたあとに転職をして給与も変わり、上の子供もあとちょっとで小学生になろうかというところ。お金の使い方が変わってきそうなので、ここらへんでいったんリスク資産と無リスク資産の配分を改めて考えたいんです。

相場も下降気味でしたし、ちょうどいいんじゃないかと思っています。

とはいえ、投資信託の積み立てはまた近いうちに再開する予定です。今度は銘柄を増やすのか、積み立て金額を増やすのか。国債も買ってみようかな。こんな感じで自分にあったやり方を探ってみようと思います。

みなさま、長らく変わりばえしないこのレポートを見ていただき本当にありがとうございました。また運用を始めたら報告させてもらいますね!

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

先日受けた健康診断の結果が出まして。

IMG_2529

まさかのC判定…

小さいころから健康優良児で育ってきたのでショックです。まぁ32歳にもなれば中年って言われることもあるし、いろいろガタも出てくるんでしょうね。

では。

中でもどこが原因でこの評価になったかということなんですが…

BlogPaint

ずん。

中年には珍しい『やせ』とのこと。

たしかにぼくはヘルシーな食事が好きだけど、ビールも飲めば揚げ物も食べる。量はまわりと同じくらいには食べていたはず。それでやせとは…

肥満に比べればまだいいんだろうけど、要経過観察のC判定も好ましくはないですよね。

ということで、最近は意識してジャンクな食事をとるようにしています。マッスルな友人いわく『まずは体自体を大きくするところから始めるべし』とのことだったので。

IMG_2518

IMG_2521


IMG_2522

IMG_2523

今は満腹感と戦っています。来年はA判定を勝ち取ります。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

毎月3万円ずつ積み立てている投資信託

先月がちょうど積み立てから10ヶ月で、30万円分購入したところでしたね。
プラス25689円の32万5689円でした。

積み立てを始めたころは『マイナスになったらどうしよう…』ばかり心配していましたが、幸運なことにそれは完全な杞憂になってますね。よかったー。
さてさて。

今月で累計の購入金額は33万円になる計算ですが、評価額はいったいいくらになっているのでしょうか?

2017年7月末時点の投信積み立て状況


36

こちらです。

33万円分購入して、評価額が35万7195円。2万7195円(8.24%)のプラスでした。

いやはや順調です。

っていうか、順調すぎて何も書くべきことがありません…!

41

保有する投信それぞれの成績です。

外国株式の方が調子良く、一方の日経225は下降気味。

まだプラスなので全然いいのですが、マイナスに転じたときにどんな精神状態になるかはやっぱり不安ではありますね。

一度10%近いプラスを経験しているので「あそこで手放していれば」と思わないことは絶対にないはずなので…

まぁそんな上下動を繰り返しながらも淡々と積み立てを続けていくのが、インデックス投資ってことなんでしょうけど。

来月の購入で積み立てから1年の節目になります。

長かったような、短かったような1年でしたが、最初に決めた積み立て金額を1年間淡々と守ってこれたことはとてもうれしかったりします。

さて。どんな結果になるんだろうなー。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

子供2人で共働きの我が家では、食事の用意は父親であるぼくが担当しています。

朝食を用意したらささっと一緒に食べ、それから洗い物をしながら夕食の用意。奥さんと子供を送り出したら夕食を冷蔵庫にしまい会社に向かう。だいたいこんなリズムです。

これをまわりに話すと『えー!偉すぎ』と驚かれることも多いんですが、実はそんなこともなくて。

保育園の準備と送迎など、子供まわりのことは奥さんが全部やることになっているからです。

この分担は『どちらかというと料理が得意なぼくと料理が苦手な奥さん』『子供の世話が苦手なぼくと、子供大好きな奥さん』っていうお互いの性格から生まれています。

苦手なことをがんばるのではなく、好きなこと、得意なことをがんばった方がお互いラクではないかと。

で。

この分担も奥さんの育休が終わった4月から数えはや4ヶ月。どういう結果になったかって話なのですが、これがめちゃめちゃ快適です!

ぼくは料理作っている間なら子供の世話免除のスター状態でストレス減ったし、逆に奥さんは苦手な料理から解放されてだいぶ育児がラクになった様子。現状いいいことづくめできています。

ちなみにぼくの料理も日々『子供がどれくらい好んで食べたか?』を指標にPDCA(笑)をまわしまくっていて、そのレベルはどんどん上がってきていると感じています。

子供が大好きで簡単、さらに保存も効く鶏肉そぼろはヘビーローテーションです。

IMG_2202

白いご飯より炊き込みご飯などの混ぜご飯が好まれて…

IMG_2340

朝は定番だったベーコンエッグとトースト。最近はトーストよりも栄養が取れるように家サブウェイスタイルを目指してたり。

IMG_2413

休日はローストビーフのタワー盛りとかを作って食事の満足度の高める。

IMG_2406

とか考えながらやっているので…

料理おいしくなる→家族に感謝される→さらに料理がんばる→さらに料理おいしくなるっていう好循環の真っ只中にいます。

この分担、結構珍しいスタイルだと思うのですがお互いがよければそれでOK。家事育児に悩むみなさま、まわりの声や常識に流されず夫婦ならではのやり方を見つけていきましょー。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

勉強と実益を兼ねて、2016年の秋から毎月3万円ずつ投資信託を積み立てをしています。

早いものでこの積み立ても今月で10ヶ月を経過。金額にしてちょうど30万円分を購入したことになります。

キリの良いところでこの30万円が現在いくらになっているのかを確認してみたいと思います。

投資信託積み立てレポ10ヶ月目

ぼくが積み立てている投資信託はニッセイ日経225インデックスファンド<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの2本。どちらもインデックスファンドですね。

これをそれぞれぴったり1万5000円ずつ買っていて、リバランスなどはしていません。

さてさて。

現在の金額はどうかといいますと…

30

じゃん。

プラス25689円の32万5689円でした。

積み立てを始めたころは『マイナスになったらどうしよう…』ばかり心配していましたが、幸運なことにそれは完全な杞憂になってますね。よかったー。

とはいえプラス8.56%という結果は出来過ぎで、自分としてはプラス3%くらいでじゅうぶんかなとも思っています。

39

内訳を見ると、国内も外国株式もどちらも同じような成績です。これならリバランスも何もないですね(笑)

この10ヶ月を振り返って



思えば知識のほとんどない状態で始めたこの積み立て。改めて思うのはインデックス投資・積み立て投資は初心者には最も向いている資産運用方法だということ。

最初のうちは毎日のように証券会社のページで状況を確認しては、その上下動に一喜一憂していました。ランチタイムに職場で成績を見ることもありました。

しかし、徐々にその値動きにも慣れ、確認の間隔もあいていきました。今では月末に一応確認する程度です。覗くたび、安定してプラスをキープしてくれているので精神衛生上とても好ましい状態が続いています。

これがもっとダイナミックな値動きをする金融商品だったらこうもいかなかったでしょうね。こうしてほったらかしにできるインデックス投資は、サラリーマンにはもってこいです。

それと、自分としてももうちょっと早く、20代の半ばくらいからちょっとずつやっておいてもよかったなぁとも思いました。単純に長期運用をすればより大きな効果が得られるだけでなく、投資をすることで日々の無駄な出費に敏感にもなれますからね。

もしも今、あまり意味のないお金を使っているという人は、少額でもそのお金を運用にまわしてみてください。お金が増えたらうれしいですし、減っても勉強だって思えます。

うちは今のところ毎月3万円分ですが、今後はもうちょっと積み立て金額を増やし、リスク資産の比率をあげていく予定です。このまま夏まで順調にいってくれるといいなー。

それではまた。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

↑このページのトップヘ