blog@sutougen

東京に住む32歳会社員。ミニマルライフ・一眼レフ・デニム・ほぼ日手帳・インデックス投資についてよく書くブログです

カテゴリ:旅行 > アメリカ

スマホゲームのポケモンGOが話題です。

2016年7月21日時点で日本ではまだリリースがないことから、私たち日本人は世界中から配信されてくる『ポケモンGOの影響でこんなことまで起きてます』情報を聞くしかない状況です。

そんなタイミングでアメリカに行くチャンスがあったので、本当にアメリカ人がポケモンGOにハマっているのか見てみることにしました。

IMG_20160719_110051


アメリカ西海岸 ロサンゼルスへ


というわけでやってきたのアメリカ西海岸のロサンゼルス。

青い空と砂浜、スケボー・サーフィン・自転車とアメリカっぽさのオンパレードな街ですね。

そんなロサンゼルスを歩いてみると…

IMG_20160716_190746

早速いた。写真奥のスマホを見ている集団。

画面をチラッと覗き込んで見たけどガッツリポケモンを捕まえているところでした。

続いて、レストランやおみやげ店が連なる桟橋、サンタモニカピアに行くことにします。

IMG_20160716_180521

写真真ん中、カリフォルニア女子が1人でポケモンGO。

よくみるとその両サイドも歩きスマホしてるからきっとこの人たちもポケモンGOをしてますね。

どうやらこのあたり、アイテムがもらえるポケストップがたくさんあるのでプレイヤーが特に多いみたいです。それとポケモンが出現しやすくなるエサ的なものをプレイヤーが使うので、人が人を呼ぶ状態になっているんだそうです。

その後も…

IMG_20160716_180524

フェンス際に腰掛けてポケモンGO。

IMG_20160716_180604

ベンチに座りポケモンGO。

IMG_20160716_180611

こっちのベンチもポケモンGO。

IMG_20160716_180617

タンクトップのイケメン様もポケモンGO。なんなんだこれ、はやりすぎだ。

子供やオタクだけじゃなく、一見スマホゲームをやらなそうな大人までもがポケモンGO。大げさではなく、歩きながらスマホ見てる人ほぼポケモンGOでした。

IMG_20160716_180625

ことあるごとにイェーイ!と歓声をあげる人。

本当は奥の店で買い物した人がソフトクリームを食べながら休むところではなかろうかと思いますが、このあたりのベンチというベンチはポケモンGOプレイヤーに占拠されてました。

不思議なところに人が集まっている


ロサンゼルスではここサンタモニカ以外の場所でもたくさんのポケモンGOプレイヤー見かけました。

わかりやすいところだとロサンゼルスカウンティ美術館、通称『LACMA(ラクマ)』。


写真撮り忘れましたが、このオブジェのある入口周辺にプレイヤーが集まってました。歩きスマホしながら入り口までやってきては、うろうろしてまた去っていく。まさに異様な光景。

ポケモンGOについては歩きスマホや夜中の出歩きなどネガティブな面もたくさん報道されていますが、アメリカで実際にプレイしてみたらやっぱり面白かったです。

ポケモンが出現したときは興奮するし、画面をスワイプしてモンスターボールを投げる感覚もワクワク感ある。チーム組んでやるとかしだすとより楽しそうだし。

Ingressは挫折した自分ではありますが、ポケモンGOには惹かれちゃいますね。

リリースが待ち遠しい。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

先日の100年前の手帳に引き続き、実家から発掘した個人的なつかしのアイテムシリーズ。
きょうはこれ。

2015-07-07 motel10

アメリカのモーテルチェーン『MOTEL 6』のディレクトリ。つまりモーテルの所在地リストですね。


・思えばアナログな旅だった

2006年といえば今から9年前。当時ぼくは大学生で21歳。頻繁にアメリカを旅行していましたが、スマホもノートパソコンもないからこのディレクトリを頼りにその日の宿を探していた。今じゃちょっと考えられない(笑)

2015-07-07 motel4

2015-07-07 motel2

モーテルとは、こんな感じの清潔な部屋が用意された自動車旅行者用のホテルのこと。

モーテルなんて聞くと殺人が起きるような治安の悪いイメージがあるけど、もちろんそんなことはない。あれは映画の中だけ。実際は家族旅行の人とかもいるし。

2015-07-07 motel3

このペラペラの紙質がなんともいえない。
中にはこんなふうに州ごとにMOTEL6の所在地が記されている。ここはロサンゼルス空港最寄りのMOTEL6。値段は高いけど日本に帰る前日に泊まるのにちょうどよく、何度も泊まった。

2015-07-07 motel5

Rosemeadというエリアのモーテルには鉛筆で丸がつけてあった。あんまり記憶にないけどここに泊まったんだろうか。

2015-07-07 motel7

モーテルまでの行き方にも下線引いてる。こんなことしてたのか、大学生の自分。
でも今見るとずいぶんざっくりした地図だなこれ。

2015-07-07 motel8

インディアナポリスの欄は蛍光ペンで囲ってある。

2015-07-07 motel12

近い場所なのに2ヶ所に目印をつけているのは、先に行ったモーテルが満室だった場合、スムーズに次のモーテルに向かうための第2候補ってことだ。

2015-07-07 motel13

イリノイ州スプリングフィールドのMOTEL6。たしかリンカーンの墓を見に行ったときに泊まったはずで、モーテル近くのピザ屋がめちゃくちゃうまかった記憶がある。

2015-07-07 motel14

たしか39ドルだったはず。

2015-07-07 motel17

近隣の地図が一緒についているページも。
ちなみにディレクトリの最後には一応全米地図がついてます。あんまり見たことないけど。

2015-07-07 motel18

今じゃカウチサーフィンとかAirbnbも一般的ですが、たった10年前。こんなものを頼りに学生が1人で『次のモーテルが見つからなかったらどうしよう』とかガクブルしながらアメリカをドライブしていた時代もあったんだぞと。
それだけはお伝えしたいと思いこんなエントリになりました。それではきょうはこのへんで。

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

実家の自分の部屋で発見。大学生のころアメリカのアンティークショップやらフリマやらをレンタカーでまわってたときに買ったかもらったかしたんだと思う。古い手帳。CITIZENS NATIONAL BANKって書いてあるから銀行がだした手帳。

2015-07-06 100年前の手帳1

中を開くと日付が書いてあったんだけど、その日付を見たら驚くよ。

2015-07-06 100年前の手帳8

2015-07-06 100年前の手帳9

1921ッ!

なんと今から約100年も前の日付(作られたのは1920年後半?)。1921年といえば日本は大正10年。Wikiで調べると1921年はアインシュタインがノーベル賞を受賞したとかとんでもなく古い感じがする。1917年がロシア革命だし。
中身もよくよく見てみるとインクのにじみ具合なんかに時代を感じずにはいられない。なんかスタンプで押したような感じ。

時代なのかアメリカだからなのかわからないけど、ほかのページも興味深いものが結構あったのでのせていきます。まず表紙を開いたところ。うっすら水色の紙に印刷されている。

2015-07-06 100年前の手帳2

City Officers。この街の偉い人が紹介されてるんだと思う。ということはこれってかなりローカルな手帳なんだろうな。

次ページはCountyだからCityよりちょっと大きな規模の偉い人の紹介。

2015-07-06 100年前の手帳3

PERSONAL欄は何も書いてない。売れ残ったのか配られなかったのか、当時から誰にも使われないまま現在に至るということでしょう。紙はここからクリーム色に変わる。本当に雰囲気のあるインクが使われている。

アドレス帳も空白。当然ながら今のように電話番号欄とかメールアドレスとかを書くガイドがない。

2015-07-06 100年前の手帳12

どんどんページをめくっていく。

2015-07-06 100年前の手帳4

HOW TO PREVENT FIRE=火事を防ぐ方法ってことですかね?
oil lampsとかが普通に使われてたのね。

2015-07-06 100年前の手帳5

25000人以上の人が暮らすCity一覧。25000人っていうのが当時の大きな街のひとつの基準っていうことなのかな?ボルチモア、ボストン、クリーブランド、デトロイトとか日本でも知られてる街がやはり当時から人口が多い。ダントツはシカゴ。桁が違う。

2015-07-06 100年前の手帳6

自動車のタイヤ交換歴メモ。車社会アメリカを象徴するところなんでしょうね。

2015-07-06 100年前の手帳7

よくわかんないけど畜産家向けのカレンダーページ。このくらいで出荷できますよってことなんだろうか。

さらに不思議なページ。

2015-07-06 100年前の手帳10

フルーツの実がなる期間をのせたカレンダー。
こんなの今じゃGoogleが教えてくれるけど当時はここから情報を得ていたってことなのか?

最後にフリーのメモページ。なぜかここだけ鉛筆で書き込みがされている。

2015-07-06 100年前の手帳11

Bookとか書いてあるのはなんとなくわかるんだけど、筆記体だと英語がわかりにくい。without?ask aboutとか書いてあるのかな?でもこんな古いものにメモしちゃうのはいくらアメリカ人でももったいないとか思いそうだし・・・いったい何が書いてあるんだろ。

とはいえこれだけ古いものが手元に残っているのは感慨深い。この手のアイテムに詳しい人がいたらぜひ詳細を教えてもらいたいところ。では。

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

↑このページのトップヘ