blog@sutougen

これからはフィルムカメラのことをメインに書こうと思っているブログ。32歳会社員、Nikon FMを愛用中。ミニマルライフ・デニム・ほぼ日手帳なんかも好きです。

カテゴリ:文房具 > ほぼ日手帳

今年のほぼ日手帳には無印良品のデニム文庫本カバーを付けています。ほぼ日手帳の純正カバーに比べてミニマルな作りな点が気に入っています。

さて。

そんなデニムカバーも、使い始めて4ヶ月が経過しました。デニム生地っていうのは、4ヶ月も毎日持ち歩いていればスレやらなにやらでそれなりの個性が出てくるもの。

生地の変化を記録するために現在の姿を写真に撮ってみました。

IMG_1465

「…」

うむ、あんまり変化を感じません。でも、購入時の写真(2016年9月)を振り返ってみると…

IMG_20160902_151602

微妙に全体が青くなってきているようにも見えますね。(ちなみにこのときのカメラは今では懐かしいNexus5。今はiPhone7なので単純比較はできないかも)

とはいえデニムラバーであればもっと大きな変化を期待したいところ。デニムの色落ちは表面に出来た凸凹がスレたり、伸びや縮みによるヨレが味になりますからね。

というわけで、デニム文庫本カバーに洗いをかけてみることにしました。洗い方は洗面所にお湯を張っての手洗い。洗剤も弱めのエマールを使いました。洗濯機に入れちゃっても全然いいと思います。

で、記念すべきファーストウォッシュ後の姿がこちら。

IMG_1470

乾燥段階で表面がヨレ、生地に凸凹ができました。実物を見ると生地自体に色落ちはほとんど見られませんが、表面の凸凹によって光の当たり方が不均一になり、写真では立体感が強調されています。

洗濯前はこんなふうにぴしっとしていたのでかなり縮んでますね。

IMG_1468

いざ、手帳に装着です。

IMG_1474

IMG_1475

表面の凸凹感がいいですね。だいぶこなれて見えます。サイズ自体も小さくなっていて、手帳につけるとキツキツでした。デニムなので使っているうちにまた伸びてくるのでしょうが。

本音をいえばもっと派手な変化を期待したいところですが、このもどかしい時間もデニムを育てる楽しみだったりします。

ほぼ日純正カバーはキレイな色のものが多く、個人的には気を使うことが多くありました。その点デニムは良い意味で雑に扱えますし、汚れすら味ととらえることが可能です。

これからも末長く愛用していきたいと思います。


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

2017年になりました。ついに新年の手帳を使い始めるときが来ました。

2016年はほぼ日手帳weeksを使っていましたが、今年は文庫本サイズのオリジナルを選びました。

IMG_20160902_151808

今年はほぼ日純正手帳カバーではなく、無印良品のデニム文庫本カバーを手帳につけているのですが、不便なところがひとつだけありまして。

それが、ブックマーク(しおり)がないという問題。

通常、文庫本カバーにはしおりが付いている製品もあるのですが、無印はシンプルゆえにカバーのみという作り。『1日1ページ』のほぼ日手帳カバーとして使うには工夫必須なんです。

2017-01-03_bookmark03

まず月間スケジュールページについては、ハサミで角を切る方法を実践中。愛読しているブログ、良品生活さんで知りましたがこれは本当に便利。

ただ、個人的にこれは月間スケジュールなどの更新頻度の低いページにこそ向いているテクだと思っています。1日1ページ使うメインページを毎日ハサミでチョキチョキするのはちょっとしんどい。

ということで、メインページの方にはブックマークを付けてみることにしました。選んだのは東急ハンズでたまたま見つけたHIGHTIDEのもの。カバーと本の間にバーを差し込むタイプです。


2017-01-03_bookmark01

付けるとこんな感じになりました。うむ、なかなか良い。

同シリーズはほかにもデザイン違い、色違い(シルバーかゴールド)でいくつか種類があったのですが、ゴールドの方がデニムに合いそうだったのでイカリマークにしてみました。

2017-01-03_bookmark02

この組み合わせはあんまり他人と被らなそうで気に入っています。

ということで、2017年も当ブログをよろしくお願い致します。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる  

そろそろ2017年の手帳が店頭に並ぶ時期ですね。

2016年はほぼ日手帳weeksという、コンパクトで少し細長い手帳を使っていたぼくですが、2017年は再びオリジナルの文庫本サイズを使ってみようかと思っています。

そう決めた理由は大きく2つありまして。

1つが単純にweeksとオリジナルのサイズの違いによる使い心地の差。

そしてもう1つが『使ってみたいカバーがあった』ことです。

IMG_20160902_151200

IMG_20160902_151146

無印良品 デニムブックカバー 文庫本サイズ 600円


無印良品で見つけたデニム生地の文庫本カバー。文庫本サイズであるほぼ日手帳のオリジナルにぴったりのカバーです。

今年までは付属というか、もともとラインナップされているカバーしか使ってこなかったほぼ日手帳ですが、実はちょっとした不満がありました。

それは汚れが目立つこと。

色鮮やかで魅力的なカバーの多いほぼ日手帳でしたが、どうしても使い続けると手帳のカドに黒ずみが目立ってきてしまう。洗濯しても完ぺきには取れず。それだけがほぼ日オリジナルカバーの唯一の不満点でした。

image

こんな感じで。

『じゃあ来年は地味なカラーを選ぶしかないかなー』なんて思っていた矢先、文庫本カバーであればほぼ日手帳に流用出来ることを思いつき、無印良品にあったこのデニムブックカバーを買ったというワケです。

デニムであれば汚れが気にならないし、汚れたら気兼ねなく丸洗いできる。さらに使い続けていったときの色落ちも楽しみで、いいことづくめだと思ったんですよね。

IMG_20160902_151218

ちなみにこのブックカバーには裏地が付いていて、装着が楽なところもポイントです。

IMG_20160902_151700

IMG_20160902_151739

表紙と背表紙を引っ掛けるだけでオーケーです。

IMG_20160902_151602

IMG_20160902_151808

うん、オシャレ。

手帳用ではないので、手帳カバーのようなペン挿しはついていませんが、個人的にはなくても問題なし。むしろ見た目がスッキリして好感が持てました。

とりあえず今年はこの文庫本カバーに合わないサイズの手帳を使っているので、昔の手帳やら文庫本を入れては電車で読んでいます。早く来年にならないかなー。

今後はこのデニムブックカバーの変化の様子もレポートしていければと思います。

ちなみにAmazonには岡山産デニムを使ったMade in Japanのカバーもありますね。無印のものより若干高いですが、色落ちはこっちの方が期待できそうです。ご興味ある方はぜひ。


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

2015-09-25 ほぼ日手帳weeks

ほぼ日手帳が好きで、学生のときから愛用してきました。

そんなほぼ日手帳の中でも、今年は小さく持ち運びに便利なweeksというタイプを初めて使っています。

使い始めはその軽快さからとても重宝したweeksですが、1年の半分が経過した今、その使用感はどうなのか?改めて自分なりにまとめてみます。


スペースが狭いからこそ得られる"書いてる感"に満足


2016-07-08 weeks4

オリジナルと違いって筆記スペースの小さいweeks。そのおかげが、手帳をペラペラめくって前のページを見るときは『お?結構書いてるじゃん』と思えます。

実際は1日に3行分くらいしか文字を書けないから、書いている量は本当にわずか。

それでもスペースが埋まっていることによって満足感を得ることが出来るんですね。その結果、もっと手帳を使う気になれるし、なんとなく気分がのってくる。

ぼくにとってこれは軽さ以上のメリットでした。


フリーページは半分も使わず


2016-07-08 weeks3

70ページあるweeksのフリーページ。ここは週間見開きで足りなきゃ使ってねってところです。

このフリーページ、半年でどれだけ使ったのかというと…

2016-07-08 weeks2

2016年7月8日時点で使ったのは22ページまで。半分はおろか、3分の1も使わずという結果でした。
 
ぼくの使い方だと週間見開きでじゅうぶんなことが多かったので、あまりフリーページに書くことがなかったのが正直なところです。

とはいえ、少しだけ「早々にフリーページなくなったらどうしよう?」って思いもあり、気を使っていたのも事実。だからこそ下半期は思いきって使っていく予定です。


明るめカラーの手帳は汚れが目立ってくる


2016-07-08 weeks1

唯一不満なのがこのカバーの汚れ。こればっかりは自分が明るいカラーを選んだのでしょうがないですね。

ほぼ日手帳ではカバーを保護するためのビニールカバーが売られてはいますが、カバーにカバーをかけるっていうのは個人的には微妙だと思っていて。

だからそのまま使っていたのですが、ぼくが選んだ黄色いどせいさんデザインだとどうしても角の方、黒い汚れが目立ってしまいますね。

自分は気にならなくてもまわりから「あの手帳、汚な!」って思われることもあるでしょうし、来年のカバー選びは考えものです。

汚れだけ考えれば黒かネイビーの単色がいいんでしょうけど、ほぼ日手帳ならではのポップさも捨てがたく…

うーん。ここは迷いどころです。


ペンホルダーのない不便さには慣れる

2015-11-06 ほぼ日weeks7

オリジナルにあってweeksにないもののひとつがペンホルダー。

これがないので手帳にペンを一緒にまとめておくことができません。手帳につけるペンクリップの購入も検討していたんですけど、どうやら書くときにクリップが邪魔になるという意見もあり、ここまで半年は導入を見送っていました。

じゃあどうやってペンを持ち運んだかですが、シャツの日は基本胸ポケット。Tシャツで出かけたときはズボンの前ポケットにペンを入れていました。

正直、邪魔っちゃ邪魔ですが、もう慣れました。

2016年後半もこのままクリップなしで使っていこうと思っています。


だいたいこんなところでしょうか。
 
全体的な感想としてはじゅうぶん満足できています。

本当にごくごくたまにスペースのなさがストレスになることもありますが、そこは軽快感とのトレードオフ。いつでも持ち歩けて、さっと出して気軽に書けることがweeksの良さ。

これでいいんだと思います。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

今年から使い始めたほぼ日手帳weeks。持ち運びに便利でありながら必要じゅうぶんな筆記スペースが確保されていて気に入っています。

そんなweeksの中で唯一、使い方が定まっていなかった年間インデックスページは体重を記録していこうと決めました。

2016-02-24 weeks

幅が狭いweeksの年間インデックス


そもそも年間インデックスの使い方に悩んでいた原因が、weeksならではの筆記欄の狭さ。指一本分くらいの横幅しかありません。

2015-11-06 ほぼ日weeks1

ほぼ日手帳オリジナル時代は一行日記とか買ったものリストを付けていましたが、さすがにここには書けません。

書けるとしたら数字や略した英語、簡単な記号くらいのもの。それでいて年間で記録する価値があり、その変化が重要なことがらということになります。

そんななかで体重とはありきたりな落としドコロになってしまったのですが、体重について今年は計画的に変化させていきたいと思ったので記録してみることにしました。


日々記録することで意識を高める


具体的に言うと、今年は体重を増やしたいと思っています。女性やダイエッターから反感をかうかもしれませんが、ぼくは体重が増えないことが悩みなんです。

自分では食べているつもりでも、増えない。

まぁそれで平均体型ならいいのですが、結構な痩せ型。なので夏のTシャツ1枚で過ごす時期なんかは自分の線の細さが気になってしまいます。この悩みを解決するために、今年はダイエットならぬデブエットを敢行しようというわけです。

そこで活躍するのが手帳。

こういう『日々積み上げて行くことが大事』系の活動と手帳はとても相性が良くて、日々の成果を記録することがモチベーションになり、活動を継続しやすくなります。体重の場合、増えるのが目に見える数字でわかれば単純にうれしいし、逆に変化がなければ取り組み方が間違っているから改善の余地あり。

こんなふうに考えながら記録しています。

個人的には家計簿も効果は似たようなものだと思っていて、家計簿を付けただけでは給与も支出も変わらないし、時間のムダ。でも家計簿をつけることで意識が自然とお金の使い方に向かい、その結果少しずつ家計の収支が改善されていく。こんなサイクル。

ぼくも無意識だったお金の使い方を日々記録して管理することで貯金が出来ました。

関連:実家暮らし貯金経験ゼロの30男が初めて年100万貯金できた方法一覧 : blog@sutougen

最後に


というわけで数値目標は夏までにプラス7〜8キロ。月に1キロちょい増やしていき、自信の持てる体を目指します。

みなさんも何か目標があれば、まずは手帳に記録して変化を観察するといいですよ。

それでは。


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

↑このページのトップヘ