blog@sutougen

フィルムカメラについて書くブログ。Nikon FM / OLYMPUS TRIP 35を使っています

カテゴリ: Macbookやスマホまわりのこと

先日のAmazon Prime DayでKindle Fire HD 8を購入したことをきっかけに、それまで使っていたKindle Paperwhiteを引退させることにしました。

IMG_2345

うちのPaperwhiteは2012年に出た第5世代。それを2013年の初めに手に入れたので、かれこれ4年半使っていたことになりますね。ずいぶんお世話になったなぁ。

(ちなみに最初に買った書籍を調べてみたら、LINE田端さんのMEDIA MAKERSだった)

34

さて。

新しく我が家にやってきたKindle Fire HDはビデオ鑑賞やwebブラウジングがサクサクできる優等生。さらには、これまでPaperwhiteが担ってきた電子書籍リーダーとしても使えるときた。

IMG_2408

となれば、読書だけしかできないPaperwhiteはどうしでも出番が少なくならざらるをえない。『荷物が多くてどちらか一台しか持っていけない』っていうときは、基本Kindle Fire HDを選ぶでしょうしね。

ということでPaperwhiteは、今までの感謝とともに手放すことにしました。

実はこういう流行り物のガジェットは、無理に長く使うよりも積極的に買い換えていった方がよっぽど効率的です。

理由は、コンテンツのクオリティが上がるほどにガジェットの性能はついていかなくなるから。

それを動きの悪いまま『お金がもったいないから』と使い続けるのは結構なストレスになりまし、時間もムダにします。そればら思い切って新しいものにしちゃった方が快適です。

さらに今は、スマホだけで完結できるフリマアプリがいくつもあります。

特にメルカリはユーザー数が多いので、どんなものを出品してもだいたい買い手が現れます。ぼくのPaperwhiteも、2012年のモデルにも関わらず3000円で売れました。

今回、Kindle Fire HDはPrime Dayセールで7980円で購入できたので、差額の4980円で新しいタブレットを購入できた計算。うーん、それにしても安いなぁ。

同カテゴリーのモノは複数所有せず、新しいものが出たら手放す



よっぽどのお金持ちかコレクター以外はこの方法が一番効率がいいんじゃないでしょうかね。

ぼくがよく読んでいるブロガーさん、URAMAYUさんしぶさんも同様のことを書かれています。ちなみにリンクしてたおふたりのエントリでは対象がiPhoneになってますね。

たしかにiPhoneは最新モデルならではの機能があるし、前の機種も早く売れば売るほど高く売れます。なんでやっぱりこの方法は強くおすすめ。

愛着を持って長くモノと、買い換えていく消耗品と。

これが自分にとって何になるかを考えながら消費していくと、生活満足度を向上させられそうです。

それではきょうはこのへんで。


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

6年使ってきたMacbook Pro(2011)がついに限界を迎えました。

IMG_1413

起動自体はするものの、 リンゴマークが消えたあとは画面が真っ白のまま。PRAMリセットやSMCリセットをしてもダメ。時間をおいて起動し直しても状態は変わらず、どうやらそろそろ寿命みたいです。

Apple storeに持ち込めばまた復活する可能性もあるでしょうが、それはやめておこうと思います。これ以上老兵にムチは打てません。ここでお役御免です。


思えば、映像制作をナリワイとする自分にとってこのMacは本当に生活に欠かせないものでした。家や会社で使うだけでなく、海外出張にもガシガシ持っていきました。

これはアメリカのホテルにて。

IMG_20160717_010020

こっちはフィリピンのホテルで編集中の図。

写真 2014-09-16 20 02 04

この頃はMacにシール貼ってました。

鳥取の空港ですなばコーヒー飲みながら編集したこともあった。

IMG_20161016_164305

数年前に起動しなくなったときは、まだ新しい表参道のApple storeで修理してもらった。

IMG_6470

同僚と飲んでいるときにカバンごと落下させて凹ませたこともあった。

IMG_1414

やっぱりドライブがあるのは便利だったよなーとか

IMG_1415

クラシックな電源ボタンも愛おしい。

IMG_1417

古いモデルで数年前から徐々にスピードに陰りがみえてきましたが、メモリを16GBに増設してからは再び調子を取り戻し先週までせっせと働いてくれたMacです。

本当に感謝しかありません。

6年間一緒に働いてくれてありがとう。お疲れさまでした。

 =================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

先月、スマホの料金プランをソフトバンクのギガモンスターにしました。

月間20GBまで使えるその便利さゆえか、パケット様を消費しまくる生活に入ってしまったことを報告します。

2017-01-29_giga

例えば通勤中に聞くラジオやPodcast。今までは家のWi-Fiでダウンロードを済ませておき、電車内ではオフラインで再生するのみでした。

それが今では躊躇なくモバイルデータ通信をするように。通勤時間はちょうどTBSラジオで伊集院光さんの番組をやっているのでRadikoにつなぎっぱなし。

ぼくは通勤中はラジオと読書をいったりきたりしているんですが、読書に集中するときはラジオが邪魔になるのでいったんアプリを落とす。今まではそうしていました。

しかし、今は読書をするときはRadikoの音量をゼロにしています。

アプリを落とす→立ち上げるという手間や一瞬のタイムラグを避けるためなんですが、通信容量自体は音を出してるときとなんら変わりありません。贅沢極まりないパケットの駄消費です。


同様に、雑誌読み放題サービスのdマガジンでももはや端末へのダウンロード機能は使っていません。端末にダウンロードしたとしても、アプリを開けばほかの雑誌が読みたくなることもあります。それならいちいちダウンロードせずに読みたいときにモバイルデータ通信をしてしまおうと。

あとは歩きながらYouTubeを『聴く』ことも増えました。

見るわけじゃないんですよ。聴くだけ。映像を選んだらスマホはポケットにしまって、音声だけを聴く。音楽とかお笑い系は音だけで全然イケるんです。


あぁ。ほんのちょっと前まではY!mobileの月間3GBプランでうまくやりくりしてたのに。速度を犠牲にして通信容量制限アプリを使ったこともあったのに。

さらに言えば自分が高校生のころ(15年前くらい)は『iモードしすぎて携帯代3万いって親に怒られた』みたいなのがあるあるだったのに。通信分野の進歩はものすごい。

そんな時代を過ごした身からすれば今のネット環境は本当に素晴らしいと思うのだけど、それでも今の女子中学生とかには彼女たちなりの不満があって、そういう声がまた技術を前進させてくれるんだろうなぁ。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

1年9ヶ月使ったY!mobileから、ソフトバンクのiPhoneにMNPしました。

つい先日、MVNOにしようかなっていうブログをあげたばっかりなのに…

こうなったのにはいろいろ理由があるんですが、ワイモバイル→ソフトバンクは乗り換え手数料が無料っていうのがかなり大きいです。

ぼく自身ワイモバイルユーザーでありながらこのサービスは全然知らなかった。これ本当にお得です。



MNP時にかかる手数料1万5000円が無料に


そもそもスマホをMNPで乗り換えるときにって、意外とお金がかかるんですよね。

ワイモバイルの場合はMNP転出の手数料に3000円。転入先のソフトバンクの新規事務手数料が3000円で合計6000円。基本これは契約の更新月でも変わらずかかってしまう。

さらに、2年の契約を満了できなかった場合には9500円の契約解除手数料が追加に。つまり、契約更新月以外でMNPするなら1万5500円の支出になってしまうんです。

それが、ワイモバイルからソフトバンクへのMNPに限り無料。冒頭にも書きましたが本当にお得です。

ソフトバンクとしては、docomoやauに流れるくらいならグループ内にユーザーをグループ内にとどめておきたいってことでしょう。一度ワイモバイルの安さを体感した人がどれだけキャリアに戻りたいかはわかりませんが、おかげさまで今回は恩恵を受けることができました。

なぜY!mobileから3大キャリアに戻ったか


ぼくがそもそもワイモバイルを使い始めたのは、高かった通信費を削りたかったからです。

関連:今さらながらau→ワイモバ版nexus5にMNPしてきました

その結果、狙い通り通信費はかなり安くなりました。Nexus 5も使いやすくてすごく満足していました。

この契約から1年9ヶ月がたった今、ワイモバイル以上に安いMVNOが続々と登場。さらなる通信費圧縮を目指すぼくは、2年の契約が満了したらどうしようかなと考えるようになりました。

そんな折、自分の転職が決まりました。

関連:8年過ごしたテレビ業界から離脱するのでその理由などを

で。

なんと転職先の会社は通信費の補助が出ると。これは非常に助かります。

しかし、通信費補助の対象が難ありでした。

そうです、忌まわしき『3大キャリアのみ補助の対象とする』です。

もう3大キャリアに戻らないつもりで、10年以上使ったauとお別れしたのに…LINEモバイルも使ってみたかったのに…

という流れでぼくの計画は無残にも崩れさったのです。

そして、ギガモンスターへ…


かくして、ぼくはソフトバンクのiPhone 7を契約しました。
  • ソフトバンクへのMNPは手数料無料なこと
  • さらに、ワイモバイルに合わせて家にSoftBank光を導入していた
この2点から、久々の3大キャリアはソフトバンクとしました。契約したプランは話題のギガモンスターの20GB。

補助を考えれば今とほとんど料金が変わらないし、転職先ではスマホでの大容量通信が避けられそうなのでギガモンスターにしてみました。

MNPしたばかりですが、通信費を気にする必要がまったくないのはいいですね。今まではWi-Fi下でしかやっていなかったアプリのダウンロードも、平気で4Gでやっています。

いやーそれにしてもスマホを取り巻く環境の変化は目まぐるしいですね。


2015年の春にNexus5を購入してからY!mobileユーザーの私。

関連:au→ワイモバイルにMNPして初月の料金と使用状況 : blog@sutougen

毎月3GBまで使え、10分以内の通話は無料というプランで料金は3980円。それまで使っていたauから大幅に通信費を節約しながら、使い心地はほとんど変わらず不満ナシ。今振り返ってみても良い選択を出来たと思っています。

さて。

そのY!mobileの2年契約が次の春で満了し、更新月を迎えます。このままY!mobileを契約を更新すべきなのか、それとも他のサービスに移るべきなのか考えてみたいと思います。

2016-11-27 Ymobile-2

1.このままY!mobileを使い続けるパターン



Y!mobileを使い続けるメリットといえばなんといっても通話が無料なこと(1回あたり10分以内、月に300回までという制限あり)

仕事でスマホを使う以上どうしても通話をゼロにすることはできず、通話無料には結構助けられています。

またY!mobileはこれまでは、2年契約満了後は基本料金が1000円高くなってしまっていました。それが先日から改善され、3年目以降でも2年目までと同じ料金で使えるようになっています。

関連:スマホプランをご契約のお客さまは3年目以降も同じ料金でご利用いただけるようになりました。|Y!mobile(ワイモバイル)

このあたりはY!mobileを使い続ける理由になりますね。

さらに個人的には家のネット回線をSoftBank光にしたことで基本料金500円引き、妻のスマホをY!mobileにしたことで(妻のスマホ料金から)500円引きと、合計1000円の値引きを受けています。

おかげで我が家は【自分のスマホ+妻スマホ+家のネット回線】の合計でも1万円ちょっとで使えています。

なのでもしもY!mobileから移行する場合は今以上に安くなるか、もしくはそれくらいの価値を感じられるプランでないとメリットがないということになりますね。

一方で、Y!mobileを続けていくデメリットも少しですがあります。

まず1つは自分がすでにSIMフリー端末を所持していること。そのため、MVNOに移行した場合は端末料金がかからず、新規の事務手数料と毎月の通信費だけの支払いで済む。仮に今のY!mobileと同じ通信容量3GBで電話つきのプランにした場合、MVNOであれば基本料金1500円くらいで使えてしまうことになります。

このくらいであれば合計1000円の値引きがなくなってもMVNOにした方がじゅうぶん安いです。

そしてデメリットの2つめは、Y!mobileが2年契約である点。

端末にしても料金プランにしても、日々新しいものが続々追加される業界です。乗り換えた方がお得だったり価値が高かったりということもあるでしょう。そんな中で2年使う前提の契約はちょっとフットワークが悪いなぁと感じています。

例えば今ではMVNOであれば通信容量が細かく分かれているのが当たり前ですが、Y!mobileのプランは1GB、3GB、7GBだけ。自分がこれからウェブ動画業界に転職することもあり、現在の3GBよりも通信容量の多いプランへの変更も検討しているのですが、MAX7GBでいいのかどうか。MVNOなら10GBや、それ以上のプランが登場してますよね。

実際に使ってみないことにはわかりませんが、今の自分にどのプランが最適なのか。2年よりも短いスパンで試せればいいなと思ってます。

2.MVNOに移行するパターン



そんな理由から、MVNOへの移行も検討しています。正直、会社ごとの料金はそこまで差がついてないように思えるので、選ぶならLINEモバイルかなぁ。SNSの通信容量がカウントされないですし、サービス改善のペースも早そうなので。

ではLINEモバイルにしたとして。

検討中の7GB、通話つきプランの場合の料金は2880円。Y!mobileの場合は5980円で、我が家の環境による値引き分1000円を差し引くと実質4980円となります。

その差は2100円。

2100円分通話しない限り、LINEモバイルの方が安くなりました。

うーん…2000円というと、だいたい通話50分くらいの計算ですよね。さすがにそんなに電話するかなぁという感じです。楽天でんわを使えばさらにその倍になるわけですし。

また多くのMVNOでは契約が1年単位という点もメリットですね。


というわけで現状だとMVNOへの移行に気持ちが傾いています。いま使っているNexus5がダメになっても安くて良い端末は増えているので、端末代はそこまで大きな負担にもならないでしょうし。

※ちなみに今選ぶならhonor 8 、Zenfone 3、iPhone SEあたりですかね

と、こんな感じのプランを描いていますがどうでしょうか?

スマホ界隈に詳しい方のご意見、ぜひお待ちしております。それでは。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる  

↑このページのトップヘ