フィルムカメラで撮るブログ

フィルムカメラ好きの日記です

カテゴリ: フィルムカメラ日記

FH000003
Nikon FM / Ai Nikkor 50mm F1.8S / Fujicolor X-TRA400

いったい彼女は何をしているんだろう。何か手に付いたのかな。お皿はあるけど乗っている物が写ってないからどんな瞬間かよくわからない。

かろうじてわかるのは、これが2017年に撮った写真だということ。月の表示が消えているけど日付は何月かの30日だ。

ソファのクッションが1つないのは、きっと洗濯しているから。次女がジュースをこぼしたときがあった気がする。あれ以来、我が家では飲み物を持ってソファに座ることは禁止されている。

奥の壁には子供用の日本地図。たしかそのとなりには50音の表が貼ってあった。長女が覚えたから剥がしたんだけど、これから次女に必要なる。奥さんはあの表をどこにやったのだろう。

まったくもって特別じゃないこの写真。だけどわかることは思いのほか多い。やっぱりFMにデータバックを付けたのは正解だった。



こんなブログを書きたくなったのは、安達祐実オフィシャルギャラリーの影響。今月号のアサヒカメラで紹介されていました。

IMG_5734




安達祐実さんの夫でフォトグラファーの桑島智輝さんが撮るその写真は、自分がフィルムカメラを始めたときに良いと感じた雰囲気そのものでした。

写真を撮ってブログを書くたびに、少しずつ他人受けを気にすることが増えた気がします。もちろんそれは大事なことではあるし、だからこそスキルアップに繋がるとも言えるでしょう。

でも少なくともぼくは『写真表現の高みを目指す』みたいな人間ではないわけで。むしろ家族や友達との日常をフィルムで残せればもう十分、くらいに思ってます。

だけどなんだろう。

フィルムカメラってやればやるほど『フィルムはアジがあっていいんですよね』って気軽に言いにくくなりませんか?

『アジがあるからフィルム』だなんて素人の言うことで、大事なのは構図だ露出だと、自分で自分を縛っちゃう。好きで撮ってるのか使命感なのかわからなくなるあの感じです。

今回アサヒカメラで桑島さんの写真を見て見事にこの状態から解放されました。プロってすごいや。先述の安達祐実オフィシャルギャラリーもめっちゃいいんでぜひ見てみてください。

よーし。この夏は初心を思い出してもっともっと写真を楽しむぞ。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

2018年も半分が過ぎようとしています。

ここ数日は梅雨らしく雨がでなかなか写真を撮ることが出来ず、写真フォルダを眺める日が増えています。

そのときにふと『2018年のベストショットを選んでみよう』と思い立ちました。

せっかく写真をたくさん撮っているわけですし、この機会に自分はどんな写真が好きかを振り返っておくことはそれなりに大事な気がする。それに『ベストショット』って企画なら写真1枚でブログ記事になってしまうし。

そんなわけできょうは、2018年の上半期に撮った中で一番好きな写真をのせてみる。


2018年 上半期のベストショットはコレ



FH000016-2
OLYMPUS TRIP35 / D.Zuiko 40mm F2.8 / FUJICOLOR C200


これは4月に家族で近所を散歩をしたときの1枚。4月はバタバタしていてあまり家族で出かけられなかったんですよね。この日はみんなの休みがピタッと合って『きょうを逃したら今年はお花見せずに終わっちゃう!』と、慌てて近くの川に繰り出しました。

ベストショットがピンボケかよ!はおっしゃる通りで、完全にこっちのスキルの問題です。

でも、この写真はそれを差し引いても楽しそう。この時期、この年にしか撮れない写真ってことでベストフォトにしてみました。

(とはいえ、ピンが合ってたらもっと良かったのに...とは思っています)



ブログを書くために調べてみたらこの半年で30本以上のフィルムを使っていました。枚数にすると1000枚近くになるでしょうか。こうして数字にすると結構ですよね。

その中には気合いを入れて撮ったものもあれば、そうでないものもありました。

でも、どの写真にしても『そこでシャッターを切った理由や想い』みたいなものは必ずある。写真を見直していると、それが程よく思い出されてずいぶん気持ちよくなってしまいました。

我ながら良い趣味に浸っているんじゃないかな。



▼この写真と同じカメラ(オリンパス TRIP35)で撮った写真はこちらの記事にも。ピントがあえばもっとしっかり写ります!!





=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

コダックのULRTAMAXというフィルムが好きです。

0M4A0129-2

ISO感度が400で守備範囲が広く、高くなったとはいえ価格はまだまだ常用の範囲内(アメリカのB&Hで1本500円前後)。そしてなによりこのパッケージ。アメリカらしさを感じる派手さが良いんですよね。部屋にあると気分が上がる。

個人的な話ですが、初めて使ったフィルムとしての思い入れがあったりもします。

最近はこのコダック ULTRAMAXとカールツァイスのプラナー 50mm f2が映し出す色合いが気分です。高めの彩度に澄んだブルーが気持ちいい。

0M4A0062
Leica M3 / Carl Zeiss Planar T* 2/50 ZM / kodak ULTRAMAX 400

なんでもない路地がこんなにもキレイに。

0M4A0064
Leica M3 / Carl Zeiss Planar T* 2/50 ZM / kodak ULTRAMAX 400

0M4A0065
Leica M3 / Carl Zeiss Planar T* 2/50 ZM / kodak ULTRAMAX 400

どことなく夏を感じる描写。このフィルムで田舎を撮り歩いたらすごくいい感じになりそう。

0M4A0066
Leica M3 / Carl Zeiss Planar T* 2/50 ZM / kodak ULTRAMAX 400

新宿・伊勢丹前の交差点。コンクリートの粒子感がしっかりとフィルムらしい。ちょっとあざとい空の色もいいですね。やっぱりこのフィルムは夏や晴れといったシチュエーションと相性が良さそう。

この方のブログにある作例もかなりULTRAMAXっぽい。シネマライクと表現するのか。なるほどなー。



そういえばこのあいだ新宿御苑に行ったときも同じ組み合わせでした。ツァイスのプラナーとULTRAMAX。



0M4A0042

『コダックは白人の肌がキレイに映る』なんて話を聞いたことがあるけど、これを見ると本当にそんな感じだ。

0M4A0048

0M4A0038-2

すごくいい。

よし。この夏は積極的にULTRAMAXで撮ろう。



▼ULTRAMAXの作例はこちらのエントリにも。よかったら見ていってください。





=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

表題の通りです。フィルムカメラを始めて以来、金銭感覚がおかしくなってきている。

例えば先日、横浜の中古カメラ店がツイートで紹介していたコレ。



20万円のハッセルブラッド。買うかどうか本気で悩みました。10万オーバーのカメラ(EOS 5D mark III、ライカM3)を2台も持っているのに...です。

昼間にこのツイートを見てから仕事はほとんど手につかず。ずっとこのカメラのことばっかり考えていました。

人気機種ゆえ早めに売れてくれたのは救いでした。でも...



同カメラ店が先ほどのハッセルと近いタイミングで紹介していたゼンザブロニカS2は24,800円。ハッセルを見たからか、これが異様に安く感じる。

横浜が家から近ければ99%買っていたと思う。とりあえずで。っていうか今でもまだお店に在庫があり、ぼくが横浜界隈に寄る用事があればたぶん買ってしまう。

しかし。目線をカメラから他のモノに移すと、この24,800円は結構高いなとも思う。

0M4A0132

0M4A0135

先週買ったスニーカー。ニューバランスのM1400。スニーカーの中では最高級の部類に入るM1400だけど、これが先ほどのブロニカS2とほぼ同じ値段。

このスニーカーがもう廃盤になる(!)ということで1足買い足したのですが、これを買うのにはめちゃめちゃ悩んだ。

『これを我慢すればあのブロニカS2が買える...』

そんな言葉が頭のなかをぐるぐるぐる。このスニーカーが高いのか安いのか判断できない。

さらに『もうちょっと出せばエルマー M 90mm』『いや、ハッセルとプラナーのセットなら10万ちょいだったはず...』

こんな感じで何を買うにもまずカメラやレンズの値段が脳裏をよぎるように。これはなかなか重症です。カメラを好きになるとみんなこうなのだろうか?

まぁこうして悩むおかげでカメラ以外への出費が落ち込む側面もあるだろうから、もしかしたらバランスが取れているのかもしれない。メンタルは消耗するけど。

とにかく。

何十万もするカメラをホイホイ買うのはどう考えても普通じゃない。ちょっとセーブして、もっと写真自体にフォーカスするべきなんじゃないだろうか?

そう自分に言い聞かせる今日この頃です。



▼『カメラ買ったよ!』な記事はこのあたり。買ったときは『俺は一生これでいく』って気持ちになってるんだけどなー。







=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

フィルムのデジタルデータ化をするのにニコンのES-2というアイテムを使っています。



ES-2はスキャナーよりも手早く、かつ高精細な画像を得られることが何よりのメリットです。

しかし、ちょっとだけ悩ましい部分も。

それがニコンのカメラでの使用を前提としている点。ES-2対応レンズとして公式にアナウンスされているのは当然ですがニコンのマクロレンズだけなんです。

ぼくはキヤノンのデジタル一眼レフ(EOS 5D mark III)を使っているので、これには困りました。ES-2でのデジタイズに必要なマクロレンズも持っていないので何か買い足さなきゃいけない。でも、正直マクロでの撮影にそこまで興味がなかったのでレンズはなるべく安いものを探したい。

今日はそんな人のためのブログ。ぼくがES-2で使っている全機材を紹介します。

0M4A9930


SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG


0M4A0120-2


一番大事なレンズを最初に載せます。ズバリ、キヤノンユーザーがES-2でデジタイズする用途で一番コスパがいいのはコレ。SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DGです。

すでに生産が終了しているので中古カメラ店やヤフオク、メルカリで探すことになりますが相場は10,000〜15,000円くらい。ぼくは運良くAF不動の美品を見つけてもうちょい安く手に入れました。

マクロでの撮影に興味のない人ならこれ一択です。


MARUMI ステップダウンリング 55mm → 52mm


0M4A0113のコピー

次に必要なのはマルミのステップダウンリング。ES-2とマクロレンズを接続するために使います。

このステップダウンリング、とにかくめちゃめちゃ種類があります。実際に売り場で探すと確実に目と腰がやられます。

というわけで必要なサイズを書いておきます。使うのは55mm → 52mmのものです。

0M4A0114-2

(55mmの方が破れちゃってますが...)

0M4A0116-2

ちゃんと55mmから52mmです。これは400円前後で購入可能。Amazonではあわせ買い対象ですが368円ですね。安い。


はい、以上。キヤノンの一眼レフを持っている方ならこれだけあればES-2でデジタイズが可能です。カメラに装着するとこんな感じになります。

IMG_5561

このセッティングをしたうえで、レンズの方からライトで照らせばOK。ちなみにライトは様々なやり方があるみたい。ざっと調べたところによると...

  • ビデオ用のLEDライトを使う
  • ライトテーブルを使う
  • iPhoneのライトボックスアプリを使う
  • iPhoneの懐中電灯で照らす
  • PCの輝度をマックスにして白い画面を映す

あたりの方法があります。ぼくはPC画面とスマホのライトボックスアプリを試しました。ここはやりやすい方法を個人個人探るのがいいんだと思います。

先日ブログに買いた新宿御苑の写真もすべてこの組み合わせでデジタイズしたもの。これでじゅうぶん精密な画像が得られていて、今のところ機材追加の必要性も感じていません。

ES-2を買うのにニコン機がなく悩んでいる方。この組み合わせでぜひお試しを。



『キヤノン機以外の対応レンズも知りたい!』という方はぜひこちらのブログを。デジタイズのワークフローも非常に詳しく紹介されているので、これからやろうという方は必見です。

参考:デジタルデュープのススメ ⑤使えるレンズはどれなんだ?

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

↑このページのトップヘ