blog@sutougen

これからはフィルムカメラのことをメインに書こうと思っているブログ。32歳会社員、Nikon FMを愛用中。ミニマルライフ・デニム・ほぼ日手帳なんかも好きです。

カテゴリ: 飲食

子供2人で共働きの我が家では、食事の用意は父親であるぼくが担当しています。

朝食を用意したらささっと一緒に食べ、それから洗い物をしながら夕食の用意。奥さんと子供を送り出したら夕食を冷蔵庫にしまい会社に向かう。だいたいこんなリズムです。

これをまわりに話すと『えー!偉すぎ』と驚かれることも多いんですが、実はそんなこともなくて。

保育園の準備と送迎など、子供まわりのことは奥さんが全部やることになっているからです。

この分担は『どちらかというと料理が得意なぼくと料理が苦手な奥さん』『子供の世話が苦手なぼくと、子供大好きな奥さん』っていうお互いの性格から生まれています。

苦手なことをがんばるのではなく、好きなこと、得意なことをがんばった方がお互いラクではないかと。

で。

この分担も奥さんの育休が終わった4月から数えはや4ヶ月。どういう結果になったかって話なのですが、これがめちゃめちゃ快適です!

ぼくは料理作っている間なら子供の世話免除のスター状態でストレス減ったし、逆に奥さんは苦手な料理から解放されてだいぶ育児がラクになった様子。現状いいいことづくめできています。

ちなみにぼくの料理も日々『子供がどれくらい好んで食べたか?』を指標にPDCA(笑)をまわしまくっていて、そのレベルはどんどん上がってきていると感じています。

子供が大好きで簡単、さらに保存も効く鶏肉そぼろはヘビーローテーションです。

IMG_2202

白いご飯より炊き込みご飯などの混ぜご飯が好まれて…

IMG_2340

朝は定番だったベーコンエッグとトースト。最近はトーストよりも栄養が取れるように家サブウェイスタイルを目指してたり。

IMG_2413

休日はローストビーフのタワー盛りとかを作って食事の満足度の高める。

IMG_2406

とか考えながらやっているので…

料理おいしくなる→家族に感謝される→さらに料理がんばる→さらに料理おいしくなるっていう好循環の真っ只中にいます。

この分担、結構珍しいスタイルだと思うのですがお互いがよければそれでOK。家事育児に悩むみなさま、まわりの声や常識に流されず夫婦ならではのやり方を見つけていきましょー。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

青山で働くぼくがランチで最もリピートしているのが、おばんざい鉢屋

ランチライムには毎日行列が出来ている人気店なので味の良さは当然。それ以上にぼくが気に入っているのが、ミニマル思考が伝わってくるお店作りです。

IMG_2198



おばんざい鉢屋 南青山店



実はチェーン店のおばんざい鉢屋。といっても名古屋と青山に2店舗あるだけの小さなチェーン店です。

ここがほかと変わっているのが、ランチタイムのメニューがひとつしかないこと。こんなふうに。

IMG_2194


この日はトロサバのホイル焼きと中華風春雨サラダでした。

メニューが1つなので、まずオペレーションが超速です。

席についたら、メニューを見る時間も注文をとる時間もなし。もちろん悩む時間もゼロです。おしぼりをもらいお茶をのみ、料金を前払いして待ちます。

この前払いも超速オペレーションに地味に一役かっていて。

前払いだとお客さんが支払っている間にお店が調理を進めることができます。調理もワンメニューなら手間が少ない。よって料理がくるまでの時間は他のお店に比べてかなり短めに感じられます。

IMG_2197

そしてやってくるランチ。いつも野菜・小鉢が多めで品目稼げるのがありがたい。

そしてここでワンメニューのもう1つのメリット。それが料理をリーズナブルに提供できるところです。食材にムダが出ませんからね。

青山(最寄りは外苑前駅)にありながら850円でごはん・みそ汁がおかわり自由。それでいてこのボリューム。これは相当安いです。

写真じゃサイズ感がわからないかもしれませんが、男のぼくが一度もおかわりしたことがないほどです。ちなみにほかの日の写真がこれ。こちらもかなりのボリュームです。

IMG_2138

これだけ食べればかなりの満足度です。

あと、一緒にランチにいった女性陣から評判いいのが男女別でメニュー構成やごはんの量が変えられていること。ワンメニュー、ミニマルオペレーションの鉢屋ですが、こういった心遣いも人気の理由のようです。

唯一気になるといえば、相席アリなところですかね。ぼくはそんなに気にならないのですが、プライベートな空間を求める人や、大事な話をするには向かないかもしれません。


IMG_2139

ぼくの実感では毎日13時〜13時半くらいにランチが完売するイメージ。青山にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

だって、めちゃくちゃ安くてどこでも手に入るときてるじゃないですか。

それでいて栄養があるんだから、もっと注目されていいポテンシャルだと思います。

もやしに含まれる栄養素については、もやしを生産している富士食品工業のウェブページによりますと…
もやしはビタミンB群やC 、カリウム、カルシウムなどの栄養素を豊富に、そして、非常にバランスよく含んでいます。また、現代生活では不足しがちな食物繊維も多く、その一方で「低カロリー」という特徴も。摂取カロリーのコントロールにも役立つので、外食が多いなど生活習慣が気になる方には、ぜひ食生活に取り入れて欲しい食品です。
だそうで。

『もやしっ子』なる言葉のせいであんまり栄養がないイメージがあるもやし。でも実は全然そんなことなかったんですね。

恥ずかしながらこの事実を、先日仕事でお会いしたフードコーディネーターの女性から初めて聞いたんです。『よく家で料理をするんですけど、なんかオススメの食材や料理ってありますか?』と質問して。

プロがオススメしているとか、プロがよく食べている料理ってやっぱり気になるじゃないですか。

そしたらその方、『もやしは子供も好きな味で栄養もあって超オススメ。特に子育て中の家計にも優しいのでいいことづくめよ』とのこと。

なるほどなぁ。もやしに栄養があるなんて全然知らなかった。というわけです。

なので我が家の食卓には、3日に1回くらいのペースでもやしの簡単ナムル風が出てきます。



熱湯でさっと茹でたもやしに、ごま油としょうゆをさっと。これだけで本当においしいです。

1歳と4歳の子供たちもいつもパクパク食べてます。

あとテーブルに上がる品数が少ないと、ちょっと手を抜いたようにも見えるので、いつでももやしを出せるぞっていう安心感もありがたいですね。

ちなみにもやしは水の状態から茹でるとシャキッとした歯ごたえが残ります。ぜひお試しを。

手の込んだ料理もいいけど、共働きのデイリー料理で大事なのはまず楽なこと。

そこにおいしいとか、栄養価が高いっていう楽+αがありがたいと改めて思うきょうこのごろです。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ!  follow us in feedly
LINEで読者になる 

最近自分の人生に新たに取り入れた習慣と言えば、メルカリを使い始めたことと発酵食品を意識的に摂るようにしたことです。

メルカリを始めたのは、年初にありがちな断捨離熱の高まりがきっかけだったのですが、今では大いにハマっておりまして。

家の不用品の処分だけでは飽き足らず、売り上げ金を使っての買い物にまで手をつけています。 買うのはほとんど本。今年の目標である100冊読書にとってすごく良いインフラになっています。

2017-01-22

長らく愛用してきたNexus 5
もこれを機に手放したりしています。


さて。一方の発酵食品について。


きっかけは発酵デザイナーの小倉ヒラクさんのブログを見たからなんですが、彼の発酵食品に関する話を読むと『今まで発酵食品ナメてたわ…!』となること間違いなしなんですよね。
毎朝食べ続けると、土気色だった顔色がピカピカになり、カサカサだった肌もツルツルになり、日中ずっとつきまとう胃腸の違和感や膨満感も緩和され、全体的に「生きてるって最高!」的なご機嫌モードで生きていくことがデキる。
ほう。

たしかに最近は腸内環境が免疫や体調に多いに影響を与えるってよく聞きます。

『じゃあどんな発酵食品を摂ればいいの?』ってとこなんですが、これがまた簡単身近で素晴らしい。

お味噌汁・納豆かけご飯・キムチ。この三点セットが最強なのだよ。

だそうで。

こんなんで体質改善されるならぜひ発酵食品を積極的に取り入れてみたい。善は急げと、早速この中で唯一家になかったキムチを買い足した。

夜のスーパーマーケット。カゴにも入れずキムチだけを持ってきた男性をレジのおばちゃんはさぞ怪しんだことだろうな…

2017-01-22_02

で、肝心の効果なんですが、これがとっても良い感じです。

まだ始めて間もないのであまり大きいことは言えないのですが、疲労感が相当緩和されているのが実感できるんです。

朝起きたときもスッキリしているし、夕方の仕事中も今までよりもしゃっきっと過ごせています。そのおかげで気分も良くなるという好のループ。これはマジですごい。

今は意識して朝食と夕食に納豆・キムチ・みそ汁を食べていますが、薬よりも副作用的なことが気にならないのもグッドです。こういうのはむしろ長く続けてこそ効果が出ると思うので、これからも食べていこうと思います。

キムチについては同じく小倉ヒラクさんのこっちのエントリもオススメ。発酵食品について気になった方はぜひご一読を。

それでは。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

東京で共働きをする夫婦+子供2人の我が家。子供は4歳と1歳と、まさに手のかかるさかり。

この時期に悩ましいのが、平日の食事の用意。

共働きの方には共感いただけると思うのですが、小さな子どもがいると食事の用意が全っ然進まない。眠いだ痛いだで下の子はわんわん泣くし、4歳の長女もじっとしていることがありません。

そんな平日の夕方、ひとり食事の用意を試みる奥さん。夫の帰宅もあてにならない。かくして、奥さんのストレスは爆発した。

ぼくの携帯に届くLINEは、はじめのうちは『いつ帰ってくるの?』だったのが、日に日に『きょうも遅い?』となり、ついには『私はいつご飯作ったらいいの!』までになった。正直こちらとしても『奥さんの機嫌が悪いので帰ります』などとは言えるわけがなく、歯がゆい思いで奥さんからのLINEを見ていた。

この状況が続けば、いつか夫婦生活は破綻してしまう…

この危機を救ったのがシャープの自動調理器『ヘルシオ ホットクック』でした。

2017-01-08_hotcook1


料理への意識がガラリと変わる



ヘルシオホットクック自体は2015年の冬に発売された商品で、機能レビューなんかはさんざんネット上に上がっているので省きますが、ざっくり言うと『食材と調味料を鍋に入れてスイッチを入れるだけで料理が完成する』というものです。

このホットクックの導入以前、以後では食事を用意することへのハードルがぐっと下がった。例えばぼくが朝に食材だけ切っておき、夕方に奥さんが調味料を入れてスイッチ押すっていうことが出来るようになりました。

どんな料理でもそうだけど、食材を切るのと調味料を用意すること自体は大した手間じゃない。大変なのはリアルタイムで火にかけながら、タイミングと順番を考えて調味料を入れたり、焦げないように火加減を調整することの方。

ホットクックはその手間をいっさい省いている。だから便利。食材と調味料の用意だけであれば、調理手順の多い料理にも挑戦できる。(ホットクックにはレシピ集がついています)

ホットクック導入以降、我が家では『スペアリブの煮込み』や『いわしの骨まで柔らか煮』『ボルシチ』『さば味噌』など、これまで奥さんが作ることのなかった料理が出て来るようになり、料理のバリエーションが格段に増えました。

2017-01-08_hotcook2
こんな感じで食材を鍋に入れる。ちなみにこれは肉じゃが。
肉がめちゃくちゃいいのは精肉店で働く弟がお正月に肉を送ってくれたから。

子供の相手をしながらも料理が完成する



また、ホットクックは自動調理なので、子供の相手をしながらでも料理が完成するのが最高です。

圧力鍋だと調理時間を短くすることは出来ますが、ゼロにすることは出来ません。たとえ短い間でも火を使うから目を離せないし、調理中キッチンに子供が来てしまうこともあるので注意が必要でした。

ホットクックは炊飯器のようなイメージで調理できるので、キッチンから完全に離れることが可能です。

レシピ本とフライパンをいったり来たりしながら子供の相手をするのは相当にストレスが溜まるので、奥さん的にはこれが本当にうれしいそうです。

2017-01-08_hotcook3
ヘルシオ ホットクックで作った無水カレー

食卓に並ぶ品数も増やせる



平日の時間節約はわかった。じゃあ休日はどうなの?ってとこなんですが、もちろん休日でも多いに役立ちます

というのも、ホットクックは電気調理なのでほかの調理器具(フライパンなど)とバッティングしないんです。

たいてい家庭に1つしかないフライパン。このフライパンを使った料理を1度の食事で2品出そうと思うと、1度使ったフライパンを洗わなければなりません。これが結構な手間で、ついめんどくさくて品数を減らしてしまうことがありました。

でも今は『ホットクックで八宝菜を作りつつ、フライパンできんぴらを作る』ということが出来るわけです。

これは子どもがいたり、栄養バランスが気になる家庭ではありがたいと思います。人がたくさん集まるときなんかにもいいでしょうね。

最後に



かくして、食事の用意にまつわる我が家の問題は解決されました。ありがとうホットクック。と、褒め過ぎてもアレなのでいくつかデメリットもあげておきます。
  • 価格が高い。特に2.4Lは6万円前後する…
  • 毎回分解洗浄が必要
  • でかくて場所をとる
といったところでしょうか。

とはいえ価格については、時間はお金に変えられらない価値がありますし、場所も工夫すればたいていの家庭で設置可能。洗うのはたしかに面倒なんですが、うちの場合洗いものは夜なら朝なり夫婦2人揃ったタイミングでやるのでそこまで苦ではありません。調理の手間がなくなる方が圧倒的に価値が高い気がしています。

外食の多い1人暮らしや子供のいない夫婦に必要性は感じませんが、共働きで中学生くらいまでの子供のいる家庭は相当助かるはずです。

ホットクックについてはももねいろというブログがめちゃくちゃ参考になるのでこちらもぜひ。

参考:シャープ「ヘルシオ ホットクック」で無水&自動調理レシピを作ってみた。ほったらかしでカレーや煮物が簡単に完成! | ももねいろ

参考:シャープ「ヘルシオホットクック」が大容量化!無水&自動調理でラクラク時短レシピがいっぱい作れちゃう | ももねいろ



=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

↑このページのトップヘ