blog@sutougen

東京に住む32歳会社員。ミニマルライフ・一眼レフ・デニム・ほぼ日手帳・インデックス投資についてよく書くブログです

カテゴリ:旅行 > 台湾

台湾で開かれている野球の世界大会・プレミア12のテレビ中継を見ていると、やたらとこの漢字が目につきます。

フェンスにデカデカと書かれた謎の『黒松沙士』という文字がー



実はこの黒松沙士、台湾では相当な知名度なんですよ。ちなみに現地での読みはヘイソンサーシー。


・台湾ではどこでも見つかる炭酸飲料

黒松沙士とは台湾ローカルの炭酸飲料です。ぼくも春に台湾に行ったときに飲みました。コンビニとかに普通に売っていて、パッケージはこんな感じ。

2015-11-14 黒松沙士1

コンビニで買ったドリンクの写真を撮るなんて普段はしませんが、このときは特別でした。一緒にいた台湾人が「台湾初めてならこれ飲んでみなよ!」としつこく勧めてくるじゃありませんか。

ははーん。
さてはこの黒松沙士、なかなかユニークな味わいで、台湾人はよく観光客に飲ませてリアクションを楽しんでるんだな。

ピンときたぼくは飲む前に写真を撮り、一応、台湾人が喜びそうなリアクションを取る準備をしました。イメージはこうです。一口飲んだ瞬間、勢い良く黒松沙士を吐き出して「うわっ!何だこれ!マズっ!」


・さぁ、黒松沙士のお味は?

そしていよいよ黒松沙士を口に含むわけですが、その味は思ったより変なものではありませんでした。変じゃないというか、むしろ結構飲める。

なぜならぼくはこの味に覚えがある。
そうだ。沖縄のルートビアによく似てるのだ。

独特でちょっと薬くさいというか、湿布のような香り。そういやルートビアも飲むサロンパスとか言われてるし。

2015-11-14 黒松沙士3

なもんで、勧めてくれた台湾人もちょっと困ってました。「あれ?ユー飲めちゃうの?」と。


・台湾に行ったらぜひお試しを

ハッキリ言って黒松沙士は好みがわかれる味です。でも日本でいつでも飲めるわけじゃないし、台湾旅行をしたら一度は試してみてもいいんじゃないでしょうか。ルートビアやドクターペッパー飲める人なら全然イケます。

ま、もし合わなくても「台湾ですげーマズイ飲み物があってさー」みたいな土産話にもなりますからね。こういうローカルな食文化は楽しんだもん勝ちです。

それではきょうはこのへんで。


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly

台湾ピータン1

きょう、上司から台湾みやげでピータンをいただいた。アヒルのをよく見るイメージだけどこれはうずらのピータン。いただきものはなるべく早く消費するべき。特に食べもの系はすぐに食えにというエントリに書いたけど、こういうモノはすぐに食べないと持て余すので早速さっき食べました。

台湾ピータン2

ピータンのこの姿を見るのはなかなか珍しい。台湾の人はこの状態のピータンをスーパーなどで買ってきているのだろうか。

台湾ピータン3

半分ほど袋をあけてみた。なんだか恐竜の卵みたい。

台湾ピータン6

つるりん。
殻を剥いたら醤油とごま油をまぜたタレにつけて針生姜と一緒に食べます。うまい。

台湾のグルメ天国っぷりを改めて思い知らされましたね。ごちそうさまでした。


=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

先日台湾に行ってきました。

関連:台湾はメシを食いに行くだけでも価値があるユートピア : blog@sutougen

うまいメシを食いビールを飲み、いい気分で夜道を歩いているとどこからともなく声をかけられた。

IMG_20150518_210708

『オニーサンオニーサン』

2015-05-28 台湾1

来ましたキャッチのおばさまたちが。こっちはほろ酔いだがここで弱みを見せてはいけない。毅然とした態度でお断りしようとしたとき、おばさまが渡してきたカードを見て思わず笑ってしまった。

2015-05-28 台湾2

なんなんだこの日本語は。
見出しが『綺麗マサヅーャソター』って。オカシイダロウ!

サービス内容も『ツイナ(チャイニーズマッサージ)』って。これ本当はチャイナか?
2のスペシャルマッサージも(れかい かれい)って。『わかい きれい』なのか?

『お客様のお部屋まで伺います』なんて完璧に書ける人がいるくらいなんだから、ほかの部分もその人に監修してもらったら良かったのに。なんだかなぁ。

で、これはまた別の人からもらったカード。

2015-05-28 台湾3
かわい いろいろ
おっぱいパブみせある
スナクみせある のみ放題
にほんごok 女の子おおい
なんだこの拙い日本語は。本当に『にほんごok』なのかが怪しくなるレベルだ。


・・・いや待てよ。これはもしかして・・・
これはあのドラゴンボールのミスター・ポポのしゃべりにそっくりではないか?

ミスター・ポポといえば、神様の付き人でドラゴンボールの名脇役のひとり。ドラゴンボールは知らなくても『見たことある!』という人も多いのではないだろうか?

ミスター・ポポの画像検索結果

そのミスター・ポポのしゃべり方がちょうどこんな感じだったはずだ。
そこで試しに文章の頭に『ミスター・ポポ知ってる』をつけてみた。
ミスター・ポポ知ってる かわい いろいろ
ミスター・ポポ知ってる おっぱいパブみせある
ミスター・ポポ知ってる スナクみせある のみ放題
ミスター・ポポ知ってる にほんごok 女の子おおい
おぉ。
これはまさしくミスター・ポポ。まさにミスター・ポポからの手紙だ。

そんなことを考えてつい笑ってしまった。キャッチのおばさんはこの日本人をさぞ怪しんだことでしょう。実家にあるドラゴンボールを読み直したくなったのは言うまでもない。

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly

羽田空港で1秒も並ばずに六厘舎のつけ麺を食べたのち、台湾に降り立ちました。台湾といえば親日だとか近いとか物価が安いとかいろいろ言われてますが、なんといってもメシが最高だった。正直本場の台湾料理を食べることだけを目当てに旅行してもいいレベル。

きょうは台湾フードのレベルの高さを少しでも伝えるべく、先日の台湾旅で食べたものの写真をのせていきます。
まずは、いかにもなおじさんたちが中華鍋をふるう大衆食堂。

2015-05-19 taiwan3

豚肉の炒めもの。ご飯との相性抜群。

2015-05-19 taiwan5

空芯菜。ニンニクの風味がやばすぎる。

2015-05-19 taiwan6

ハマグリのなんとか。プリップリ。

2015-05-19 taiwan8

カキ炒め。あんまり日本ではこういう食べ方しないけど、うまい。

2015-05-19 taiwan9

玉子とトマトの炒めもの。イタリアンな見た目とは裏腹にしっかり中華。これは食べたことない味。

2015-05-19 taiwan17

で、テーブルはこんな感じになる。これを何人かでつつく。みんな新しい料理が運ばれて来るたび『うまっ!』って顔を見合わせる。

2015-05-19 taiwan110

翌日。
5月とはいえ台北は日本の真夏のような暑さ。そこで食べたくなったのが・・・

IMG_20150518_164255

アイスモンスター的なかき氷屋。

IMG_20150518_163642
 
これでひとり500円くらい。ボリュームといい食感といい、かなり満足できる。

IMG_20150518_163712

そしてお待ちかねの夜。

IMG_20150518_210708

これまたぱっと見なんてことない大衆居酒屋へ。

IMG_20150518_190134

こちらも見た目からはあんまり期待していなかったのだが・・・

IMG_20150518_190502

うまっっっっっっ!
これ、切り干し大根を炒めたやつでした。切り干し大根といえば日本じゃ煮物メインだから新鮮だった。

IMG_20150518_190532

ちょっと食べちゃったけど、これも定番でうまし。

IMG_20150518_190715

ぷるぷるすぎる玉子。中にはエビが入ってた。外がプル、中がプリ。

IMG_20150518_190733

麻婆豆腐。これはイメージに反して全然辛くない。
うわー写真見てたらまた食いたくなってきた。

IMG_20150518_191011

ホルモンのカリカリ揚げ。これを奥に映ってる唐辛子入り醤油につけて食べる。これがあれば一晩中ビール飲み続けれられるぞ。

IMG_20150518_191119

いつのまにか店内は満席。これだけのものが台湾にいれば1日で楽しめる。やばすぎでしょう。
 
IMG_20150518_210511

ここから2日目。同行していた台湾人の勧めでまた大衆台湾料理へ。

IMG_20150519_132216

これはチャーシューと、そのまわりには高菜。『キングオブご飯に合う台湾料理』と名づけた。

IMG_20150519_125304

ホルモンをちょっと酸っぱい味付けで。細切り生姜と一緒に食べると美味。

IMG_20150519_125621

ベーコンと野菜の炒め。これもかなりパンチの効いた味わいでご飯に合う。

IMG_20150519_125924

店をあとしたぼくらはしばらく台北の街をふらふら。
のどが渇いたらこれまた台湾なタピオカミルクティー。

IMG_20150519_154320

やっぱ暑い国ではこのくらいの量が欲しくなる。

ちなみに2日目の夜も初日と同じ店でたらふく飲み食い。正直台北にいる限り、食事以外はさして日本と変わらない。だからこそ食のインパクトがでかいんだと思う。みなさんも台湾に行ったらハンバーガーなんて食わずぜひ地元のうまいメシをお試しあれ。

次回は『台湾を旅していたらミスター・ポポから手紙をもらった話』を書きます。

=================================
フォローお願いします! 
フィードもぜひ! follow us in feedly 

↑このページのトップヘ