ぼくの生活をとんでもなく便利にしたアイテム。それがティファールの電気ケトルです。

0M4A0777
 
とにかくお湯がすぐ沸くし、使い方もこれ以上ないシンプルさ。もう何年もこのケトルを使い続けてきました。
 
そんなマイティファールですが、最近中の汚れが目立ってきました。水しか沸かしてないからすごく汚いってわけではないでしょうがやっぱり気持ち良くはないですよね。ということで洗い方を調べて自分でやってみることにしました。

ティファール公式サイトの洗い方は?


こういうときに一番信頼できるのは商品を販売しているメーカーの公式サイト。ティファールのウェブサイトにはこう書いてあります。

【クエン酸洗浄の仕方】

水を満水まで入れ、その中にクエン酸(15g程度)を入れて、かきまぜます。
ふたを閉めて沸騰させ、その後、約1時間放置します。
お湯を捨て、水で充分にすすぎます。
ほうほう。クエン酸を入れてお湯を沸かすんですね。なんだとっても簡単じゃないか。

いざ洗浄開始


それでは早速やってみましょう。

といきたいところでですがここでひとつ注釈を。実はこの記事、2013年にぼくの過去ブログに投稿したもので、今回はそれに加筆修正して現ブログにのせています。

で、そのときのティファール公式サイトには『水とクエン酸(または食酢)を入れて沸かして、すすぎます』と書いてあったんです。なのでこの記事内ではクエン酸の代わりに家にあった酢を洗浄に使っています。まぁクエン酸も酢も同じような成分だし、わざわざ買わなくて済むという点では酢で効果あった方が楽ちんだろうということでその当時のまま掲載させてもらいますね。

2016-01-09 ティファール4

ということで、酢です。どこにでもあるミツカン穀物酢。これを汚れたティファールに入れて沸騰させるわけですね。

それでは洗浄するティファール内部を公開します。きれい好きな人は閲覧注意でお願いします。

2016-01-09_ティファール3

ぱか。水アカで白い部分が少し汚れているのがわかりますかね?

今までこれで使ってたのか…お湯を沸かすものだからその都度消毒のような効果はあったんだろうけどキレイにこしたことはありません。いざ洗浄です。

立ち込める酢の香り


ティファールに酢を注ぐとツーンと立ち込めるすっぱい香り。まさに酢です。内部を酢で満たし、沸騰させてしばらくおいたのちに酢を捨ててから水ですすぐ。洗浄といってもやるのはこれだけです。

ちなみに気になる結果はこんな感じになりました。

2016-01-09_ティファール6

おぉ!!結構白くなってる! 

しかも気にしてなかった底のステンレスの部分までピカピカが復活。これは効果ありすぎじゃないか。目で見てハッキリ実感できるレベルで変化しました。いやーやってよかった。

ちなみに酢で洗ったあとはにおいが結構残りました。しかも一度沸騰させるくらいでは完全ににおいが消えなかったので、何度か水を沸騰→すすぎを繰り返しました。もしかしたらこのにおいが苦手な人がいるためにティファールはクエン酸だけを押すようになったのかもしれません。気になる人はクエン酸でやった方が無難です。

簡単なのでぜひメンテを!


というわけで家にある酢で簡単にティファールのクリーニングができちゃいました。酢でもじゅうぶん効果がありましたが、においが苦手な人はクエン酸で。汚れがこびりつく前に定期的に洗うのが良さそうですね!

それでは。





=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる