blog@sutougen

フィルムカメラについて書くブログ。Nikon FM / OLYMPUS TRIP 35を使っています

タグ:一眼レフ

ちょっと前に実家の母と電話で話をしたとき、こんなことを聞いた。

『家を整理してたらお父さんの昔のカメラ出てきた。もう捨てようと思うけどアンタ、いる?』

フィルムカメラを買ったばかりの自分にはタイミングの良すぎる話だ。速攻で取り置きをお願いし、この3連休に実家に帰省(といっても東京 to 東京だけど)し、昔のカメラなるものをピックアップしてきました。

父が昔使っていたカメラ



というのは、こいつのことでした。

IMG_3628

CanonのAE-1プログラム。

この機種のことならちょっとだけ知っていた。というのも、ニコンのFMを買う前に初心者向けのフィルム一眼レフについて色々と調べていて、何度かこの名前を目にしていたんです。

でもそのときは『FM系より安いのは魅力的だけど、Canonの旧ロゴはあんまり好きになれないなぁ。それに電池がないと動かないのもちょっとイヤ』と思い、結局FMを購入したのでした。

そんなAE-1プログラムが実家にあったとは。それも、結構キレイだ。

IMG_3634

レンズはFD 50mm f1.8。

IMG_3630

IMG_3633

フィルム室なんかめちゃくちゃキレイで、使用した形跡がほとんどないと言っていいレベル。AE-1プログラムの持病だというシャッター鳴きこそあるものの、当時から入りっぱなしの電池もまだ生きていて(!)普通にシャッターが切れてしまった。


果たしてこのカメラ、父はどれだけ使ったんだろうか…

調べてみるとこのAE-1プログラムが発売されたのは1981年。父がいつこれを手に入れたのかはわからないけど、ぼくが生まれたのが1985年だから、母との結婚生活とか生まれてくる子供だとかに夢を膨らませて購入したんじゃないかなーと想像できたりはします。

でも、ぼくが物心ついてから父がこういうカメラを構えていた姿は記憶にないし、撮影した写真を部屋にったりもしていない。

っていうかそもそもカメラが趣味の人間ではないはずだ。(その証拠に、実家にはこれしかカメラがなかったし、一緒にストロボもしまってあったけどそっちは一度も使われた形跡がなかった。おそらくカメラ屋でセット購入したんじゃないかな)

だから自分が幼いころの写真はアルバムに残ってはいるけど、それがこのカメラで撮られたものかはわからない。

このあたり、直接父から話を聞けば済むのだけどそれもなんか気恥ずかしいし。『これ持ってくよ』と母にだけ伝え、帰ってきたというわけです。


みたいな感じで息子であるぼくに受け継がれた古いAE-1プログラム。カメラがなければ使っていたけど、とりあえず今はFMがあるからいったん我が家でストック予定。シャッター鳴きも出ているので時間があるときに勉強がてら自分でグリスアップしてみるのもいいなーなんて思っています。

AE-1プログラムに関してはまた動きがあったときにブログに書きますね。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる 

Canonの5Dを購入したことで一眼レフの話題が増えた当ブログです。

これから良い写真バシバシ撮るぜと思ったのも束の間、早速最初の壁にぶち当たりました。

それが『一眼の交換レンズ高すぎ問題』です。

フルサイズ一眼レフの価格はボディがウン十万、そこからさらにレンズが1本ウン万円の世界。しかもレンズは1本あればいいのではなく、撮りたい被写体に応じてチョイスする必要がある。

とにかく、カメラを趣味にするのはお金がかかるんです。

現状ぼくが持っているのはEOS kiss時代から使っている単焦点レンズ1本のみ。映り自体はなかなかよいですが、単焦点だけあってどうしても苦しいシチュエーションがあり、早めにズームレンズを1本買い足さないとなぁと思っていたところ。

とはいえレンズを揃えるのにお金を使いすぎて動けなくなるのも本末転倒。そんなフルサイズ初心者のお悩みにぴったりのレンズを、カメラに詳しい方から教えていただきました。

それがこのタムロンの28-75mm f2.8です。

IMG_1433
 
このタムロン28-75mmはいわゆる標準ズームと呼ばれるレンズ。様々な用途に幅広く使えます。

価格は1本3万5000円前後。『全然安くないじゃん!』と思う人も多そうですが、一眼レフの標準ズームで評判の良いもの…となると5万を超えるレンズが当たり前なんですね。だからこのタムロンは高コスパ。価格.comなら3万切るくらいで買えます。

値段が安いなりに設計が古く、解像感やオートフォーカスのスピードなんかは新しいレンズにはるかに劣ります。レンズ自体のデザインもなんだかちょっと野暮ったい。オートフォーカス時のモーター音も出てしまうので動画撮影にも使えません。

じゃあ何がいいのってことなんですが、このタムロン、とにかく人物撮影に強いんですね。ポートレートを撮ったときの独特のふんわり感が好きで愛用している人が未だにたくさんいます。

実際自分の使い方に当てはめてみたときに
  • ほとんど子供しか撮らない
  • 動画はほとんど撮らない(仕事で散々撮ってるので)
  • レトロな見た目にも抵抗がない
そしてなにより高いものは気を使って気軽に使えない可能性がある…

以上の点から、まずはこのタムロン28-75mmで練習を重ねた方がいい。そう思った次第です。

タムロン28-75mmを5Dにつけるとこんな感じです。

IMG_1436

ぼってりしていて個人的にはかわいいと思えるレベルです。ストラップとはあんまり合ってない気もします。金の帯のおっさんくささもカッコつけてなくて良い。

IMG_1437

早速1日使ってみましたが、やっぱり絞り開いて撮る人物描写は良かったです。写りが柔らかい。子供しか撮ってないので写真のせにくいのが反省です。風景とか花とか撮っておこう。

ちなみにこれが現在の装備2点。どっちもコスパ重視みたいなラインナップになってしまったのがやや恥ずかしいですが、とりあえずは…です。

IMG_1438

次に揃えるべきは運動会やらのイベントで使う望遠レンズですかね。望遠は価格帯がぐっと上がるので慎重にならざるを得ません。みなさんのオススメがあったらぜひぜひお教えください!!(あぁCanonの白レンズがさらっと変える大人になりたい)

ではでは、最後まで読んでいただいてありがとうございます!


=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ! follow us in feedly
LINEで読者になる  

きのうは23日から26日までパシフィコ横浜にて開催されている写真と映像の展示会『CP+2017』に行ってきました。

写真や映像に詳しくない人でも見ているだけで楽しめるGoodイベントでしたので、その様子を写真たっぷりでお伝えします。

それでは早速!

IMG_0785

まずはPanasonicブース。これはオートフォーカス機能のすごさを、動く鉄道模型を捉え続けることで表す展示。


 こちらはLUMIXの分解図。へぇーこんなふうになってるのね。


ギャラリーには美しすぎる写真が並ぶ。はぁ…(ため息)


当然モデルのお姉さんも美しい。コンパニオン狙いのカメラマンの多さにも驚く。

IMG_0787

個人的に気になるのはやはり動画コーナー。一応仕事なので。

で、動画はどこもかしこも4K。とにかく美しい。やっぱ4Kは細かい部分の映りがすごく良いですね。


一方のコンパクトサイズコーナーはオシャレ・インスタ映えを狙ったような展示スタイル。若い女子狙いに振り切ってるのかな。


お隣はAdobeブース。常に人がいる人気エリアになっていました。


Adobeブースでは超簡単なアンケートに答えるだけでロゴ入りの特製ポーチとAdobeシリーズロゴのシールがもらえるのでやっておくべき。太っ腹です。

写真 2017-02-24 8 56 59


ドローンやスマホ撮影用のアクセサリーも年々充実してきてますね。こいつはドローン用の照明。


こちらはスマホ用。スマホの画質も飛躍的に良くなっていて、今はプロでもiPhoneで納品用の動画撮っちゃうくらいだし。


ドローンのdjiブースはまるで格闘技イベントの様相。カッコイイ!



飛んだ!


1台欲しいなぁ。ドローン。


いつもお世話になってます!SanDiskブースに…

IMG_0811

こちらもいつもお世話になります!なTOSHIBAブース。最近は記録メディアしか見かけないけど大丈夫なんでしょうか?


続いてCASIOブース。

IMG_0833

CASIOも完全にSNS受け狙い。『いいねを集める写真』とか『シェアしたくなる』みたいなワードが踊る。


ブース内もかわいい感じでしたね。

IMG_0829

Canonブースでは写真家の公文健太郎さんとGOTO AKIさんの対談が面白かった。旅の写真についての2人のトークは、重々しい写真家のイメージとは違い、実に軽やかなものでした。


こんな感じで有名な写真家の話を聞けるのもCP+の魅力のひとつ。彼はアメリカから来日したカメラマン。なんと全米に32人しかいないNFLオフィシャルカメラマンの1人で、スポーツ・イラストレイテッドやESPNによく写真をのせてるんだとか。すごい!


そしてひときわお客さんを集めていたのが…


鉄道写真家の中井精也さん!この日は、最近ハマっているという自作のピンホールカメラ『おもひでかめら』について講演されていました。


『あ、ぼくなんかに著作権ありませんから、メモ代わりにどんどん写真撮ってもらっていいですからねー』と言う氏。人柄の良すぎでしょう。


RICOHはもちろんのTHETA推し!入り口では人間サイズのTHETAがお出迎えしてくれます。

IMG_0856

IMG_0857

ギャラリーには様々な360度写真。これ、本当に楽しくてずーっといじってられる。欲しい。

IMG_0859

ちなみに個人的欲しさナンバーワンはSyrp(シロップ)のジーニーというスライダー。




自動・同スピードで左右に動いてくれる代物で、以下のようなタイムラプス映像が撮れてしまう。



ほかにもFUJIFILMや…

IMG_0837

SONYといった一流メーカーが気合いの入った展示を披露。


と、ブラブラするだけでも楽しめるCP+。

一般入場の若い女子も相当いたので、週末の予定が決まってない人はデートで行ってみるのもいいのかもしれない。当日券1500円で1日過ごせますよ。

=================================
フォローはこちら 

フィードもぜひ!  follow us in feedly
LINEで読者になる 

↑このページのトップヘ